プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
火病の国
 “中華な国”の国民らしい。そして、“朝鮮民族”の末裔らしい。どちらも同じ“中華な民”。だから、どっちもどっち。
 それにしても“東方礼儀の国”の精神は何処へ行ってしまったのであろう。相手は宗主国であった“清の国”の後継国なのに、“迎恩門”“三跪九叩頭(さんききゅうこうとう)の臣下の礼”のことは忘れてしまったのだろうか。いくら挑発されたからといって、これでは“東方礼儀の国”の名が廃る。
 はたして、分かっているのだろうか。韓国が何故“東方礼儀の国”といわれたか。おそらく“歪曲・捏造史観”によって隠蔽されてしまっているのであろう。さもなければ、いくら“元宗主国”とはいえ、“中華な国のご主人様”にこんな失礼な対応ができるわけがない。

聖火リレー、ソウルも混乱 中国人の一部が騒動 msn産経ニュース
2008.4.27 18:13

20080427.msnsankei.01〔写真; ソウルのオリンピック公園前で、中国への抗議運動をしていた北朝鮮脱出住民支援団体に詰め寄る中国人ら=27日午後(共同)〕

 韓国の首都ソウルで27日午後、北京五輪の聖火リレーが行われた。出発地点のオリンピック公園には留学生を中心とする中国人数千人が集結。スタート直後に1000人以上が、公園のそばで北朝鮮脱出住民(脱北者)や支援者が開いたリレーへの抗議集会に詰め寄り、金属製の棒やペットボトルなどを投げ付けた。取材中の報道陣に負傷者が出た。

 また、聖火ランナーの前に飛び出そうとした男性1人や、道路脇にシンナーをまいて火を付けようとした男性2人が拘束された。北朝鮮の人権問題に取り組む団体の関係者らとみられる。

 聖火リレーは71人のランナーが22キロのコースをつなぎ、ソウル市庁前がゴール。警察当局は妨害や衝突防止のため約8300人を動員した。(共同)

関連記事


アジアの特定三国 | 【2008-04-27(Sun) 22:06:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉