プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
ゴール・・・
抗癌剤の治療開始(8月5日)からほぼ二週間が経過した。

三日目の8月8日、副作用が出始める。

骨髄抑制、白血球の値が一時「800」に減少する。

白血球の正常値は「4000~10000」とのこと。

感染症が懸念された。

8月12日、白血球の値が「1800」に。

8月13日、「7800」まで回復する。

8月18日、脱毛が目立つようになる。

思えば最後に食事を口にしたのが8月8日。

以後、点滴治療のお世話になる。

8月21日、12日ぶりに僅かながらも食事を口にする。

説明文書

ドセタキセル → 味覚障害がでやすい。2週間程度でやわらいでくると思われる。
高齢者が抗癌剤を使用すると副作用は出やすい。
数ヶ月の余命延長の為に抗癌剤治療をするということになる。
高齢者に効果があると言われているのはドセタキセルの他にはナベルビンいう薬だが、これは骨髄抑制が強いので、減量して行う必要がある。
抗癌剤を使用して小さくなるのかはやってみないとわからない。
抗癌剤をやらずに、何か症状がでてきたときに緩和というのも一つの選択肢。

ナベルビン  骨髄抑制 神経障害 血管炎

来週の抗癌剤は行うかどうかはご本人との相談。
量は減らすが、味覚障害はでる。

1度体力の改善を待ってから、もう一度というものも可能。
数ヶ月の余命延長の為にご本人の生活の質をおとすことが本当に良いことなのか、ご本人と家族がゴールをどこにもっていくかだと思う。
体力回復を待ってからもう一度次の治療を考えてもいいのではないでしょうか。
今は癌は限局しているので、余後に関してはコメントは難しい。もともとの肺の病気もあるので、どちらが余後を決めるかというようながんの状態。

“ナベルビン(ビノレルビン)pdf”

今回の抗癌剤治療は「2クール」がワンセット。

「1クール」は終了した。

週明け、「2クール」目の治療開始予定。

父は昭和2年生まれの82歳。

体力、そして気力の衰えが目立ってきている。

「数ヶ月の余命延長の為に抗癌剤治療をするということになる」

「数ヶ月の余命延長の為にご本人の生活の質をおとすことが本当に良いことなのか」

はてさて…
関連記事


つれづれなるままに | 【2009-08-23(Sun) 12:16:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉