プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
嘘で造られた国
中国人は嘘つきである

2007年12月22日 産経新聞(Net View)より

2007.12.22.sankei.05 このような当たり前のことが分かっていない。良い悪いは別にして「中国人は嘘つき」なのである。それが支那の文化であり文明でもある。したがって小中華主義を奉ずる「韓国・北朝鮮の朝鮮民族も基本は嘘つき」である。
 東アジアの中では日本人だけが“嘘”を嫌う。中華文明では嘘は“処世術”の一つとして“日常的な行動パターン”である。未だにこの事実を知ろうとしない、あるいは知らない日本人なり欧米諸国の人々がいる。
 何も嘘をつくことがいけないといっているのではない。それが文化であり文明であり、そして国民性である以上、駄目だといっても仕方が無い。文化・文明は尊重しなければいけない。それが世界平和の基本である。問題は“嘘”そのものにあるのではなく、「“嘘”を放置しておくこと」にこそある。“嘘”をつくことが悪いことだと神様やお釈迦様やイエス・キリスト様は教えてくれたとしても、スターリンや毛沢東やノム・ヒョンは教えてくれない。寧ろ大いに嘘をつけ、突き通せと奨励してさえいる。
 “嘘”を嫌う日本人としては承服いたしかねるところではあるが、世界平和のためには納得する以外に道は無い。世の中には“嘘で食っている人たち”がいることを理解してあげなければならない。ただし、“嘘”を放置していてはいけない。“嘘”は世の中を混乱に陥れる。
 “嘘をつく”ことが文化・文明である以上、そしてそれが国の政策・方針になってしまっている以上、他国が力ずくで変えさせることは今の世の中では限りなく不可能である。後は“嘘つき国家、文化・文明”の自立的な覚醒を待たなければならない。その覚醒を待つ為にも“嘘”は“嘘”でありつづけてもらわなければならない。“嘘”を放置しておくと“事実”なり“真実”に変貌してしまう。それが“嘘”の恐いところである。であるからして、“嘘つきの相手”からいくら誹謗中傷されようが“嘘は嘘”とはっきりと主張し続けなければならない。それが世界平和の為である。
 それさえも放棄して静観をするような人たちははっきり言って“卑怯者”であり“下衆野郎”である。まして、そのような下衆野郎が政治家なり官僚に君臨していたとするならばそのような国は滅びるしかあるまい。国を滅ぼさない為にはそのような“下衆野郎の政治家なり官僚、そして知識人、マスコミ人”に覚醒してもらわなければならない。先ずはこちらの“覚醒”の方が先決である。

「嘘つき!」

と声を挙げる勇気を持とう!
関連記事


南京大虐殺 | 【2007-12-22(Sat) 17:15:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉