プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
スティーブ・フラハティ
2007.11.25.yosiaki 良い本だ。“良書”だと思う。多くの人に読んでもらいたいとも思う。
 私がこの本を手にしたのは“偶然”である。ネットで他の本を検索していて、そのタイトル「ヨシアキは戦争で生まれ戦争で死んだ」に心惹かれ、思わず購入してしまった。読んでみて感動を覚えた。久しぶりに涙した。
 「没後38年を経て紡がれる数奇な運命と絆の物語」とその“帯の背”に内容を簡潔に紹介した文面があるが、返す返す残念なのがその“帯の表”にある“推薦文”である。
 個人的な好き嫌いはあるにしても、“その余りにも稚拙な文面”に呆れかえってしまった。これでは売れる本も売れなくなってしまうのではないかと心配になってしまう。はたして出版元の担当者は何を考えているのであろうか。この推薦人、そして推薦文では“販売促進”どころか“販売抑制”になってしまうと思うのだが、そのように思うのは私だけであろうか。

ヨシアキは戦争で生まれ戦争で死んだ ヨシアキは戦争で生まれ戦争で死んだ
面高 直子 (2007/08/01)
講談社

この商品の詳細を見る

 確かに本を読んで受ける印象(感想)は人それぞれであるとは思う。そしてその感想(印象)にとやかくは言いたくないが、このような推薦文ではせっかくの名著も台無しである。品位が貶められてしまう。少なくとも私の場合は書店でこの著書を目にしていたら“その推薦文”を読んで、棚に戻し、購入することはなかったであろう。本当に本との出会いは不思議である。兎にも角にもネットでの出会いでよかった。お陰で感動を得ることが出来たのだから。
 また、本の“帯の表”に『「誇り高き日本人」の感動秘話』と、日の丸を模したデザインと併用され記されているが、これでは余りにも“ヨシアキ氏”をバカにしている。内容を読めば分るように、もし“ヨシアキ氏”のことを少しでも想う気持ちがあるのならば『「誇り高きアメリカ人」の感動秘話』とするべきだ。天下の“講談社”の感性を疑ってしまう。
 この著作の解説は「数奇な運命と絆の物語」だけで十分だ。それだけで後はタイトルの「ヨシアキは戦争で生まれ戦争で死んだ」「スティーブ・フラハティ氏の写真」が全てを物語ってくれていると思う。

 著者の面高直子さん(面高昌義氏)、そしてスティーブ・フラハティ氏に関わりを持った全ての人たちに感謝する。感動をありがとう。
関連記事


つれづれなるままに | 【2007-11-25(Sun) 17:13:34】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉