プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
サブシステム
令和元年六月十八日現在。


〇サブシステム


SACDプレイヤー

DENON DCD-CX3
20180518DCD-CX3_D.png
外形寸法 幅300×高さ80×奥行310mm 重量 7.0kg


プリメインアンプ

DENON PMA-CX3
20190518EPMA-CX3.png
外形寸法 幅300×高さ80×奥行341mm 重量 5.5kg


スピーカー(シングルワイヤー)

VICTOR SX-V1-M+LS-V1-M
20190518sx-v1-m.jpg
外形寸法 幅200×高さ340×奥行263mm 重量 8.0kg
※スピーカースタンド LS-V1-M:外形寸法 幅260×高さ525×奥行330mm 重量 ーkg


コネクターケーブル

ACROTEC 8N-A2080 RCA(0.6m)×2本(※ラインケーブルで音が変わることを教えてもらった師匠)
20190612acrtec8nrca1.jpg
※このケーブルの印象について、"あるブログ"に「高画質デジタル写真を良く撮れたアナログ写真調に程よく変換した感じ」と書かれていた。正に、言い得て妙。同感である。
※メーカーの説明書きには"8N素材自体に方向性はない"と記されてはいるけれども、このサブシステムでは"方向性"で若干の音質傾向が違うように感じられたので、単純に"好み"で"ホワイトゴールドリング(シルバー)"側を送信側(DCD-CX3)に"ゴールドリング"側を受信側(PMA-CX3)へ接続した。


電源ケーブル

"自作ケーブル"
Acrolink 6N-P4030(4.0m)×1本(※パワーケーブルで音が変わることを教えてもらった師匠の親戚)
Acrolink 6N-P4020Ⅱ(1.5m)×1本
Ortofon 7N-PSC 3.5S(1.5m)×1本


スピーカーケーブル

ACROLINK 6N-S1040(1.8m)×2本(※スピーカーケーブルで音が変わることを教えてもらった師匠)
20190617b010951121362740.jpg

20190617333bc6.gif


パワー(コンセント)タップ

the j1 project PT-4 ×1台
20190618audiopowerdistributionthej1projectpt4.jpg



因みに、

"サブシステム"の"音決め(調整)"に使用したCD。


煙が目にしみる
Eddie Higgins 、 Scott Hamilton

20190602zaP2G2508045W.jpg
SUPER AUDIO CD【SACD(シングルレイヤー)】
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND



はっきり言って、

今般の"音決めの基準"は、

ヒギンズさんのピアノもさることながら、

"スコット・ハミルトンさんのテナーサックスの音色"。

尚、

サブシステムのセットアップにかかった費用は、

"厚さ5mmの天然ゴム系スポンジ"×2枚と、

"厚さ3mmの天然ゴム"×2枚、

サイズは 300mm×300mm。

そして、

以前使用していた"吸音材"を壁に張り付けるために買った"両面テープ"。

トータルで2,107円(消費税込み)。

とりあえず、

これで、

一段落。
関連記事


つれづれの音楽 | 【2019-06-18(Tue) 19:33:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉