プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
中原秀獄(なかはら しゅうがく)和尚
縁があり、

少し調べてみた。


"元始、女性は太陽であった"

… やがて両忘庵で見性(けんしょう)が許された。「慧薫」(えくん)という名をもらった。そこで雷鳥としてはそのまま両忘庵に通いつづけるつもりだったのだが、釈宗活がアメリカ布教に行くことになったので、浅草松葉町の海禅寺で開かれている接心会に通うことにした。
 海禅寺は臨済宗妙心寺派の名刹で、境内もバカでかく、堂宇の座敷の数も多いのだが、そのころは無住の廃寺同然になっていて、その復興のために円覚寺から一人の青年僧が派遣されていた。
 これが中原秀嶽で
、雷鳥が「いたずらキス」をした相手になる。秀獄は、当時の傑僧・中原南天棒が松島瑞巌寺で重職をしていたときに養子になって出家して、そのあとは円覚寺の釈宗演のもとに修行に出されていた青年僧である

母方の義理の叔母が、

祖母(大伯母の妹)からの話として、

二十年以上前に他界した大伯母が、

この"中原秀獄和尚"と近しい間柄であったと教えてくれた。

その後を継いだ"小山靖節和尚"。

命日は"三月十日"


中原 鄧州(なかはら とうしゅう)
(1839年5月15日〈天保10年4月3日〉 - 1925年〈大正14年〉2月12日)


…その一方、瑞巌寺には仙台から多くの参詣者が訪れるようになり、中でも第二師団長として赴任してきた乃木希典は休日になると足しげく通うようになる。乃木の参禅は乙未戦争を経て台湾総督に赴任するまで継続した。これに前後して晋山以前から瑞巌寺に預けられていた中原秀嶽(なかはら しゅうがく)の蓬髪を行い、自らの養子にしている

…かくして鄧州は謹慎の身となり、宗匠検定法嘆願で多くの僧に疎んじられていた鄧州に本山からの助けはなく、完全に孤立無援となった。結局、11月に瑞巌寺を辞し、秀嶽らとともに同県名取郡生出村茂庭(現在の仙台市青葉区茂庭)にある大梅寺に入った

…だが、明治32年の12月には暴風雨が発生しており、倒木によって山門が破壊されるなど、壊滅的な打撃を受けている。さらに幼少時から可愛がっていた秀嶽が大梅寺を暇し、鎌倉円覚寺の釈宗演の元に行ったのも追い打ちとなった[13][14]。

…だが、入室した平塚を待っていたのは、鎌倉禅(円覚寺派)に対する鄧州の容赦ない批判であった。円覚寺派には養子・秀嶽を取られたという憤りがあったが、鄧州は知っては知らずか、平塚と秀嶽との間にはさらに深い因縁があった。両忘庵で見性を得た平塚だったが、それでも合点がいかず、浅草松葉町にある海禅寺に、興津清見寺住職の坂上真浄和尚を招いての提唱会に出向いた。海禅寺は阿波蜂須賀家の看華院だったが、ここも明治時代に法灯途絶え、荒れ寺と化していた。そこで円覚寺が再興のために派遣したのが秀嶽であった。ある早春の日の夜、寺で夜遅くまで書見をしていた平塚を出迎えた秀嶽に平塚は接吻をした。平塚は挨拶代わりの気持ちだったと弁明しているが、動揺した秀嶽と一悶着があった

…平塚と鄧州との接心は明治44年に平塚が『青鞜』を創刊する前後まで続いた。平塚はその後、海禅寺住職となった秀嶽と明治44年に再会し、その後肉体関係を持ちながら解消されたことが、『原始、女性は太陽であった』で記されているこの書の影響で、秀嶽は義父譲りの大酒飲みで、遊郭に入り浸る破戒僧のイメージがついているが、釈宗括らとともに東京の臨済宗禅僧の互助会、「円成会」を組織し、また真浄老師の伝記を遺したりと本業でも活躍。後に関東大震災によって破壊された海禅寺建て直しのために身命を賭し、その労苦のために病に倒れ、昭和3年に遷化する

…中原の著作にはいずれも秀嶽が登場しておらず、平塚の『原始、女性は太陽であった』でも鄧州と秀嶽が義理の父子であることには触れていない。星悠雲は瑞巌寺での政宗木像事件で鼻を焦がした小坊主は秀嶽ではなかったのでは推測している。その時、鄧州反対派の1人であったのが、役僧をしていた実兄の永井智嶺であった。また、秀嶽が智嶺に伴われて大梅寺を去った際に、鄧州が釈宗演に宛てた手紙の下書きが大梅寺に残されている。その手紙には、2人が懇願しても一切構わぬよう、だが反省しているようならもう一度やり直させてくれないかと懇願している。その後、2人は宗演の元で修行することになる。秀嶽が海禅寺住職となった後は鄧州も参禅会に招かれている[36]。
関連記事


つれづれなるままに | 【2021-04-28(Wed) 18:15:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉