プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
下関市教育長の発言問題
 以下の投稿は“博士の独り言”さんの“2008/07/13(日) 22:11:49 総連「日本人圧殺」一考 総連による「個」の集団圧殺”のごく一部である。
 未だに日本国内ではこのような策謀が“朝鮮総連”の手により行われている。そしてそれを幇助する日本の敗戦利得者集団がある。朝日新聞、毎日新聞、社民党、農水省労組等々が今回の騒動の共謀者でもある。そこに民主党、共産党、自治労、日朝友好連帯の会等々が呼応して支援しているらしい。

『朝鮮総連は、この日本の中に「北朝鮮」と謂う別国家を形成している。その機関紙の中に記される錚々たる政党、団体が、別国家形成の邪魔になる「個」、都合が悪い「個」の排除に加担し、この別国家のさらなる形成を支援しているのである。…』

 嶋倉教育長が一応の謝罪の前日(7月7日)には、社民党山口県連が同教育長の辞任を要求。また、先稿で紹介した省庁(農水省)労組による教育長糾弾の指示書「07全農林○○指示第130号」の発行が7月1日付であり、民主党山口県連が定期大会において「嶋倉剛教育長を糾弾する決議」の採択(6月29日)の直後であり、および共産党下関市議団による同教育長の辞任要求(7月1日)と重なっていたのである。時系列的にみれば、朝鮮総連の連日の抗議行動と、その抗議活動を煽(あお)るかに報道し“環境造り”に加担した毎日新聞、朝日新聞の報道と各党の決議、抗議行動、そして、この農水省内におけるこの「抗議行動の指示」はすべて連動していた、と認識すれば事の次第が判りやすくなる。


 今般の、いわゆる「下関市教育長の発言問題」は一人でも多くの日本人が知る必要があろう。どのような“工作”が日本国内において行われているか。それを知る為の良い事例となる。
 日本は日本人の手で守らなければならない。一人ひとりの日本人の良識がそのことを実現してくれることを願っている。
 是非とも“博士の独り言”さんを一読していただきたい。日本のマスメディアが報道しない“隠された現実”を凡人にも分かりやすく解説してくれている。
関連記事


凡人の独り言 | 【2008-07-14(Mon) 02:06:42】
Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

総連による「個」の集団圧殺 下関市教育長の妄言問題 山口で集会、民族教育権獲得へ幅広い運動を 在日同胞、各界の日本市民ら正式謝罪...
【2008-07-15 Tue 07:04:57】 | 博士の独り言
くまック時計
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉