プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
アポロ17号
あっ!と驚く、35年前

2007年12月22日 産経新聞(Net View)より

2007.12.22.sankei.02 考えることは皆同じである。
「アポロが残してきた旗や機体の一部が映っていないか」
 しかし、残念なことに「解像度が足りず、痕跡は見つけられない」らしい。はたして本当だろうか?少し疑ってみたくなる。それは兎も角中国の「月探査衛星“嫦娥(じょうが)1号”」はどうなてしまったのだろうか。あれ以来これと言った報道が無い。もともと“嫦娥1号”の打ち上げ自体が“中国共産党の第17回党大会”に合わせて行われていることからして“探査”よりも“国威発揚”の方が主目的だとは思うけれどもこのままでは余りにも見栄っ張りの“中共”が可愛そうだ。何なら親中派の加藤紘一氏や河野洋平氏が音頭を取って、国民にはないしょで“かぐや”の映像やデーターを少し分けてあげてはどうであろうか。あるいは“かぐや”そのものも得意の“ODA”で供与してあげたら。さぞかし“中共”は喜ぶことであろう。
 何れにしろ“アポロ17号”が35年前とは恐れ入る。月日の経つのは早い。私はライブで月面着陸を観ている。勿論、テレビでではあるが。あの時のことを考えれば35年後には少なくとも月には人が住むようになり、“修学旅行”さへも“月”か“宇宙ステーション”には行けるものと考えていた。
 人類初の“宇宙ステーション”はやっと完成に近づいているようであるが“修学旅行”には未だ先が長そうである。
関連記事


凡人の独り言 | 【2007-12-22(Sat) 15:21:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉