プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
左翼の陰謀②
左翼と官僚(と政治家?)の共同謀議

2007年12月27日 産経新聞(Net View)より

2007.12.27.sankei.04 屋山太郎氏が「教科書改善の会」の「代表世話人」だとは知らなかった。
 現代史家の秦郁彦氏は「玉虫色の結論」と評価されている。将に「官僚的な結論」とでも言おうか「事なかれ主義を貫いた」ということであろう。そして政治評論家の屋山太郎氏は「最終的な記述内容に特に異論はない。だが、新しい事実や証言が出てきたわけでもなく、訂正申請がなぜ行われたのか理解に苦しむ。訂正申請した教科書会社側も、受理した文科省・検定審側もお互いに“政治的行為”を行った。今後も同様の事態を認めれば、教科書記述はいくらでも変えられることになる。本来はあり得ない措置だ」と皮肉を込めた正論を述べられている。また、藤岡信勝氏は「最悪の結果」と語り「福田首相と渡海文科相の責任は重大だ」とさらに問題を掘り下げた視点から辛辣な意見を述べられておられる。
 それぞれに傾聴に値する貴重なご意見である。期せずしてこのお三方は私の大切なオピニオンリーダーの方々でもある。
 何れにしろ屋山氏の言葉をお借りすれば“政治的行為”ということになろうが“左翼と官僚の共同謀議”であることは確かなようだ。そこに若干政治家も参加しているのかもしれないけれども、たてまえは“政治は不参入(不参加)”であるはずであるので、ここではとやかく言うことは控えよう。
 それはそれとして、何か“沖縄”がおかしい。もしかしたら“左翼の巣窟”になってしまっているのであろうか。心配である。
関連記事


沖縄集団自決 | 【2007-12-30(Sun) 17:54:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉