プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
日本企業の轍は踏まず…
頑張れApple!

負けるなApple!

日本企業の轍は踏まず…サムスンを訴え続けるAppleの覚悟
2014.7.22 06:30 (1/3ページ)[アップル]

 なぜAppleはサムスンと特許訴訟で和解しないのか。日本の電機メーカーの失敗を教訓にしているかのような動きだ。

gqj14072206300001-p1.jpg
サムスン「Galaxy 5」(左)とApple「iPhone 5」。よく似ているが、それも戦略の1つなのだろう ©ロイター / AFLO

■ニュースのポイント

 膨大な時間、費用、人員を費やして特許訴訟を続けるAppleとサムスン。出口の見えない戦いから一歩も引かないAppleには、日本企業の轍は踏まないという覚悟があるのかもしれない。

■サムスン依存から脱却しようとするApple

 Appleは毎年秋にモバイル分野の新製品である新型iPhoneやiPadを発売することで知られている。今年も秋には次期iPhoneなどが発表されるのであろうが、そうした次世代製品に搭載されると見られている新型プロセッサー「Aシリーズ」の出荷が、台湾セミコンダクター(TSMC、世界最大手の半導体委託製造メーカー)で始まったようだ。『Wall Street Journal』(WSJ)が7月10日に伝えた。

 AppleがTSMCに発注したという話は2013年に流れており、このニュース自体には驚くような内容は含まれていない。しかし、このニュースを裏返せば、Appleは自社製品で使う部品を、これまで頼り切りだったサムスンから他の企業から買うようになってきた、と見ることができる。「サムスン依存からの脱却」「アウトソーシング先の分散」がより一層進んだという点で、WSJはニュースバリューがあると判断したのかもしれない。

 さて、このニュースを読んで、米高級紙『Vanity Fair』6月号に載っていた「スマートフォン大戦争」という記事を思い出した。Appleとサムスンのスマートフォン分野での戦いを描いた記事で、両社の歴史、特許侵害をめぐる訴訟合戦、iPhoneやGalaxy Sの開発と発表をめぐるエピソードなどが、かなり詳しく記されている。それぞれの話題やエピソードは既報のものが多いのだが、特に注目したい点は、書き手のKurt Eichenwaldが、Appleやモバイル端末とは関係のないところまで範囲を拡げてエピソードを拾っているところ。具体的には、シャープやパイオニアのような日本企業とサムスンとの間であった紛争を例に、サムスンのやり方には一定のパターンがあることを浮かび上がらせている点である。


正しく“コリアン”ならではの所業、

とても日本人には真似はできない。

「そっちこそ!」

責任転嫁、投影、言いがかり…

“コリアンの行動パターン”そのものだ。

日本企業の轍は踏まず…サムスンを訴え続けるAppleの覚悟
2014.7.22 06:30 (2/3ページ)[アップル]

■サムスンのやり口

 シャープとサムスンが争ったのはLCDディスプレイの分野で、シャープが特許侵害でサムスンを訴えたのが2007年のこと。2009年には欧州の法廷でサンスンによる特許侵害を認める判決が下され、当該特許が使われたサムスン製品のEU域内への輸入が禁止になった。これと前後して米国の国際貿易委員会でも輸入禁止の判断が下されたことで、サムスンはようやくシャープと和解している。ただし、その約2年の間にサムスンは薄型テレビ市場でシェアを大きく伸ばし、2009年末には世界シェアが23.6%にまで達していた。一方のシャープはシェア5.4%どまり。試合に勝って勝負に負けたシャープは、その後、会社存亡の危機を迎えるほどの事態に陥った。

 同じような例は、プラズマテレビの分野でも生じた。その時の被害者はパイオニアである。同社が米国でサムスンを特許侵害で訴えたのが2006年、2008年にはサムスンに損害賠償支払いを命じる判決が下された。2009年には両社の間で和解が成立したが、時すでに遅し。2010年、パイオニアはテレビ市場から撤退した。

これらの事例から読み取れるサムスンのパターンはこうだ。 他社の特許を勝手に使い、それを相手から咎められると、「そっちこそ!」と別の特許を引っぱり出して相手を訴え返し、裁判が長引いている間に市場シェアを抑え、輸入および販売の禁止が現実的になりそうなところで和解に持ち込む

 『Vanity Fair』では、スマートフォンやタブレットでのAppleとの争いは、その焼き直しである、と断定している。


“お人好しの日本人”は騙せても“世界”には通用しない。

日本企業の轍は踏まず…サムスンを訴え続けるAppleの覚悟
2014.7.22 06:30 (3/3ページ)[アップル]

■トップ交代が進むサムスン

 Appleとサムスンが争っている訴訟の中でも、最も大きなカリフォルニアでの裁判では、担当判事が辟易して何度か「当事者同士で話をつけるように」とする指示さえ出している。それに従う形でAppleのティム・クックCEOらがサムスン幹部と会った、という話も伝えられたが、今のところ和解が成立する気配はないとされている。前述のような話を目にすると、それも致し方ないか、といった印象だ。

 サムスンはといえば、2013年春にニューヨークの有名な劇場を貸し切って、「Galax S4」の派手な発表イベントを開催していた頃が勢いのピーク。特にここ数四半期の決算は精彩を欠いている。スマートフォン市場では、ハイエンドを抑えるAppleという「前門の虎」、ローエンドから追い上げるレノボやシャオミなどの中国メーカーという「後門の狼」に挟まれた格好で、この苦戦を打開するメドも立っていない。この5月にはサムスン・グループ総帥の李健煕会長が倒れて一時危篤も伝えられた。

 「トップが意識不明に」というニュースが流れた時、サムスンの株価は4%も上昇した。逆に「意識が回復した」というニュースで株価が約1%下落。さすがに気の毒な感じだが、変革を求める期待感が高まっている、ということであろう

 李健煕の長男でサムスン・グループ副会長を務める後継者、李在鎔は、サンバレーのカンファレンスでティム・クックと話をする機会があったのだろうか。


もうそろそろ気付いたら?

“子供”ではあるまいし…。

とはいえ、

確かに“コリアン”は“並外れた未熟者”ではあるけれども。

そういえば、

“慰安婦問題”も「そっちこそ!」のための“伏線”?、

“悪逆非道な日本・日本人”も、これまた“伏線”?

「そっちこそ!」の“伏線”がなければ、“嘘と捏造と歪曲”で創り上げればよい。

要は、全てにおいて“コリアン自身の問題”を、“他所・他者に投影し責任を転嫁”しているだけ。

即ち、

“日本人の価値観”からすれば、

“恥知らずな甘えん坊の卑怯者”


それが“コリアン”だ。

ともかく、

これからは“コリアン”のことを“「そっちこそ!」民族”とも呼ぶことにしよう。

何れにしろ、

助けるな!教えるな!関わるな!

盗んだ仏像返せ!
関連記事


凡人の独り言 | 【2014-07-22(Tue) 09:01:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉