プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
悪徳仲間
 こちらの国は過去の“恩”を忘れていないらしい。さすが、同床異夢(同夢?)の“ならず者国家”同志。“世界の嫌われ者”は不思議なことにお互い仲が良い。

平壌で五輪聖火リレー 混乱なく歓迎ムード一色 msn産経ニュース
2008.4.28 11:25

20080428.msnsankei.01〔写真; 平壌の主体思想塔前から第1走者のサッカー元北朝鮮代表の朴斗翼さんによってスタートする北京五輪の聖火リレー=28日午前(共同)〕

 【ソウル=久保田るり子】北京五輪の聖火リレーが28日午前、北朝鮮の平壌市内で、住民ら数万人が中国と北朝鮮の国旗を振るなどして沿道を埋め尽くし、大歓迎で出迎えるなかで始まった。北朝鮮での聖火リレーは初めて。長野やソウルでの聖火リレーは厳戒態勢のなか、負傷者や逮捕者が出るなど混乱したが、北朝鮮では歓迎ムード一色のなかで行われることになりそうだ。

 聖火は28日未明に韓国ソウルから空路、北朝鮮の平壌に運ばれた。北朝鮮では数日前から大がかりな歓迎行事を準備。

 平壌市内の主体思想塔広場で、午前10時から始まった出発式典には北朝鮮ナンバー2の金永南常任委員長が出席し、第1走者のサッカーの元北朝鮮代表で往年の名選手だった朴斗翼氏(71)に聖火リレーを手渡し、リレーがスタートした。このあと中国大使館や祖国解放戦争勝利記念館、平壌駅前などを通って午後3時過ぎに金日成競技場で終わる予定だ。

 最終走者は1999年陸上世界選手権のマラソン女子金メダルのチョン・ソンオクさん。

 北朝鮮の聖火歓迎は聖火リレーがチベット問題を契機に世界各地で起きている混乱のなか、北朝鮮の歓迎ぶりを世界に発信し、中朝両国の友好を印象付ける狙いがあるとみられる。

関連記事


アジアの特定三国 | 【2008-04-28(Mon) 17:54:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉