プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
互恵関係?
“互恵関係”とは“冊封関係”のこと?

2007年12月29日 産経新聞(Net View)より

2007.12.29.sankei.04 「互恵関係」は結構なことではあるけれども「環境協力として日本側が今後3年間で1万人の中国研修者を受け入れる」とは一体どういうことか。まさか“日本国民の血税”「中国人の工作員」「1万人」「養う」ということでもあるまいし、そもそもこのような申し出は中国に対して失礼であろう。
 中華人民共和国は国連の常任理事国でもある。今は経済的にも“黒字大国”でもある。対して我が国、日本国は、800兆円にも上る“政治家と官僚の無能・無策と汚職”が創り上げた多大な借金を抱える“赤字大国”である。
 さらに中華人民共和国は既に“有人宇宙船”を打ち上げ、“月探査衛星”まで飛ばし、“自国ミサイルで衛星を破壊”して、多大な脅威と迷惑を世界の国々に与えている。また、中国海軍は今も世界中を外洋航海しており、核兵器も大量に保有して、世界に冠たる“軍事大国”に成り上がっている。民生(?)の技術力も“新幹線もどき”の時速300キロメートルの巡行列車を“自国技術”で完成させ、その技術力を世界に誇っている国である。そのような“中華人民共和国”に日本が“環境協力”とは片腹痛い。 
2007.12.29.sankei.05 もし、中華人民共和国が本気で環境問題に取り組むことを考えているのならば“自国技術・自国資金”だけで十分に対応は可能であろう。要はその“配分”を変えるだけでよいのだから。宇宙に人を飛ばし、月に探査衛星を打ち上げて、核を保有し、“新幹線もどき”を走らせて、それで“技術”が無い“金(かね)”が無いではいただけない。それでは“ヤクザ”と同じである。否、“ヤクザ”よりも性質が悪い。
 兎にも角にも「真の互恵関係」を構築しようとするならば、先ずは“歴史の捏造”に基づく「反日歴史教育」は止めていただきたい。

『…そのためには中国に江沢民政権時代からの反日歴史教育の見直しを求めたい。このほどの拡張改修工事を終えた「南京大虐殺記念館」には、旧日本軍の残虐性を強調する展示物がさらに増えたという。中国の真意に疑問符がつく。』

 将に同意見である。ただし“中国の真意”について私は“疑問符”は付けない。

“中共の真意”とは“冊封体制”の確立である。
関連記事


アジアの特定三国 | 【2007-12-29(Sat) 21:10:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉