プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
中華な国の確約
 はたして「確約」は守られるのであろうか。何だかんだと屁理屈をつけて「確約」は守られないのが普通である。あるいは“工作員”を使って“守れなかった状況”を作り出し「私は悪くない」と金切り声を上げて泣き叫ぶのが“中華な国の常識”でもある。
 何せ“灯火リレー”の目的が彼の国だけは“国家の威信”なのであるから“確約を守る守らない”等は“威信”の前に跪くしかあるまい。
 はてさて、如何なることか。もし“確約”を守れたとしたら“中華な国”も少しぐらいは“成長”していることを認めるとしよう。
 それにしても、今回も「ご迷惑をお掛けしております」と頭を下げることはしないのか。これだけ世界中に“迷惑”を掛けておきながら、詫びることもできない“中華な国”とは何処まで“礼儀知らずの傲慢な国”なのであろうか。

“「公権力の行使しない」 警察庁、中国側から確約 聖火防衛隊” msn産経ニュース
2008.4.25 11:24

20080426.msnsankei.01〔写真; ロンドンの聖火リレーでランナーに伴走する「聖火防衛隊」。日本では「公権力は行使しない」と確約したという(ロイター)〕

 泉信也国家公安委員長は25日の閣議後会見で、長野市の聖火リレーで「フレームアテンダント」と呼ばれる中国側の聖火管理担当スタッフ2人が伴走することについて「警察庁は中国側から『公権力の行使をしない』という確約を得た」と述べた。

 泉委員長は「(日本オリンピック委員会側から)リレーの円滑な実施のため、トーチの取り扱いに習熟したフレームアテンダント2人が必要との話があった」とし「警察としては決められた枠の中で安全な警備に全力を尽くす」と強調した。

 警備態勢については「中国人留学生を中心とする人たちや右翼団体の動きなど刻々と変化する状況の中で対応している」と話した。

関連記事


アジアの特定三国 | 【2008-04-25(Fri) 12:19:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉