プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
マッチポンプ報道?
 韓国の“聨合ニュース”の記事によれば、

『町村信孝官房長官が29日、同日の韓昇洙(ハン・スンス)首相の独島訪問に「適切でない」との反応を示したことに対し』

 韓国側の政界や一部の国会関係者が「妄言」であり、「挑発」であり、尚且つ「明白な内政干渉であり、非常に危険な発言」だと非難しているらしい。
 さらに「われわれが自国の土地を訪れるのに何の問題があるのか」とか「日本の首相や閣僚が日本の土地を訪問した際に韓国が問題視したことがあるかと反問」さえもしているらしい。
 加えて、「韓日関係が偽りのない新時代を開くためには、日本が独島への野心そのものを捨てれば良い」とか「日本の反応は度を越している」などと、支離滅裂な事実誤認も甚だしい身勝手な発言を行っているようだ。

“町村官房長官の「独島訪問不適切」発言、政界が反発” 聨合ニュース
2008/07/30 12:03 KST

【ソウル30日聯合】町村信孝官房長官が29日、同日の韓昇洙(ハン・スンス)首相の独島訪問に「適切でない」との反応を示したことに対し、政界は「内政干渉」との批判を強めている。
 ハンナラ党の尹相現(ユン・サンヒョン)報道官は30日に論評を通じ、町村官房長官の発言は「妄言」であり「挑発」とし、「明白な内政干渉であり、非常に危険な発言」だと主張した。「われわれが自国の土地を訪れるのに何の問題があるのか」としながら、日本の首相や閣僚が日本の土地を訪問した際に韓国が問題視したことがあるかと反問した。

 続けて、「韓日関係が偽りのない新時代を開くためには、日本が独島への野心そのものを捨てれば良い」とし、表では未来志向的な新時代をうんぬんしながら、裏では歴史歪曲(わいきょく)や領土主権侵害で両国関係の足を引っ張るというやり方をすぐさま中断すべきだと主張した。

 一方、民主党の金裕貞(キム・ユジョン)報道官も同日の会見で、「日本の反応は度を越している」と指摘、こうした態度を座視できないと述べた。


 そもそも町村信孝官房長官は何と語ったのか。

「適切でない」=韓国首相の“竹島訪問-町村官房長官” 共同通信

 町村信孝官房長官は29日午後の記者会見で、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)を韓昇洙韓国首相が訪問したことについて「こういう形で(立場の)違いをあおる行動はあまり適切なものとは思わない」と不快感を示した。その上で「いずれにしても冷静に対応していくことが大切だ」と強調した。
 政府としては、韓国側に自制を呼び掛ける一方、表立って抗議の意思を示すことは控え、冷静な対応に努める方針だ。(2008/07/29-20:16)


 おそらく、この“共同通信社”の報道を受けての記事なのであろう。何せ“聨合ニュース”の東京支社は共同通信本社ビル内にあるらしいので。
 因みに、“msn産経ニュース”では以下のような内容になっている。

“町村長官「特段の反応必要ない」 米政府、竹島『主権未確定』に変更で” msn産経ニュース
2008.7.29 19:01

 町村信孝官房長官は29日の記者会見で、米政府機関の地名委員会が竹島(韓国名・独島)の領有権を「韓国領」から「主権未確定」と変更したことについて、「米政府の一機関のやっていることに対し、いちいちコメントをしたり、特段の反応したりする必要はない」と述べた。

 また、韓国の韓昇洙首相が同日竹島を訪問したことに関しては立場の違いは国によってあるが、双方が冷静に対処して日韓新時代を築くという基本的な考え方がある。こういう形で違いをあおる行動はあまり適切なものとは思わない」と述べ、韓国政府に冷静な対応を求めた。


 少なくとも“聨合ニュース”の元になっている発言は、町村信孝官房長官が29日に行った記者会見での発言の一節ではあるらしいが、「立場の違いは国によってあるが、双方が冷静に対処して日韓新時代を築くという基本的な考え方がある」という、私から見れば、“最も重要な発言”が“共同通信”の記事からは抜けている。
 このように、「適切なものとは思わない」という“言葉尻”を捉えて“記事を脚色”することはよく報道機関がやる手である。是非とも惑わされないようにしたいものだ。特に大手マスメディアの中では“朝日新聞”、“毎日新聞”、“共同通信”の報道には注意が必要だ。
 それにしても、町村官房長官は何も間違ったことは言ってはいない。極めて当たり前の“大人の話”をしただけであろう。
 とはいえ、相手が“子供(未熟)”だと斯様に話は通じなくなる。困ったものだ。
 参考までに“msn産経ニュース”の記事を基にして少し整理してみると、

「立場の違いは国によってあるが、双方が冷静に対処して日韓新時代を築くという基本的な考え方がある。こういう形で違いをあおる行動はあまり適切なものとは思わない」

 との町村官房長官の発言を、“聨合ニュース”は、『「適切でない」との反応を示した』と要約(?)し、“共同通信”は、『「こういう形で(立場の)違いをあおる行動はあまり適切なものとは思わない」と不快感を示した』と、意図的かそうでないかは別にしても、“前文をカット”して報道している。
 何れにしろ、隣国の韓国人は直ぐに“火病”を発症する民族でもあるので、もうそろそろ“マッチ報道”は止めて“ポンプ報道”に切り替えてはいかがであろうか。さもないと“大火”に発展してしまう恐れがある。
 何せ韓国の方々には“事実”さえ理解できない人たちが大勢いるようなので、一度火がついたら消すことは容易ではあるまい。下手をすると韓国人自身が大ヤケドをしてしまう。
 せめて、日本のマスメディアだけでも“ポンプ報道”をしていただきたいものである。一緒になって“マッチ報道”をくり返していても仕方があるまい。
 “事実”を一つ一つ報道していけば済むことだ。いくら“反日が儲かる”からといっても、事実を曲解したり、捏造したりして“マッチ報道”をくり返していても、何の解決にもなりはすまい。
 日本は多くを学んできた筈だ。事実を歪曲し、虚偽を奉ることがどれほどの不幸をもたらすものであるかを。今こそ事実に基づいて韓国へそのことを教えるときではなかろうか。“竹島問題”を通して韓国に“真の文明国”になってもらう。
 せめて、日本のマスメディアにはそのぐらいの意気込みを持って仕事をしてもらいたいものである。
関連記事


竹島 | 【2008-07-30(Wed) 22:11:56】
Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

福田康夫氏による町村留任記念に『アニオタが非オタの彼女にアニメ世界を軽く紹介するための10本』形式で町村信孝氏の発言をまとめてみようと思う。 下:参照記事 asahi.com:舛添厚労相・増田総務相は留任 経財相に与謝野氏 - 政治 asahi.com:首相、麻生氏に幹事長打診 
【2008-08-01 Fri 21:14:22】 | 北九州市立大学、ある学生のBlog
くまック時計
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉