プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
告発状況

国籍法には、
罰則規定がなく犯罪として処罰対象にすることができない

公職選挙法は、
既に公訴時効が成立している



愛国女性のつどい花時計
蓮舫参議院議員告発のその後についての御報告


 平成28年10月28日、私どもは民進党の蓮舫代表を東京地方検察庁に告発しました。罪状は「国籍法14条違反」並びに「公職選挙法235条1項違反」によるものです。しかし国籍法」には罰則規定がなく、犯罪として処罰対象にすることができない、という回答を東京地検からもらいました。また「公職選挙法第235条1項違反」については、私どもは平成16年6月当時の選挙公報に蓮舫氏が記載した内容を問題視しましたが、既に公訴時効が成立している、という理由で不受理になりました。
 
 平成28年11月18日、私どもは告発状を検討、練り直して再度、蓮舫代表を「公職選挙法第235条第1項(虚偽事項の公表罪)違反」の罪により東京地方検察庁に告発しました。12月22日、東京地検から「不起訴処分とする」という「処分通知書」をもらいました。「処分通知書」に理由が記載されていなかったので理由を知りたい、という文書を出しました。すると12月28日、「不起訴処分理由告知書」が来ました。しかし「不起訴処分の理由ー罪とならずと書いてあるのみでした。
 
 蓮舫代表はいまだに中華民国籍離脱の証明書も出さず、戸籍謄本の開示も拒んでいます。公職にある身であまりにも不誠実な態度です。有権者も不信感を募らせています。私どもとしても納得がいきませんので、検察審査会に申し立てをするつもりです。以上、とりあえず御報告申し上げます。引き続き、この問題に関心を持っていただきたくお願い致します。

2017-01-10


蓮舫参議院議員の二重国籍問題を検察審査会に申し立てしました

 1月27日、私どもは蓮舫参議院議員の二重国籍問題を検察審査会に申し立てしました。申し立ては「東京第二検察審査会平成29年第4号審査事件」として受理されました。検察審査会では検事ではなく、選挙人名簿から選ばれた一般人による審査が行われます
 
 私どもは蓮舫議員に対して個人的に悪意を持っているわけではありません。しかし常識的に考えて、蓮舫議員が自らの二重国籍に気が付かなかったとはどうしても考えられません。戸籍を見れば自らの本籍(国籍)を確認することは容易だからです。パスポートを取得する際にも「日本国籍を選択しているかどうか」は記入する欄があります。蓮舫議員が故意に二重国籍を維持していたことは明らかであり、その理由を説明するのは公人として当然の義務です。立法府の議員、それも野党第一党の党首が「日本国民」としての要件を満たしていないとすれば大問題です。検察審査会では一般の方々の健全な常識でこの問題を考えていただきたいと期待しています
 
 とりあえず御報告いたします。引き続き、この問題に関心を持っていただけますようにお願い致します。

2017-02-02



法を犯していても罪にならないとは、

おかしなものだ・・・。
関連記事


凡人の独り言 | 【2017-07-19(Wed) 17:57:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉