プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
コリアンな“性奴隷”さんの証言
“厳選!韓国情報”さんで教えてもらった。

琉球新報
“焼きごて、子宮摘出… 元「慰安婦」李守山さん、シンポで証言”
2013年6月17日

20130618img51be5e1e3e29b.jpg
日本の歴史認識を考るシンポジウムで、熱心に聞き入る参加者ら

20130618img51be5e36e5ab3.jpg
「従軍慰安婦」にさせられた過去を語る李守山(イ・シュサン)さん=16日、那覇市の沖縄大学

 日本の歴史認識を考えるシンポジウム「『朝鮮人強制連行』と『従軍慰安婦』をめぐってPart2」(おきなわ「日韓政経・文化」フォーラム主催)が16日、那覇市の沖縄大学で開かれた。約150人が参加した。病身の体を押し、元「慰安婦」の李守山(イシュサン)さん(85)が証言した。李さんが沖縄で証言するのは初めて。旧日本軍による拷問で体中にやけどを負い、妊娠発覚後に子宮を摘出させられた過去を振り返った李さんは、「慰安婦」の強制性を否定する日本国内の動きに「これが私の人生です。皆さん、力を合わせて一緒に、『慰安婦』は強制だったと言ってほしい。そうしてくれれば、何も望まない」と声を振り絞った
 海辺の村で暮らしていた17歳の時、警察官に「紡績工場に就職できる」とだまされ、少女7人で汽車に乗せられ、満州の牡丹江にあった旧日本軍の慰安所へ連れて来られた。兵隊は毎日、列をなした。脱走した李さんを焼きごてによる拷問が待ち受けていた。妊娠して子宮を奪われた後も、慰安所に戻された。涙する李さんに、会場も泣いた。李さんは「これが強制じゃなくて何なのだろう。日本政府が謝らなければ、心に一生傷が残る」と訴えた。
 元外務省欧亜局長で京都産業大学教授の東郷和彦さんも登壇。日本国内の「慰安婦」問題への対応が、日韓関係の危機的な状況を生んでいると指摘し、「彼女たちが生きている間に、新しい政治的ページをめくらなくてはならない」と強調した。
 琉球大学大学院1年で言語政策を主題に学ぶ岩原日有子(ひうこ)さんは「証人がいなくなり、歴史がなかったことにされるのが怖い。次の世代として、新しい関係をつないでいくことが大事だと実感した」と話した。


それにしても、“事実”だとするならば、本当に“コリアン”は酷いことをするものだ。

当時、朝鮮半島で働いていた「警察官」の大半は“コリアン”、“朝鮮地方出身の日本人”。

「警察官」に騙されて・・・。

何だ、やはり“軍人”ではなかったのか。

それに、「旧日本軍による拷問」というけれども、記事を読む限り拷問したのは雇い主、即ち女衒側。「旧日本軍」などではなかろうに。

とはいえ、日本・日本軍にも確かに過ちはあった。こんな“人もどき”の“コリアン”を“日本人”として扱ってしまったこと。

反省、謝罪せねばなるまい。

二度と過ちは犯してはなるまい。

それにしても85歳。

お元気そうで何よりです。

おそらく、当時の“高度な外科的施術”の賜物なのでしょう・・・。

ところで、

手術費用は?
関連記事


従軍慰安婦 | 【2013-06-18(Tue) 21:22:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉