プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
抗癌剤治療(化学療法)
本日(5日)より抗癌剤治療開始。
処方する“抗癌剤”“ドセタキセル(タキソテール)pdf”とのこと。

以下は担当医師による“インフォームドコンセント(IC)”。

説明文書

初めての治療なので、入院して治療を開始し、副作用などをチェックします。以降、とくに問題がなければ外来で抗癌剤を継続していくことになります。
肺癌の抗癌剤治療、2剤併用で行うことが多い

75才以上、高齢者に関しては2剤で行っても単剤で行っても予後に変わりがないという研究結果がでているので単剤で行う方がいい。
縮小効果が上回っているドセタキセル単剤で今回はやってみようと考えている。
単剤でも副作用はある。
消化器症状〔食欲↓ 気持ち悪い 口内炎(ドセタキセルに多い)etc.〕
骨髄抑制 → 感染
毛が抜けてくる
アレルギー ← 一日目に出やすい

どの時期にどの位の副作用がでてくるかというのをしっかりチェックする。
→ 3週間ぐらいの入院の予定

治療効果はすぐに出てくるものではない。2コース終わった時点でCTで評価。2コース目終了時点で憎悪みとめられたり、日常生活に支障でる副作用ある場合などは薬を変更。効果あればこの薬を継続

抗癌剤をつづける為には体力が大事。食べられる時にしっかり食べましょう。


はてさて“効果”は…。
関連記事


つれづれなるままに | 【2009-08-06(Thu) 00:34:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉