プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
憲法九条
憲法九条は戦後レジュームの牙城アル!

既得権益の根城ニダ!

安倍死ねニダ!

日本死ねアル!

by 朝日となかまたち











【憲法施行70年】2017.5.3 17:31
安倍晋三首相が改憲に意欲「2020年を新憲法施行の年に」「『違憲疑いの自衛隊に命張って守れ』はあまりに無責任だ」

(1/2ページ)【憲法施行70年】
 安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、改憲派が都内で開いた集会にビデオメッセージを寄せ、憲法9条に自衛隊の存在を明記した条文を追加した上で、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020(平成32)年を「新しい憲法が施行される年にしたい」と明言した。首相が9条の具体的な改正と施行時期に言及したのは初めてで、改憲議論の加速に向けた強い意欲を重ねて表明した。
 首相は自民党総裁としてのメッセージだと断った上で、憲法9条に関し「『自衛隊は違憲かもしれないけれども、何かあれば命を張って守ってくれ』というのは、あまりにも無責任だ」と主張した。
 さらに「私たちの世代のうちに自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置付け、『自衛隊が違憲かもしれない』などの議論が生まれる余地をなくすべきだ」と強調。「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は国民的な議論に値するだろう」と語り、平和主義の理念を堅持した上で自衛隊の存在を明文化する考えを示した。

(2/2ページ)【憲法施行70年】
 また、日本維新の会が求める憲法による教育無償化についても「高等教育についてもすべての国民に真に開かれたものとしなければならない」と述べ、改憲に前向きな考えを示した。
 首相は「憲法改正の発議案を国民に提示するため、具体的な議論を始めなければならない」とし、平成32年までの改憲実現に向けた衆参両院の憲法審査会の議論促進を訴えた。
関連記事
凡人の独り言 | 【2017-07-18(Tue) 06:49:02】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉