プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
何を言っても無理
お言葉ですが…、

日韓関係「今は、間をおく時期」 仙台「正論」懇話会で呉善花氏が講演
2014.7.25 00:25 [日韓関係]

 仙台「正論」懇話会の第37回講演会が24日、仙台市青葉区の江陽グランドホテルで開かれ、評論家で拓殖大学国際学部教授の呉善花(オソンファ)氏(57)が「なぜ日韓は理解しえないのか」と題して講演した。

 呉氏は日韓両国には根本的な価値観の相違があることを強調。韓国では異民族からの侵略を受けた経験などから「(信じられるのは)王などの絶対的な人物だけ」とし、その人物が築いた歴史が絶対的な価値観となっていると説いた。

 一方、日本は異民族に侵略された経験がなく多様な価値観が存在するとし、「そういう文化は韓国にとって理解できないため、不安になって日本をたたく。話し合えばいいというのは通用しない」と主張した。

 今後の日韓関係について参加者から質問されると今は何を言っても無理。間を置く時期と述べた。


「根本的な価値観の相違」は日韓だけ?

いえいえそんなことはありませんよねぇ…。

「異民族に侵略された経験」は韓国だけ?

いえいえそんなことも、ありませんよねぇ…。

ではなぜ?

もしかして、

「経験」よりも、などが重要なのでは?

ともかく、

「間を置く時期」には大賛成!

1000年間、間を置こう!


助けるな!教えるな!関わるな!


だから、

都知事!

よけいなことをするな!!
関連記事


凡人の独り言 | 【2014-07-25(Fri) 07:41:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉