プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
従軍慰安婦?性的奴隷??
 “博士”には申し訳ないが“つぶやく”つもりが“ほぼ全文コピー”になってしまった。
 恥ずかしながら、微力も微力、今の若者の言葉を借りれば「“超”微力」かもしれないが、ここは声を大にして“博士”を応援したい。“博士の論考”は決して“独断”では有り得ない、と。
 なぜならば、少なくとも“私”も同じような鬱憤なり疑問・懸念を腹一杯に抱えているからである。したがって今後はせめて「独断“的”かもしれないが…」とか「“独断ではない”と思うが…」等といってもらいたい。尚、《 》内は“あすなろおじさん”の追記。

関連投稿; “従軍慰安婦の正体”


“博士の独り言”より一部(ほぼ全文)転載

カナダ「性的奴隷動議」可決2007/11/29(木) 01:03:58 [国際時事]

沈黙は「承諾」と受け取られる
カナダ議会・対日「謝罪要求」動議採決

慰安婦問題で日本に謝罪要求へ=カナダ下院で動議採決の動き
【ニューヨーク27日時事】 第2次大戦中の従軍慰安婦問題に関し、カナダ下院で日本政府に公式な謝罪を求める動議の可決を目指す動きが強まっていることが27日、分かった。28日に採決に付される可能性が高い。これについてAFP通信は、全会一致で可決される見通しだと伝えた。ただ、動議に法的拘束力はない。  動議は、野党・新民主党所属で中国系のオリビア・チョウ議員が本会議に提出。カナダ政府は福田康夫首相と日本の国会に対し、「20万人以上のアジア人女性が性的奴隷となるよう強制された歴史的事実」を認め、元慰安婦に「公式、誠実かつ明確に謝罪する」決議案を可決するよう促すべきだとしている。 また日本の教科書の中で、「軍の性的奴隷」に関する記述を復活させるよう要求した。時事通信11月28日付記事より参照のため引用/写真は「カナダ国会議事堂」(Wikipedia)
----------

特定国が作り出した状況か

………

 オランダ議会では対日「謝罪要求決議」本会議(12月13日)採決の方向にある一方で、カナダ議会では同種の謝罪要求動議が11月28日(現地時間)に可決となる見通しとのことだ。屈中派の首相に交代したオーストラリアでも、同じく採決への動きが生まれて来るであろう。

 内容もかつての「“従軍”慰安婦」から「性的奴隷」へとエスカレートし、各国を巡って“証言”して回る特定国系の“証人”と、それを政治的に支援する支那系の勢力の思うままの状況となっている。いまさらながら、外務省、および政府による確たる反駁は聞こえて来ない。声を上げずに看過すれば“事実化”されるのみである。

 一方で、反駁が期待される国思う議員諸氏は空転に等しい状況にある国会、および内なる教科書検定の議論に釘付け状態である。また、海外の議会の状況も一般紙はほとんど報じない。これらの状況《を》作り出す《遠因は、》突き詰めれば、それもまた特定国の戦術であるのかもしれない、と。独断だが、筆者にはそうとさえ映る。
----------

“20万人の性的奴隷”

 “20万人の性的奴隷”とは途轍もない虚構であり、日本に対する国辱である。その論拠は吉見なる人物《吉見義明教授》の憶測による「性奴隷20万人」説であり、その増幅に貢献したのは、客観的な検証を《怠り》記事配信を重ねた大西哲光氏(ニューヨークタイムズ)である。これらの人物の「合作」と指摘してよい。検証無き「河野談話」で勢いを得て、とりわけ韓国民の宣伝《(喧伝)》活動支那系の経済・政治力の裏支えによって、>筋違いにも米国、カナダの議会までが日本に謝罪を要求する法案を立る、との狂気とも云える事態に至っている。まさに虚構の連鎖と暴走である。

 また、これは筆者の独断と偏見かもしれないが、現首相・福田康夫氏の政治スタンスは、かつての宮澤喜一(故人)とタイプが似ている。気弱にも相手に譲る“対話姿勢”と謝罪のスタンスを得意としている。経済には詳しかった宮澤氏に比べ、福田氏には得意分野が無い分、政治力量は下回る。残念なことではあるが、過渡期の首相として「こういう政治家もいた」という程度の後世の評価になるのかもしれない。このままでは、福田首相は謝罪を求められれば安直にも応じる可能性が高い。「福田談話」の新たな誕生が懸念される。

 もしも、日本軍が20万人もの性奴隷狩りをしたというのであれば、言葉は悪いが、当地には混血児が多数存在していても不思議ではない。だが、それらの記録も話も存在していない。一方、事実の上で、ベトナム戦争時に、米国の容認下で韓国軍がベトナムで展開した虐殺と婦女子狩りではどうであったか。非戦闘員である現地民間人になした大規模な虐殺と強姦により、多数の孤児と混血児をベトナムに残したのは、いったいどこの国々であったか。日本にも、ベトナムと共通する「爪痕」は確かに存在している。

 終戦直後の日本で、米軍兵士と、それを真似た朝鮮人がどのような暴虐をなしたか、その無数の爪痕と記録が残る事実にこそ、米議会、および特定国の策動に乗って類似した「動議」を発するカナダ議会は、よくこれら事実を考え合わせ、熟慮すべきである。そして、カナダにはかくなる決議案を以って、日本を質す筋合いにはない。また、日本の立場から、あえて謝罪要求の対象とすべき国があるとすれば、米国であり、韓国ではないか。
----------

原爆謝罪要求法案を

 可能性としての話だが、我が国こそは「原爆」と「空襲」による日本民間人の大量虐殺の「事実」。この「事実に」にもとずづいたに対米「謝罪要求決議法案」をそれぞれ起草し、併せて、戦後における我が国の婦女子を対象とした陵辱行為に対する「謝罪要求決議法案」起草する権利がある。

 現政府が機能しなければ、後の国思う政府により起草を検討し、これら日本が決議案に示す内容こそ「事実」であり、数多の証拠と検証がなされている。過去の日本に対する謝罪決議、動議の類はその真実性において比較に値しないものである、と。各国に問いかける方途もあるだろう。一考に過ぎないが。
----------

【筆者記】

 民間人として勿論、識者とともに尽力する。だが、基本的に、先ず省庁、政治家が機能すべき事項である。「虚構」による国辱が起これば、それに対しては「真実」をもって反駁する。この政治行動は、いかなる主権国家においても、外務上で実行すべき「当然」の権利であり、且つ国家が自国民に対して果たすべき当然の「義務」であるはずだ。せめて先進国並みに。
----------


 この問題の裏には「中国の中華思想」、「韓国の反日政策」、「北朝鮮の拉致犯罪の隠蔽工作」、「欧米諸国による戦後体制の維持」、及び「白人文明の優越さの確保」等々、即ち換言すれば「東京裁判史観」を補完する為の政治的な謀略が私には垣間見られてしまう。
 中国・韓国・北朝鮮の特定アジア諸国の場合は「補償しろ(金をよこせ)!」、そして「おまえらの悪逆非道に比べれば屁でもない!、文化大革命の殺戮も李氏朝鮮の悪行も拉致犯罪も、大したことではない!」。欧米諸国の場合は「黙って“悪者”のままでいろ!よしんば金をよこせ!我々は白人だぞ!」。殊にアメリカの場合は「おまえらはこれほど酷いことしたんだぞ!原爆を落とされて当たり前だ!私は悪くない。悪いのはおまえらだ!」といっているように聴こえてしまう。私の耳も“幻聴”が聴こえるようになってしまったのか。

 何れにしろ、いわゆる「従軍慰安婦問題」は「政治的な謀略」以外の何ものでもない。このことを確りと私たち日本人の一人ひとりが理解しなければいけない。
 
繰り返していう。
真実は一つである
 いわゆる「従軍慰安婦問題」とは、

「日本(及び日本人)を貶めて自ら利益を得ようとする“特定の日本人”と“特定の外国人”らによる政治的な謀略」の一つである。

 今般のこの問題は“独断かもしれない”がアメリカによる北朝鮮に対しての「テロ支援国家指定解除の問題」が含まれていると考えている。
 少なくとも私たち日本人にとっては残念なことではあるけれども、アメリカは既に北朝鮮に対しての「テロ支援国家指定解除」決断しているものと見るべきであろう。さもなければ今の時期にこんなに喧しく日本非難をしてくるわけがない。しかも“同盟国”が挙ってである。悲しいけれどこれが「国際政治」の現実であろう。
関連記事
凡人の独り言 | 【2007-11-29(Thu) 18:06:42】
Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

沈黙は「承諾」と受け取られる カナダ議会・対日「謝罪要求」動議採決 慰安婦問題で日本に謝罪要求へ=カナダ下院で動議採決の動き 【ニューヨーク27日時事】 第2次大戦中の...
【2007-11-30 Fri 01:18:09】 | 博士の独り言
くまック時計
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉