プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
産経の正論(岡本行夫氏)2
2007.11.28.snkei.04 とりあえず記事の貼り付けだけ。“つぶやく”ことが億劫になってきた。頭が“ボー”。風邪には気をつけよう。風邪は万病の元である。“免疫力”の低下をひしひしと感じる今日この頃である。
 しかし、ものは考えようだ。“免疫力の低下”はいわば新たな「老人力(ろうじんりょく)」の獲得でもある。若い人たちがいくら頑張っても原則的には「老人力」を手に入れることは出来ない。「老人力」はそれなりの年輪を積み重ねなければ身につけることが出来ない「魔法の力」でもある。
 たとえば、昔は結構“無理”が効いていたが、「老人力」が身についてくると“無理”が効かなくなってくる。“無理”をすると逆効果になってしまう。これは決して悲しむべきことではない。見方を変えれば身体に“自動調整機能”が付与されたと考えればよい。要は“考え方しだい”である。
2007.11.28.snkei.05 若い頃は少しぐらいの“風邪気味”ならば“無理”をすれば治ってしまっていたが、今は無理をすれば身体を壊してしまう。だから、自然と“無理”が出来ないよう「老人力」が調整してくれる。それを「無理ができない身体になってしまった」等と嘆くことはない。今回の“風邪気味”等のとき等は特にそうだ。風邪には“安静”が大事である。「老人力」が身についてこないとなかなか“安静”が出来ない。色々と“誘惑”が多くてとても安静などしていられない。それが「老人力」がついてくると自然と“自動調整機能”が働いて“無理”をすることなく“安静”状態に陥り、“養生”ができるようになってくる。現に今、私も半分以上は既に安静状態に入っている。有りがたいことだ。
2007.11.28.snkei.06 これから風邪薬を服用してさらなる“安静”を行い“養生”することにしよう。自然と身体がそのように動いていく。本当に不思議な力だ、「老人力」というものは。
 もし、このような「魔法のパワー」を若い人たちがどうしても身につけたいと願うのならばそれは「鈍感力」で我慢してもらうしかない。「老人力」は明らかなる「特権」である。そう易々とは人に渡せない。渡そうと思っても渡せもしない。まぁ、欲しがる人もいないとは思うが。今の私には大切な「既得権益」の一つになりつつある。
2007.11.28.snkei.07 しかし、不思議だ。何だかんだといって記事とは関係ない事柄ながらも“つぶやく”ことが出来てしまった。これも「老人力」のなせる技なのかもしれない。
 
 記事関連の“つぶやき”は後日また。但し、予定は未定。


2007.11.28.snkei.08

2007.11.28.snkei.09
2007.11.28.snkei.10
2007.11.28.snkei.11
関連記事
凡人の独り言 | 【2007-11-28(Wed) 22:41:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉