プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ SACD[SHM仕様]盤
今日も朝から、

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ
アルテュール・グリュミオー

2021031371UH9HLsfKLACSL1305.jpg
Decca UCGD-9082 SACD[SHM仕様]
録音:1960年11月(1,6)、1961年3月(3,4)、1961年7月(2,5) アムステルダム



関係者の皆様、

このような素晴らしいCDを世に出していただき誠にありがとうございますm(_ _)m。

録音は古いけれども(60年前😲)、

楽曲、演奏はもちろんのこと、

とにかく"音"が素晴らしい。

グリュミオーさんもきっと喜んでいらっしゃると思います。


DSD+SINGLE LAYER+SHM


この組み合わせ、

今のところ、

最高だ。

とはいえ、

"録音状態"や"製造過程"の、

"出来不出来"はあると思うけれども・・・。


SHM仕様SA-CDとは
20210413sacdtop.jpg



"SHM-CD(スーパー・ハイ・マテリアルCD)"

概要

特徴は、ディスク製造プロセスにおいて、通常の製造で使うものよりも透明度が高く、高流動性、高転写性が特徴の別種の液晶パネル用ポリカーボネート樹脂を素材として採用した点である。このため「高素材CD」とも呼ばれる。

これによりCDの信号が記録されたスタンパーのピットをより正確にディスクに転写することが可能となった。そのためCDの再生時に、その信号をより忠実にCDプレイヤーのピックアップで読みとらせることが可能となり高音質になったとされる[2]。

言い換えると、物理的なエラー発生要因を素材レベルで排除するものであり、正確にエラー補正できるCDプレイヤーの下ではマスターが同一である限り、従来のCDとSHM-CDとの間に差異は無い。[要出典]

[要出典]と記されてはいるが、

"体験上"

間違いない。

私の"サブメインシステム"は、

"違いの分かるオーディオシステム"だ。

"ハイエンドオーディオ"ではないけれども、

正に"中庸の徳"😅。
関連記事


つれづれの音楽 | 【2021-04-14(Wed) 06:53:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉