プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
蛍の光

因みに、

忖度されて忘れ去られた、

いわゆる“知床旅情”の原曲、

“オホーツクの舟唄”。





1.オホーツクの海原
  ただ白く凍て果て
  命あるものは
  暗い雪ノ下
  春を待つ心 
  ペチカに燃やそ
  哀れ東(ひんがし)に
  オーロラかなし

2.最涯(さいはて)の番屋に 
  命の火チロチロ
  トドの鳴く夜は 
  いとし娘の瞼に
  誰に語らん 
  このさみしさ
  ランプの灯(ほ)影に 
  海鳴りばかり
オーシコイ オーシコイ
ヤレコレホイサ ノ オーシコイ

3.スズランの緑が 
  雪解けに光れば
  アイヌの唄声 
  谷間にこだます
  シレトクの春は 
  潮路に開けて
  舟人のかいな 
  海に輝く

4.オレーオレー オーシコイ
  沖の声 舟歌
  秋あじだいエリャンサ
  揚げる網ゃ大漁
  霞むクナシリ 
  我が故郷
  何日の日、詣でむ 
  御親(みおや)の墓に
  ねむれ静かに
関連記事


凡人の独り言 | 【2017-07-11(Tue) 05:40:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉