プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
ニューズ・ウイーク(英語・アジア版2012年9月10日)
せっかく“ニューズ・ウイーク(英語・アジア版2012年9月10日)”を手に入れたのに、ネットの“In Newsweek Magazine”で記事は読むことができた。

Newsweek


今のところ、日本語版(雑誌)は手に入っていない。
newsweekjapan

韓国で問題になっていたのはおそらく日本語版の内容であろう。実際に英語版を読んでみても、内容はただの事実の羅列であり問題にすることなどないと思うが。

確かに日本語版の表紙を飾る文言には溜飲が下がる。

表紙も英語版とは違った意味で刮目してしまう。

「韓国、竹島への偏執の原点」

「暴走する韓国」

「その不可解な思考回路」

「竹島をめぐる常軌を逸した言動」

「粘着質外交の原動力とは」

ただ英語版にはこのような刺激的な(正鵠を射た)言葉は見当たらない。正直、残念ではあるが。

雑誌の方はどうしても手に入らないので“デジタル版のニューズ・ウイーク(日本語版2012年9月10日)”購入してみた。あっと、いう間に届いた。

で、操作に若干手間取るも、何とか読めるようになってきた。

おそらく何れは“Newsweek日本版のアーカイブス”でも読むことはできるようになるかもしれないが、我慢できずに“デジタル版”を買ってしまった。

内容は、英語版とは違うように思える。掲載された写真も違えば構成も違う。はるかに日本語版の方が読みやすいし(当たり前…)面白い。そして勉強にもなる。


韓国国民にとって竹島が
歴史問題に対する怒りを
象徴しているだけに
彼らがこの島に注ぐ情熱は
日本側が考える常識的な
レベルをはるかに超えている
26ページ「暴走する韓国、竹島「偏執」の原点」より


これは、本文(記事)に入る前の25ページに引用されていた言葉である。

ともかく、関連記事の題目(大・小)だけでも転載を。


TAKESHIMA MANIA
暴走する韓国
竹島「偏執」の原点

領土問題 民族自決を象徴する竹島は韓国民にとって「聖地」
領土問題を主張する日本とのギャップは埋まらない

竹島は領土問題ではない
国民の深過ぎる「独島愛」
「親日」の呪縛に苦しむ
完全崩壊した棚上げ構造

A VICIOUS CYCLE
汚職と反日の不毛な悪循環

韓国政治 汚職問題などで集中砲火を浴びた政権末期の歴代大統領は
なぜことごとく「反日カード」に頼って政権浮揚を図ってきたか
ケネス・キノネス(国際教養大学教授、元米国務省・朝鮮半島担当官)

繰り返されてきた光景
使いやすい「反日カード」
日本も理解を示すべき

GEOPLITICAL JOCKEYING IN ASIA
新しいアジアで日本が生きる道

外交 領有権問題の鍵は中国の台頭と地政学的変化
ロシアと韓国の本音を見究める戦略思考が不可欠
J・バークシャー・ミラー(米戦略国際問題研究所 太平洋フォーラム研究員)

竹島訪問の本当の訳は
極東に目を向けるロシア
過去で妥協できる度量を
「予備作業」で既成事実
上流から見下ろす中国


正直、Newsweekの日本語版を一読して、韓国・韓国人が、かわいそうになってきた。


Why Japan and South Korea Are Feuding Over a Cluster of Rocks
Sep 3, 2012 12:34 AM EDT
You Say Dokdo, I Say Takeshima...let’s call the whole thing off. A tiny clump of islets pushes two nations to the brink.
PrintEmailComments (684)

(Page 1 of 3)
The frenemies are at it again. Despite all their longstanding shared interests, Japan and South Korea just can’t find a way past their long and bitter history. At present they’re focusing their love-hate conflict on a desolate little cluster of volcanic outcrops jutting up from the Sea of Japan, roughly 210 kilometers across the water from either of the two countries’ mainlands. Collectively known in Japan as Takeshima (“bamboo island”), in Korea as Dokdo (“rock island”), and in the West as the Liancourt Rocks (named after a French whaling vessel that narrowly avoided being wrecked there in 1849), the islets total less than 19 hectares in area. But in the minds of Japan and South Korea, they’ve grown large enough to encompass decades of unresolved grievances.

This isn’t the first time the flyspeck islets have provoked a crisis. Back in April 2006, South Korea’s then-president Roh Moo-hyun threatened force, sending gunboats to prevent Japanese coast-guard vessels from mapping the nearby seabed. According to a U.S. State Department cable disclosed by WikiLeaks, Washington feared that Seoul might “do something crazy.” Thomas Schieffer, then America’s ambassador to Tokyo, told Japan’s vice foreign minister at the time that “the Koreans are behaving irrationally” and warned him that “everyone needs to back off.” The Koreans and Japanese finally did as he urged, and the situation cooled down.

This time, however, things have turned so messy that neither side may be able to back down from its nationalist posturings. In early August, South Korea’s President Lee Myung-bak crossed a red line for the Japanese when he became the first leader of his nation ever to visit the disputed islands. Japan’s resentment only worsened the next day, when South Korea’s national soccer team defeated the Japanese in the bronze-medal match at the London Games—and then, after the final whistle, a South Korean midfielder stood on the pitch and hoisted a sign declaring “Dokdo is our territory.” (Although the player was barred from the medal ceremony and his award was withheld pending an investigation of the incident by the International Olympic Committee and FIFA, soccer’s international governing body, he has since been exempted from compulsory military service and named to his country’s World Cup team.)

Four days after Lee’s surprise trip to the rocks, the president delivered an even more stinging slap to Japan. Out of the blue, he announced that if Emperor Akihito ever expects to visit South Korea, he should first apologize for Japan’s colonial rule of the peninsula before and during World War II. Many Japanese regarded Lee’s words as an insult to the emperor, and Japan’s legislators once again asserted their country’s claim to the islets. Last week Prime Minister Yoshihiko Noda infuriated the South Koreans on another sore topic, saying there’s no evidence that proves Japan’s imperial army forced Korean women to work as sex slaves. This week South Korea intends to hold military exercises on the disputed islets, and Japan is pondering whether to scrap a currency-swap deal with Seoul.

takeshima
These volcanic outcrops pack a lot of trouble in a minuscule area. (Korea-pool / AFP-Getty Images)

The falling-out is cause for concern not only in Seoul and Tokyo but in Washington as well. Both are vital U.S. trading partners and America’s most important allies in Asia, but more than that: cooperation between them is essential in keeping North Korea in check. And yet their quarrel has grown downright juvenile. When Noda sent Lee a letter of complaint, the South Korean president declined to accept it, instead returning it via a Korean diplomat stationed in Tokyo. The Koreans later mailed Noda’s letter to the Japanese Foreign Ministry. “I’m sorry, but they’re behaving like kids in a scuffle,” said a disgusted Tsuyoshi Yamaguchi, Japan’s senior vice foreign minister. In the end, Tokyo accepted the letter’s return, rather than “tarnish the dignity of Japanese diplomacy,” as Noda put it—advising South Korean officials at the same time to cool their jets.

Japanese officials struggled to make sense of Lee’s actions. The Korean president had always been viewed as a pragmatist, more interested in building a “future-minded relationship” with South Korea’s third-largest trading partner than in dwelling on past misdeeds. “What happened to the guy?” Noda blurted out during a parliamentary session. The most popular explanation points to Lee’s approval ratings, which had sunk to a pitiful 17 percent. There’s a vicious cycle that has prevailed ever since the advent of democratic rule in the late 1980s. Every five years, a new president sweeps into office, pledging better relations with Japan. But by his third or fourth year in office, the administration gets ensnared in a corruption scandal, and the president becomes a lame duck. (In July, Lee found it necessary to apologize publicly for a scandal involving his brother.) To rescue what’s left of his presidency, he resorts to anti-Japan rhetoric, and relations with Tokyo deteriorate—a trend that has grown stronger, especially in the past decade.

(Page 2 of 3)
Lee, who happens to have been born in Osaka, may have felt a particular need to prove he’s not “pro-Japanese”—one of the most poisonous accusations in South Korea’s political vocabulary. As a measure of how deep that distrust runs, Lee’s national loyalties recently came into question because he seemed ready to sign off on a deal to help the two countries share military intelligence about their common enemy, North Korea. And in fact his standing in the opinion polls rose by roughly 10 points after his visit to the rocks. At the same time, however, Lee’s trip raises questions about his integrity as a statesman. With only six months remaining in his term, why would he jeopardize one of his country’s most important bilateral relationships in exchange for a mere blip in his approval ratings? Even members of his conservative Saenuri Party openly questioned whether his tactics were in South Korea’s national interest. “The president’s office is resorting to populism,” said lawmaker Choi Kyung-hwan, chief of staff to presidential candidate Park Geun-hye. “And the next president is going to have to pay the price.”

If the current feud is messy, the history of the islets is even messier. Although both sides claim to have documents dating back centuries proving that the rocks belong to them, they insist that the other side’s documents actually describe some other islands in the Sea of Japan. And the recent record is no less murky. In its 1951 peace treaty with the Allied Forces, Japan relinquished much of the Korean territory it had occupied during the war. But Tokyo argues that the islets were exempt from the deal: the Japanese declared them part of Shimane Prefecture in 1905—five years before they annexed the Korean Peninsula. The Koreans see it differently. In 1952, then-President Syngman Rhee unilaterally took control of the islets by declaring a maritime demarcation line, and two years later, Seoul sent troops to occupy the Liancourt Rocks. Tokyo calls that an “illegal occupation.”

Tokyo has proposed for decades that the two countries file the case for arbitration by the International Court of Justice in The Hague. Last week Seoul once again refused. The Koreans say there is no territorial dispute because the islets are theirs, and agreeing to a legal arbitration would only contradict this logic. But according to the Japanese, this only shows that deep down, Seoul suspects it might lose. “The Koreans are insecure about their claims under international law,” contends Hideshi Takesada, a Japanese professor of Asian studies at Yonsei University in Seoul. “That’s why they feel the need to take measures to strengthen their control of the island.”

In politically apathetic Japan, Takeshima is usually a low-profile issue, not a cause for flag-burnings or boycotts. For the Koreans, on the other hand, Dokdo is a sacred place that must be protected at all costs, a proud emblem of their independence from Japan’s colonial rule. “Besides being a territorial issue, Dokdo is about history,” says former foreign minister Song Min-soon. “To the Korean people, Dokdo bears a special, symbolic meaning—it symbolizes the 36-year occupation by the Japanese. Whenever Koreans hear of the Japanese government’s claim [over Dokdo], they see it as [proof of] Japan’s unapologetic attitude.”

That’s one more reason behind Lee’s trip: he’s said it was meant to teach Tokyo a lesson. As South Koreans see the situation, Japan hasn’t adequately atoned for the acts it committed in the first half of the 20th century—including, according to Seoul, the forcible employment of Korean women in military brothels. Lee was under pressure from the Constitutional Court of Korea, which found last year that the government isn’t doing enough to make Tokyo compensate the comfort women.

The South Koreans say the Japanese just don’t get it. The Japanese respond that the Koreans are unreasonably linking two entirely separate issues: rightful ownership of the Liancourt Rocks and justice for the comfort women. As Noda recently expressed it, speaking to the press corps in Tokyo, “The Takeshima problem is not an issue that should be discussed in the context of historical interpretation.”

It’s not that Japan is oblivious to its dark past, or unrepentant. Although the country’s right-wing politicians may dispute the details of its imperial past, most Japanese recognize that many terrible acts were committed in their country’s name. Nevertheless, even those ordinary people are running out of patience with Seoul’s demands for apologies. As they see it, Japanese prime ministers have apologized over and over. The Japanese government actually set up a special fund back in 1995 to compensate the comfort women. It ended in failure after right-wing activists in South Korea persuaded several former comfort women not to accept the money, claiming that it wasn’t an “official” compensation or apology from Japan.

(Page 3 of 3)
Ordinary Japanese are baffled by the Koreans’ attachment to the islets. Since 2005, when Seoul began allowing tourists onto the islets, visits—pilgrimages, some say—have become hugely popular. Last year alone, some 180,000 people made the arduous trip. In 2010, civic groups, together with the Korean Federation of Teachers’ Associations, declared Oct. 25 to be Dokdo Day, an annual occasion for teaching the nation’s schoolchildren to love the remote island outpost. (Japan’s Shimane Prefecture celebrates a Takeshima Day). Broadcasters go so far as reporting on the weather there, and some television stations end their daily broadcasts with a video clip of Dokdo as the national anthem plays.

Activists and political organizers have been holding “Dokdo awareness” events around South Korea. At a July gathering in Seoul promoting corporate social responsibility, small children were encouraged to write “I love Dokdo” on cookies. And after Lee’s August visit, a group of singers, actors, and college students braved the strong currents and made a 220-kilometer relay swim to the rocks. So far the demonstrations haven’t matched the extremes seen in March 2005, when a pair of protesters each chopped off one of their fingers outside the Japanese Embassy in Seoul, and another Korean set himself on fire. But the sense of outrage has not gone away. Last week a protester in Seoul was arrested for throwing two plastic bottles filled with feces at the embassy. (He reportedly turned out to be a man who had previously severed one of his fingers and mailed it to the embassy.)

In the face of such nationalistic fervor, the South Korean government can scarcely back down. In fact, Lee’s visit to the rocks has raised the ante for any future South Korean presidents who may seek to prove their conservative credentials. Conservative presidential candidate Park, the daughter of assassinated dictator Park Chung-hee, has already said she will consider visiting the islets if she’s elected in December. In the context of South Korean politics, her family background is a powerful incentive to prove herself 100 percent Korean, untainted by “pro-Japanese” attitudes: her father was a cadet at the Imperial Japanese Army Academy during the war, and two decades later, as South Korea’s president, he’s the one who normalized relations with Japan. His daughter can scarcely afford to give ground on the islets, even if she thinks it’s the sensible thing to do.

There seems to be no way out, at least for the foreseeable future. Tokyo and Seoul could conceivably decide to shelve the issue and muddle through, as they did after they normalized relations some 50 years ago. It wouldn’t really solve the problem, but at least it seems doable. Alternatively, an exasperated Park Chung-hee is said to have suggested a more drastic approach at the time of the normalization talks: just blast the islets into oblivion. Neither government is likely to buy that idea. But if those rocks are going to keep causing so much trouble between the two Asian frenemies, it might be the only real solution.

With Toshiyuki Chiku in Tokyo and Jinna Park in Seoul

Google 翻訳

なぜ日本と韓国はロックスのクラスタ上反目しています
2012年9月3日12時34分AM EDT

あなたは独島を言う、私は竹島は...の内容全部をオフと呼ぶことにしましょう​​と言う。小島の小さな塊は瀬戸際に両国をプッシュします。
PrintEmailComments(684)
(3枚の1枚)
frenemiesは再びそれをしています。すべての彼らの長年の共通の利益にもかかわらず、日本と韓国は、ちょうど彼らの長い歴史と苦い過去の方法を見つけることができません。現時点では、彼らは、両国のmainlandsのいずれかから水を渡って、日本海から約210キロを突き出た火山の露頭の荒涼とした少しのクラスタ上に愛憎葛藤に焦点を当てています。総称して竹島(狭義1849年にそこに難破されて避けフランス捕鯨船にちなんで名付けられた)として竹島( "竹島")として、独島、韓国( "ロックアイランド")で、西に日本で知られている、島は面積未満で19ヘクタールを合計。しかし、日本と韓国の心の中で、彼らは未解決の苦情の数十年を網羅するのに十分な大きさで成長しました。
これはささいな欠点の膵島が危機を引き起こしたのは今回が初めてではありません。戻る2006年4月に、韓国の当時の盧武鉉(ノ·ムヒョン)大統領は、近くの海底のマッピングから日本沿岸警備船を防ぐために砲艦を送信し、力を脅した。ウィキリークスによって開示された米国務省のケーブルによると、ワシントンはソウルは "狂気何かをする。"恐れていたその後、トーマス·シーファー、東京へのアメリカの大使は、 "韓国人は非合理的行動している"当時の日本の外務次官を告げ、彼に警告それは彼が促したとして、韓国人と日本人がやっとでした "誰もが。オフにバックアップする必要がある"と、状況は冷却した。
この時間は、しかし、物事はどちらの側がそのナショナリストposturingsから引き下がることができるかもしれないので、乱雑になっている。彼はこれまで係争の島を訪問するために彼の国の最初の指導者になったときに、8月初めに、韓国の李明博大統領は日本のために赤い線を越えた。韓国のサッカー代表チームが、ロンドン大会とその後、試合終了のホイッスルの後、韓国代表MFがピッチに立っていたと宣言する看板を掲げ "でブロンズメダルマッチで日本を破った日本の恨みだけで、翌日に悪化独島は私たちの領土である。 "(プレイヤーがメダル授与式から締め出され、彼の賞は、国際オリンピック委員会とFIFA、サッカーの国際統括団体による事件の調査を保留して源泉徴収されていたが、彼がなぜ兵役が免除とされています彼の国のワールドカップチームに命名しました。)
四日間岩に李氏の驚きの旅の後、大統領が日本へ、さらに刺平手打ちを納入しました。突然、彼は明仁天皇は今まで韓国を訪問することを想定しているなら、彼が最初に第二次世界大戦の前と中に半島の日本の植民地支配に対して謝罪しなければならないことを発表しました。多くの日本人は、天皇への侮辱として李氏の言葉をみなされ、日本の国会議員は再び小島に自国の主張を主張した。先週、内閣総理大臣野田佳彦は、日本の帝国軍が韓国人女性が性奴隷として働かさ証明する証拠がないと言って、別の痛い話題で韓国人を激怒させた。今週韓国は係争小島で軍事演習を開催する予定で、日本は韓国との通貨スワップの契約を廃止するかどうかを熟考されています。

これらの火山の露頭では、非常に小さい領域で多くの問題を詰める。 (韓国·プール/ AFP - ゲッティイメージズ)

同様に不和がソウルと東京ではなく、ワシントンだけでなく懸念の原因となっています。どちらも、非常に重要な米国の貿易相手国とアジアにおける米国の最も重要な同盟国であるが、それ以上に:それらの間の協力は、チェックで北朝鮮を維持するのに不可欠です。そして、まだ彼らの喧嘩は実に少年に成長しています。野田リーに苦情の手紙を送ったときに、韓国大統領ではなく東京に駐在する韓国の外交官を介してそれを返して、​​それを受け入れることを拒否した。韓国人は後に日本外務省に野田の手紙を郵送した。 "すみませんが、彼らはもみ合いの中で子どものように振る舞っている"とうんざり剛山口、日本の外務副大臣は語った。結局、東京は野田が同時に韓国当局は彼らのジェットを冷却するためにITをアドバイス置くとして、 "日本外交の尊厳を傷つける"のではなく、手紙のリターンを受け入れた。
日本の当局は、李氏の行動の意味を理解するのに苦労しました。韓国の大統領は、常に過去の悪行についての住居に比べて韓国第三位の貿易相手国との "未来志向の関係"を構築することの方に興味現実主義者として見ていました。 "男の人に何が起こったか"野田は国会中に口走った。最も人気のある説明哀れな17%に沈んでいた李氏の支持率を指す。 1980年代後半の民主的ルールの出現以来勝っていたの悪循環があります。五年ごとに、新大統領は日本との関係改善を約束し、オフィスにスイープします。しかし、彼の第三やオフィスで四年目で、政権は汚職スキャンダルにわなにかけ、大統領はレイムダックになるさ。 (7月には、李氏は弟をスキャンダルのために公に謝罪することが必要と認められる。)彼の大統領職の残っているもの救出するために、彼は反日レトリックに頼ると、東京との関係が悪化し、特にに強く成長してきた傾向を、過去十年間。

(3ページ中の2ページ目)
大阪で生まれてきたことを起こるリーは、彼が韓国の政治的語彙の中で最も有毒な非難の "親日"-1ではないことを証明するための特定の必要性を感じている可能性があります。彼は2つの国が彼らの共通の敵、北朝鮮に関する軍事情報を共有するための契約をサインオフする準備ができそうなので、その不信感がどのように実行するか深いの尺度として、李氏の国家忠誠は最近問題になった。そして、実際に世論調査で彼の地位は岩を訪問した後、約10ポイント上昇しました。しかしながら、同時に、リーの旅行は政治家としての彼の整合性に関する問題を提起している。任期内に残っているわずか6ヶ月で、なぜ彼は、彼の支持率の単なるブリップと引き換えに彼​​の国の最も重要な二国間関係の一つを危うくするだろうか?彼の保守Saenuri党のメンバーでも、公然と彼の戦術は韓国の国益にあったかどうか疑問を呈した。 "大統領のオフィスはポピュリズムに頼られ、"議員チェ·ギョンファン、大統領候補の朴槿恵に参謀長は述べた。 "そして、次の大統領は、価格を支払わなければならないとしている。"

現在の確執が面倒であれば、島の歴史があってもごちゃごちゃにします。両側は岩が彼らに属し、彼らは反対側の文書は、実際に日本海の他のいくつかの島々が記述されていることを主張することを証明する何世紀にさかのぼる文書を持っていると主張するが。と最近の記録が少ない暗いではありません。連合軍との1951年の平和条約で、日本はずっとそれが戦争中に占領していた韓国の領土を放棄した。しかし、東京は小島が取引の対象から除外されたと主張している:彼らは朝鮮半島を併合する前の日本人は1905年の5年間で、彼らに島根県の一部を宣言した。韓国人は異なって、それを参照してください。 1952年、当時の大統領李承晩が一方的に海上境界線を宣言することにより、膵島の制御を取った、そして2年後、ソウルは竹島を占めるように軍隊を送った。東京では、 "不法占拠"と呼んでいます。

東京には2つの国はハーグの国際司法裁判所での調停のために訴訟をすること数十年前から提案している。先週ソウルは再び拒否した。韓国人は小島が彼らであるため、全く領土問題は存在しないと言って、法的仲裁に同意するだけで、この論理に反するでしょう。しかし、日本人の、その下に深いこれだけ番組によると、ソウル市は、それを失うかもしれないと疑っている。 "韓国人は国際法の下で、彼らの主張に不安です"と、英志Takesada、ソウルの延世(ヨンセ)大学アジア研究の日本人教授は主張する。 "彼らは島の支配を強化する措置をとる必要性を感じている理由です。"

政治的に無関心な日本では、竹島は通常、ロープロファイルの問題ではなく、フラグ-放火やボイコットの原因となっています。韓国人の場合、他の一方で、独島はすべてのコストで保護されなければならない神聖な場所で、日本の植民地支配からの独立性を誇りにエンブレムです。 "領土問題であるだけでなく、独島は歴史についてですが、"宋旻淳(ソン·ミンスン)元外相は述べています。 "韓国人にとって、独島は特殊な、象徴的な意味を、それがクマの日本人による36年間の占領を象徴しています。韓国人が日本政府の主張を聞くたびに[独島上空]、彼らは日本の悪びれ​​ない態度[の証拠]としてそれを参照してください。 "
それはリーの旅の背後にもう一つの理由です:彼は、それが東京のレッスンを教えるためのものだったと言われています。韓国人は、状況を見ての通り、日本は十分にソウル、軍の売春宿で韓国人女性の強制的な雇用によれば、20世紀を含む年上半期の行為のために贖われていません。李氏は、政府が東京は慰安婦を補償するために十分にやっていないことを昨年発見、韓国の憲法裁判所からの圧力の下にあった。

韓国人は、日本人がそれを取得していないと言う。従軍慰安婦のための竹島と正義の正当な所有権:日本人は朝鮮人が不当に2つのまったく別の問題をリンクされていることを応答します。野田は最近、東京で記者団に話し、それを表明しているように、 "竹島問題は歴史的な解釈の文脈で議論されるべき問題ではありません。"
それは、日本が暗い過去に気づかないか、頑固であることではありません。国の右翼政治家がその帝国の過去の内容を争うことができるが、ほとんどの日本人は、多くの恐ろしい行為が自国の名において行われたとしたことを認識しています。それにもかかわらず、それらの普通の人々は、謝罪のためにソウルの要求に忍耐が不足している。彼らがそれを見ての通り、日本の首相は終わっ謝罪し、オーバーしている。日本政府は、実際に慰安婦を補償するために1995年に特別基金を設定します。韓国の右翼活動家は、それが日本からの "公式"の補償や謝罪はなかったと主張して、お金を受け入れないようにいくつかの元慰安婦を説得した後、それは失敗に終わった。

(3ページ中の3ページ目)
普通の日本人は小島に韓国人の愛着に困惑されています。ソウルは小島の上に観光客を許し始めた2005年、訪問·巡礼以来、いくつかは言う、絶大な人気となっている。昨年だけでも、約18万の人々が困難な旅をした。 2010年には、一緒に市民団体、教員団体の韓国連盟とは、独日、離島の前哨基地を愛するように国の小学生を教えるための毎年恒例の行事であることが10月25日を宣言した。 (日本の島根県が竹島の日祝い)。放送事業者は、そこに天候に報告するなど、これまで行って、いくつかのテレビ局が国歌を再生すると、独島のビデオクリップと、日常の放送を終了します。

活動家や政治の主催者は、韓国の周りに "独島認識"イベントを開催しています。企業の社会的責任を推進し、ソウルの7月の会合では、小さな子供たちはクッキーに "私は独島を愛する"を書くことが奨励された。とリーの8月の訪問後、歌手、俳優、大学生のグループは強い流れに立ち向かいや岩に220キロリレースイムを行いました。これまでのところデモは抗議者のペアはそれぞれがソウルの日本大使館の外で自分の指の一つを切り落とし、2005年3月に見られる極端にマッチしておらず、別の韓国人は火に自分自身を設定します。しかし、怒りの感覚が無くなっていません。先週ソウルで抗議者が大使館で糞で満たされた2ペットボトルを投げて逮捕された。 (彼は伝えられるところによれば、以前の彼の指を切断して大使館にそれを郵送していた男であることが判明。)

そのような国家主義的な情熱の面では、韓国政府はほとんど引き下がることはできません。実際には、岩に李氏の訪問は彼らの保守的な資格を証明しようとする可能性のある将来の韓国の大統領のための賭け金を調達している。保守党の大統領候補パーク、暗殺独裁者朴正熙(パク·チョンヒ)の娘は、すでに彼女は12月に選出されている場合、彼女は島を訪問を検討すると述べている。彼女の父は戦争中に日本の陸軍士官学校で士官候補生だったし、2年後:韓国政治の文脈では、彼女の家族の背景には、彼女自身 "親日的"態度によって染まっ韓国の100%を、証明するための強力なインセンティブである韓国の大統領として、彼は日本との国交正常化一つだ。彼の娘はほとんど彼女がそれを行うために賢明なことだと思っている場合であっても、小島の地面を与える余裕はない。

少なくとも当分の間、外に方法はないように思われます。彼らは国交正常化後に行ったように東京とソウルは多分いくつかの50年前に、問題を棚上げし、何とかやっていくと決めることができました。それは本当に問題の解決になりませんが、少なくともそれはなんとか思える。あるいは、怒りに満ちた朴正熙(パク·チョンヒ)は、国交正常化交渉の際に、より抜本的なアプローチを提案したと言われています:ただ忘れ去られた島を爆発。どちらの政府がそのアイデアを購入する可能性があります。それらの岩石が2アジアfrenemies間であまり大きなトラブルを引き起こし続けるしようとしている場合しかし、それは唯一の真の解決策になるかもしれない。

東京俊之チクチクとソウルでJinnaパークと
関連記事
竹島 | 【2012-09-14(Fri) 21:40:09】
Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/22(木) 08:30:38.71 ID:35vvsZev0● ?PLT(12051) ポイント特典数百年前の地図から独島と 'Sea of Korea'を発見―韓国発表日本が独島(トクト)...
【2012-11-22 Thu 15:00:32】 | 【2ch】ニュース速報嫌儲版
くまック時計
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉