プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
独立行政法人
昨日のニュースではあるが、このようなニュースを見るたびに腹が煮えくり返ってくる。“独立行政法人(pdf)”にも色々ある。確かに必要な法人も数多くあることであろう。しかし、何か胡散臭い

“NIKKEI NET(11月9日)”より

独立行政法人の欠損5兆円強、税金で穴埋め

 政府の事業を分離・独立して運営する独立行政法人(独法)で、15法人の繰越欠損金を処理するために、5兆円強に上る政府出資金が使われていたことが分かった。会計検査院が9日提出した2006年度の決算検査報告書で明らかにした。政府出資金は国の毎年の一般会計からも支出する税金。欠損金処理後も再び赤字が積み上がっているケースもあり、検査院は経営改善の努力を強く求めている。

 検査院は独立行政法人のうち国の出資が2分の1以上で、設立時に作った中期経営目標の期間が今年度末で終わる25法人を対象に調査した。

 報告書によると、03年10月から04年3月にかけて15の法人が独法に移行する際、巨額の繰越欠損金を抱えていた。欠損金を解消するため、いずれも政府からの出資金の蓄えで会計上、相殺。相殺額は計5兆4679億円に上ると指摘している。 (19:47)


私は“国の借金(負債)”の大半はこのような“独立行政法人”、即ち“官僚の無駄遣い”にあると考えている。勿論、こればかりではない。国からの支援(私たちの血税)を受け活動している“社団法人”や“財団法人”も何か怪しいものが数多い。既に解散(2007年3月31日)してはいるものの時の首相、村山富市氏の鳴り物入りで設立された“女性のためのアジア平和国民基金”等はその際たるものの一つだ。以下の文言は“フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』”の記述ではあり個人的に検証はしていないが、信憑性は高いものと考えている(金額等は微妙に異なるものの数冊の著作に同様な記述が記載されていたことを記憶している)。

「…最終的な募金額は7億円、日本政府が広告・宣伝・運営には70億円を支出した。(『天皇制・「慰安婦」・フェミニズム』鈴木裕子による)」


いうまでもなく、「日本政府が支出した70億円」「我々国民の血税」である。要は「7億円」の支払いをする為に「70億円の」経費を支払ったということである。我々“一般人の常識”からすればとても考えられないことであり、“官僚の常識”は矢張り何処か違っている。出来れば私も一度ぐらいは“このような活動”で“収入”を得てみたいものだ。しかし、個人的な“良識”がそれを許してくれない。一体“官僚の良識”とは如何なものなのであろうか。そして“一部政党(社民党、公明党等)”、及び“一部(?)政治家(村山富一、河野洋平等々)”、そして一部(??)の“市民団体(平和団体、人権団体等)”の“良識”も。
関連記事


凡人の独り言 | 【2007-11-10(Sat) 12:52:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉