プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
戯言
中華思想に基づく戯言

“msn産経ニュース”より

福田首相と胡主席 会談の主なやりとり
2007.12.29 11:09

…中国政府と私個人は一貫して中日関係を非常に重視しており、福田首相の訪中、自分の訪日のチャンスをつかみ、歴史をかがみとし、未来に向かうとの精神のもと、ともに努力して戦略的互恵関係を構築していきたい。…


 胡錦濤国家主席の言葉である。中国共産党の要人が『歴史をかがみとし』との文言を披瀝する時の真意は、

『学術的な歴史観などはどうでもよい。中国共産党の捏造史観を承認して奉れ』

ということである。これが“中共の真意”であり“シナ文明の本質”でもある。未だに前近代的な“中華思想”に囚われたままの国、それが“現在の中華人民共和国という中国共産党一党独裁政権の非民主主義・侵略・覇権国家の真の姿”である。
 少なくとも今の「中共」には“民意”により選ばれた為政者は一人もいない。このような当たり前の事実を理解できない政治家や官僚や知識人が日本には数多くいる。非常に嘆かわしいことである。
 中国に4000年の歴史などはありようわけがない。俗に言う“中国”とは現代において“中華人民共和国”のことであり、その歴史は僅か60年足らずである。“中国”にあるのは“王朝の興亡の歴史”であって現代で言うところの“国”の歴史ではない。即ち“未熟な国家”が今の“中国(中共)”なのである。そして、その“未熟さ”を醸成し助長してきたのが“中華思想”であり“中華民族が有するその傲慢さと凶暴さ”である。
 姿かたちは似ていても“中華民族”“日本民族”はその“思想・信条”、及び“行動様式”は大きく異なる。確かに相補関係はあるにしても、その“文化”は異なり“文明”は大きく違う。
 このような現実・事実を確りと認識することが必要である。違いを理解し認め合ってこそ“友好関係”は生まれる。無理して“同属”になろうとする必要はない。寧ろ弊害の方が多く生まれてしまう。このことは歴史を振り返れば自ずから理解できることであろう。
 今の中国(中共)には「学術的な歴史(観)」は存在しない。あるのは「政治的な歴史(観)」だけである。

“捏造された政治的歴史観”を払拭しよう!
関連記事


アジアの特定三国 | 【2007-12-29(Sat) 16:30:07】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉