プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
“官僚的”対応
久しぶりに“ざわざわニュース”。しかし、ある意味日本は何も変わっていない。悲惨な敗戦を経験しているにも拘らず、未だに国民は“官僚”を頼り、“官僚”は国民を蔑ろにして自らの“既得権益の擁護”に勤めている。戦前から相も変わらない“官僚体質”である。日本を戦争へ導いた一つの大きな原因はこの“官僚体質”であり、悲惨な敗戦を齎したのも同じ“官僚体質”が原因である。ここに“諸悪の根源”が内在する。“東京裁判史観”なり“戦後民主主義教育”はこの“諸悪の根源”“隠蔽”し、“すり替え”により“責任を転換”をする為の道具として利用されてしまっている。悲しき哉、これが“現実(事実・真実)”である。

とはいえ、誤解してはならない。この“諸悪の根源”としての“官僚体質”は何も“国家官僚”だけの“特権”では決してない。我々一般人の内にも、マスコミ人、知識人、政治家の心の中にも内在する至って“人間的な基本的情動(欲望)”の一つにしか過ぎない。このことの理解なくして真の平和な世の中は訪れることはない、と私は考えている。

関連記事


凡人の独り言 | 【2007-11-10(Sat) 23:58:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉