プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
プロパガンダ施設の「南京大虐殺記念館」
 「3枚」だけ?
 とはいえ、少しは“進歩”したと考えるべきか。
 それにしても「3枚の写真」の内、「日本兵に惨殺された幼児たち」の写真だけは当該の記事に掲載されていない。
 目を覆いたくなる“写真”ではあるけれども、敢えて“転載”させていただくことにした。
 この「日本兵に惨殺された幼児たち」の写真は、『…朝鮮現代史の学術書に掲載されたもので、匪賊(ひぞく)(盗賊集団)に殺された朝鮮の子供たちの遺体。…愛国主義教育の“模範基地”と指定される同館は「悲惨な史実」と紹介してきた』 という経緯がある。
 このような“偽造写真”を数多く展示している“プロパガンダ施設”に「日本の修学旅行生らも訪問している」ことには憤りを感じるが、おそらく「日教組」か「在日」がらみの「修学旅行」なのであろう。
 はたして、「日本軍の蛮行」とされていたものが、実は「中華な民(シナ人or朝鮮人)の蛮行」であったことを知らされた「朝鮮人の末裔」の方々はどのような感慨を抱くのであろうか。
 何れにしろ、「中華な人々」とは違い、「誠」を掲げる「日本人」には、とても出来ない「蛮行」であり、「プロパガンダ」でもある。

“南京大虐殺記念館、信憑性乏しい写真3枚を撤去” msn産経ニュースより
2008.12.17 21:04

20081217msnsankei01〔写真; 南京のものとして展示されていた「上海南停車場」の写真〕

 中国・南京市にある南京大虐殺記念館が、信憑(しんぴょう)性が乏しいと指摘されていた写真3枚の展示を取りやめたことが17日、政府関係者の話で明らかになった。「連行される慰安婦たち」「日本兵に惨殺された幼児たち」「置き去りにされ泣く赤ん坊」の3枚で、日本の研究者らは南京事件と無関係だと指摘していた。中国が同館の展示について“是正”に応じたのは初めて。ただ、30万人という犠牲者数の掲示や“百人斬(ぎ)り”など事実関係の疑わしい展示多数はそのままになっている

20081217msnsankei02〔写真; 慰安婦連行の場面として展示されていたアサヒグラフの写真「日本兵に守られて農作業から帰宅する女性や子供」

 撤去された3枚の1枚は、南京攻略戦の前に撮られ、「アサヒグラフ」(1937年11月10日号)に掲載された写真で、農作業を終えたあと、兵士に守られて帰宅する女性や子供が写っている。これを中国側は旧日本軍が女性らを連行する場面と紹介し、「農村婦女は連れ去られ陵辱、輪姦、銃殺された」と説明していたこの写真は戦後、朝日新聞記者、本多勝一氏の著した『中国の日本軍』や中国系米国人作家のアイリス・チャン氏の著書『ザ・レイプ・オブ・南京』でも、残虐行為と関連づけて紹介されるなど、国内外で繰り返し誤用されてきたことで知られる

20081217msnsankei03〔※写真; 日本軍の蛮行の証拠写真として展示されていた「日本兵に惨殺された幼児たち」の写真〕

 また、幼児たちの写真は、朝鮮現代史の学術書に掲載されたもので、匪賊(ひぞく)(盗賊集団)に殺された朝鮮の子供たちの遺体赤ん坊の写真は米誌「ライフ」に掲載された報道写真で、撮影地は上海。いずれも南京の旧日本軍とは関係ないが、愛国主義教育の“模範基地”と指定される同館は「悲惨な史実」と紹介してきた

 日本側は、事実無根だったと判明している“百人斬り”関係の展示品のほか、誤用や合成と指摘されている写真について、さまざまなルートを通じて撤去を求めてきたが、これまで同館は応じていなかった。

 85年に開館してからの同館の参観者の累計は1897万人。日本の修学旅行生らも訪問している。

“「南京事件」143枚の写真”より(参考; “教科書が教えない歴史”
関連記事


大東亜戦争 | 【2008-12-18(Thu) 02:19:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉