プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
淵田美津雄中佐
誰が落札したのであろう…。

20131207amr13120713100005-l1.jpg
旧日本軍の真珠湾攻撃で部隊を指揮した淵田美津雄中佐が攻撃後に作製し、昭和天皇への説明に用いたとされる戦果図(競売大手クリスティーズのホームページより)

真珠湾戦果図に4千万円超 米競売、天皇報告時に使用
2013.12.7 13:08 [歴史問題・昭和史]

 旧日本軍の真珠湾攻撃から7日(ハワイ時間)で72年となるのを前に、部隊を指揮した淵田美津雄中佐が攻撃後に作製した戦果説明図が6日、ニューヨークで競売に掛けられ、42万5000ドル(約4370万円)で落札された。AP通信が伝えた。

 淵田中佐は「トラトラトラ」(われ奇襲に成功せり)の電文を打ったことで知られる。主催した競売大手クリスティーズは広報資料で、図を指さしながら昭和天皇に説明したと振り返る淵田中佐の自伝を引用した。

 戦果図は縦約80センチ、横約60センチの紙に「軍極秘」と赤字で記され、攻撃を受けた米艦船の名前や位置、被弾させた爆弾と魚雷の数などが書き込まれている。落札者は明らかになっていない。(共同)




“開戦(宣戦)の詔書”

余はここに、米国及び英国に対して宣戦を布告する。…中華民国政府は、以前より帝国の真意を理解せず、みだりに闘争を起こし、東アジアの平和を攪乱(かくらん)し、遂(つい)に帝国に武器をとらせる事態(慮溝橋事件)にいたり、現在まで四年が過ぎた。さいわいに、国民政府は、汪清衛・南京政府に新たに変わった。帝国はこの政府と、善隣の誼(よしみ)を結び、ともに提携するに至ったが、重慶に残存する蒋介石政権は、米英の庇護を当てにし、兄弟であるはずの南京政府と、いまだに相互の境をはさんでせめぎあう姿勢を改めない。

 米英両国は、蒋介石政権を支援し、東アジアの戦禍と混乱を助長し、平和の美名に匿(かく)れて、東洋を征服する非道なる野望をたくましくしている。あまつさえ、くみする国々を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、わが国に挑戦し、更に帝国の平和的通商にあらゆる妨害を与へ、ついには禁輸措置を意図的におこなって、帝国の生存に重大なる脅威を加えている

 余は、政府をして、そのような事態を平和の裡(うち)に解決させようと、長い間、隠忍(いんにん)したのだが、米英は、寸毫も譲り合いの精神を持たず、むやみに事態の解決を遅らせ先延ばしにし、その間にもますます、英米による経済上・軍事上の脅威は増大し続け、それによって我が国を屈服させようとしている

 このような事態が、そのまま推移したならば、東アジアの安定に関して、帝国がはらってきた積年の努力は、ことごとく水の泡となり、帝国の存立も、文字通り危機に瀕することになることここに至っては、帝国は今や、自存と自衛の為に、決然と立上がり、英米による一切の障礙(しょうがい)を破砕する以外に道はない
 皇祖皇宗の神霊は、天にましまし、余は、汝ら国民の忠誠と武勇を信頼し、祖先の遺業を押し広め、すみやかに英米による禍根をとり除き、東アジアに永遠の平和を確立し、それによって帝国の光栄の保全を期すものである
(御名御璽)

“米国及英国ニ対スル宣戦ノ件・御署名原本・昭和十六年・詔書一二月八日”



“マッカーサー証言”
昭和26年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会

Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.
したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだったのです



“第33代米国大統領:H・S・トルーマンの言葉”

『 …やがて真珠湾が話題に出た。いろいろと当時の模様を話し合っていたとき、トルーマン前大統領は笑いながら、
「キャプテン、真珠湾はね、ボス・ギュルチィ(両者有罪だよ」
 と言った。私は、
「そりゃ神の前にはボス・ギルュチィでしょうけれど…」
 と言い及ぼうとしたら、トルーマンは遮ぎって、
いいや、神の前ばかりでなく、人間の前にも、いまに史実としてボス・ギルュチィ(both guilty)が明らかになるだろう と言った。…』p365


真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝
(2007/11/30)
淵田 美津雄、中田 整一 他

商品詳細を見る


おっと、

文庫本も出版されていた。

真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝 (講談社文庫)真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝 (講談社文庫)
(2010/11/12)
淵田 美津雄

商品詳細を見る
関連記事


大東亜戦争 | 【2013-12-08(Sun) 08:56:07】
Trackback:(2) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人の承認後に表示されます
【2016-05-17 Tue 06:27:30】 |
管理人の承認後に表示されます
【2016-05-16 Mon 19:07:34】 |
くまック時計
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉