プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
真珠湾攻撃総隊長
 またまた読み始めてしまった。悪い癖である。結局、今読みかけの本は約十冊ほど。この中から数冊が積読本に…ならないようにブログに『只今「読書中」の本』のサイドカラムを設定した。これで現在“読みかけ”の本の確認ができる。今までは“この調子”で読み始める本が増えていき、終いにはどの本を読みかけているのかわからなくなり気が付けば積読本に。
 このようなことがないように心がけようと『只今「読書中」の本』のカラムを設定した。これならばブログを開けば“読みかけ本”がひと目で確認できる。意識して積読本にすることもできる。したがって、少なくとも知らず知らずの内に積読本に紛れ込む事だけは防ぐことができるはずだ。そうすれば間違って同じ本を買ってしまうこともなくなるかもしれない。

真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝
(2007/11/30)
淵田 美津雄中田 整一

商品詳細を見る

 そもそも、何故読みかけの本があるのに新たに読み始めてしまったのか。勿論、淵田美津雄氏に興味があったからこそこの本を手にして購入したのだけれど、何れ暇な時に読み始めようと“積読本”仲間にしておいた。それが、昨夜たまたま手にとり頁をペラペラと捲りながら眺めていると、真珠湾(港)の英雄である淵田氏が「ミズーリ号の降伏調印式に立ち会った」ことと「戦後、キリスト教に回心した」ということが気にかかり読みすすめてしまい「1934年にロンドンで行われた軍縮予備交渉の席上で 「日本海軍が航空母艦の全廃を主張していた」という文章を目にしてしまったからである。淵田氏によればその主張・提案とは「日本海軍の言うところは、軍備は他国を侵しにゆくものではなく、自国を守るだけのものだから、不脅威不侵略の原則に基づいて、攻撃用の兵器は全廃し、防御用の兵器だけにとどめようと前提して、航空母艦というものは攻撃用だからこれを全廃し、なんなら戦艦も廃止してよいとの提案であった。」ということである。
 淵田氏自信はこの海軍の提案に大反対だったらしくその怒りを綴っておられるが、何れにしろ“予備交渉は不調に終わり、翌年のロンドン本会議も決裂し、建艦競争へと突入して、大東亜戦争へと突き進んでいった”ということが、その後の歴史の流れであろう。だとすれば、当然のことながら、この“ロンドン軍縮会議の決裂”がその後の歴史に与えた影響を考えれば大きな意味を持ってくる。そしてこのことは今では“歴史の常識”として考えられていることではないであろうか。少なくとも“軍拡の歴史”が後の大東亜戦争の原因(遠因)の一つであると。
 だからこそそのような重要な軍縮会議の席上で、たとえ予備交渉とはいえ「日本海軍が航空母艦の全廃を主張していた」という事柄には驚いてしまう。もしかしたら周知の事実なのかもしれないが、私の記憶の中にはなかった事柄である。何故か1919年に開催されたパリ講和会議の国際連盟規約委員会で日本が提案し“否決”された「人種差別の撤廃条項」を思い出してしまった。
 はたして「航空母艦の全廃」にしろ「人種差別の撤廃」にしろ日本の提案は悉く“欧米列強の反対”に合い当時は否決されてしまったが、それらの「日本の提案」は間違っていたのであろうか。
 何れにしろ、真贋の程は正直分からないが、全くの“嘘”とは思えない。少なくとも“そのような考えが当時の海軍内部にはあった”ということだけは事実であろう。何か私には「日本(日本人)らしい」提案のように思えてしようがない。おそらく“敗戦利得者”の方々には信じたくない“事実”かもしれないが。何せ“戦前の日本は全て悪”としか考えられない“おめでたい人たち”であるから。
 兎に角これから読みすすめるのが楽しみである。何せ、実際に戦闘に参加されていた方であり、しかもミズーリ号の降伏調印式に立ち会った経験の持ち主であるので、終戦の日によちよち歩きの赤ん坊か洟垂れ小僧が成長して、戦後、あたかも自分こそが戦争体験者といわんばかりの口ぶりで語る戦争物語よりははるかに信用ができる。往々にして“日本悪玉史観”を語る人たちはそのような年代層が多いような気もする。政治家でいえば河野洋平氏(1937年生まれ)や加藤紘一氏(1939年生まれ)もこの世代であろう。そしてその仲間が“戦後民主主義の権化”である、いわゆる“団塊の世代”だ。
 この“団塊の世代”が日本の中枢からいなくならない限り日本は“まともな国”にはなれないと半ば諦めてはいるが、実際には“諦めきれていない”のが現実であり、その憂さ晴らしがこの“つぶやきブログ”でもある。
関連記事


大東亜戦争 | 【2007-12-18(Tue) 22:59:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉