プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
渡部昇一氏
2007.11.30.snkei.03 まさに「正論」。「異論」はあるまい。あっては困る。「意見」はあるにしても。
 渡部昇一氏は私の恩師である。とはいっても一面識もないが。渡部氏の著作により私は救われた。おんとし77歳。喜寿である。意気軒昂の日々をおくられているようだ。今後も末永いご活躍を期待する。

閑話休題

 「喜寿」という言葉を思い浮かべ、少し気にかかった。日本には古来から数々の“お祝い事”がある。「喜寿」の言葉も「長寿を祝うお祝い言葉・事(ごと)」の一つである。このぐらいのことは知っている。知っているつもりであった。
 その外にも思いつくままに並べてみると「還暦(かんれき/61歳)」「古希(こき/70歳)」「喜寿(きじゅ/77歳)」「米寿(べいじゅ/88歳)」「卒寿(そつじゅ/90歳)」「白寿(はくじゅ/99歳)」と思い浮かぶ。(※今調べたのだから間違いはないと思うが、間違って覚えていたものが二つあった。還暦が60歳で白寿は100歳と、何気なく頭の隅に記憶していた。)
 しかし、どうやらこの他にも色々とあるらしい。たとえば「緑寿(ろくじゅ/66歳)」。以下連記してみると「傘寿(さんじゅ/80歳)」「半寿(はんじゅ/81歳)」「盤寿(ばんじゅ/81歳/将棋界)」「茶寿(ちゃじゅ/108歳)」「川寿(せんじゅ/111歳)」「皇寿(こうじゅ/111歳)」等など色々とある。
 自らの“薄識”を恥じ入るばかりだ(薄識=博識の反語。造語である。読みは“はくしき” 類似後;薄氷)。いやはやびっくりたまげた。
 そもそもこのような「お祝い言葉・事(ごと)」は何であるのか。少し考えてみた。深く考える必要もないであろう。要は「やさしさ」である「おもいやり」である。敢えて“漢字”は使わずに“やまとことば(大和言葉)”にしてみた。何も漢字を知らないわけではない。たとえ憶えてなくともパソコンを使えば「優しさ」「思いやり」と、ほれこの通り“変換”することは出来る。「優しさ」を「易しさ」と間違って“変換・確定”してしまっては困りものだが、そのような間違いは“たまに(偶に)”しかしない。
 これも“日本文化・文明”の賜物であろう。是非、大切にしていきたい。
 
 ところで、問題が残る。今の日本は「長寿社会」と言われるようになってきた。100歳を“越える(※本来は“超える”であろうが“敢えて”)ご老人も5桁を“超える”。そのような中にあって、今調べたところによると「川寿(せんじゅ/111歳)」が最高位ではちと寂しい。
 生物学的な寿命の限界が120歳位だとしても、学問はあてにならない。ここは人間としての心意気を発揮して、せめて180歳ぐらいまでの“お祝い言葉”を“法令”で定めてみたらどうであろうか。“日本国憲法の条文”にでも組み込めたらさらに喜ばしいことだ。
 あくまでも参考までにというところだが、「120歳(色寿)」「130歳(即寿)」「140歳(是寿)」「150歳(空寿)」「160歳(桃寿)」「170歳(源寿)」「180歳(郷寿)」と。
 そう、「色即是空」の「桃源郷」である。別に深い意味はない。上手く字数があてはまっただけである。

 余談だが、嫌なものを見つけてしまった。お陰で一つ歳が増えてしまった。しかし、矢張り「数え年」が本来のあり方であろう。さすれば「親への恩」も一入(ひとしお)であろう。「満」では少し如何わしい。

■数え年とは
生れた時点を一歳と数え、その後正月を迎えるたびに一つ年を加える数え方です。 仏教ではお母さんのおなかの中での一年も「いのち」として数えますので、数え年を用いるのです。 生まれたときは0才ではなく1才で、次の正月が来るたびに年を加算します。 数え方は、満年齢に誕生日前なら2才、後なら1才を足します。


追記
 先ずは「還暦が60歳で白寿は100歳」でも間違いではないらしい。「数え歳」と「満年齢」の違いか?
 それから「あっ!」と驚いた。
 あった!111歳以上の長寿のお祝い言葉が。しかも「250歳」まで!
 さすが「中国文明!」。「白髪三千里」は伊達ではなかった。

ウィキペディア/誕生日
2007.11.30.tyoujyu
関連記事


凡人の独り言 | 【2007-11-30(Fri) 18:43:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉