プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
Biber: Mystery Sonatas
"注文していたCD"がようやっと届いた。

Biber: Mystery Sonatas
リナ・トゥール・ボネ(Lina Tur Bonet
20191029714bBsVsGNLSL1500.jpg
Pan Classics PC10329

それから、

CD棚を整理していたらもう一セット(2枚組)出て来た。

Biber: Mysterien Sonaten
アリス・ピエロ(Alice Piérot
2019110751tRN1jGfLL.jpg
Alpha Productions ALPHA-038

"Manze盤"も加えて"Biber: Mystery(Rosary) Sonatas"のCDは都合三枚(セット)。

Biber: The Rosary Sonatas
アンドルー・マンゼ(Andrew Manze
20191029717FTYjmWuLACUY327QL65ML3.jpg
Harmonia Mundi HMU907321

この楽曲をあらためて聞き直してみると、

他の演奏(殊に第10番"磔刑")も聴きたくなってしまった。

ということで、

Biber: Mystery Sonatas
ジョン・ホロウェイ(John Holloway
2019110861Iyh2o99-L.jpg
Virgin Classics VBD5620622

Biber: The Rosary Sonatas
エレーヌ・シュミット(Hélène Schmitt
2019110851E-hvLDQrL.jpg
Aeolus AE10256

そして、

Biber: The Rosary Sonatas
パヴロ・ベズノシウクPavlo Beznosiuk
2019110881N0__eUe9LSL1200.jpg
Avie AV0038


それぞれが個性のある演奏で素晴らしい。

とはいえ、

結局、

"アリス・ピエロ(Alice Piérot)"さんの演奏を繰り返し聴いている。

私にとって、

一番心地よい演奏だ。

因みに、

アンドルー・マンゼさん、パヴロ・ベズノシウクさん、ジョン・ホロウェイさんは男性。

リナ・トゥール・ボネさん、アリス・ピエロさん、エレーヌ・シュミットさんは女性である。

偏見かもしれないけれども、

この楽曲は、

"女性演奏家"によく似合う。

それにしても、

"リナ・トゥール・ボネのCD(Pan Classics盤)"にはがっかりした。

演奏がどうのこうのではなく、

"音が作られ過ぎ"だ。

"演奏は力強く個性的で素晴らしい"のに、

"録音エンジニア(プロデューサー)"が作品をダメにした思う。

残念だ。
関連記事


つれづれの音楽 | 【2019-11-18(Mon) 20:31:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉