プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
世界の常識
 少し前の記事。何れにしろ、矢張り、先ずは、

「ご迷惑をお掛けしています」

 と、せめて一度ぐらいは“中国(中華人民共和国)”“中華な方々”は世界へ向けて頭を下げるべきだ。

“欧米有力紙が斬る「北京五輪」” msn産経ニュース
2008.4.11 22:05

 中国によるチベット騒乱の鎮圧や聖火リレー騒ぎを欧米の新聞はどうみているのか。英米両国の代表的な新聞の論評を紹介する。

     ◇

 タイムズ(英、5日) 「五輪ボイコットは近視眼的であり、自滅的でもある。欧米が中国の近代化や国際化の祭典を台無しにすれば、中国はメンツを失うだけでなく、国際社会に背を向けるだろう」

 インディペンデント(英、8日) 「中国の警備隊や警察官に何重にも囲まれた聖火ランナーが、どれだけ不吉に見えるか、中国は予測しなかったのだろうか。もし、街頭からそれが見えないなら、いったい何のためのリレーなのだろうか」

 フィナンシャル・タイムズ(英、8日) 「冷戦期、開催国や参加国への抗議なしに五輪が行われたことはほとんどない。もし、国際オリンピック委員会(IOC)が北京でその流れを止められると考えたなら、あまりに無邪気だ」

 ニューヨーク・タイムズ(米、9日) 「反体制派の拘束とダライ・ラマに関するウソの流布をやめ、チベットでの信仰と文化の自由のための交渉を始めよ。スーダンの陰の助力者たる立場をやめよ。IOCとの約束を果たすべきだ」

 ロサンゼルス・タイムズ(米、9日) 「抗議行動は中国当局に対し、国際世論を国内のようには仕立てあげられないことを思いださせるものだ。中国はチベット弾圧だけでなく、残忍なスーダン政権援助への釈明も迫られる」

 ウォールストリート・ジャーナル(米、10日) 「中国国民はチベット人の権利のための欧米の奮闘に侮辱さえ感じている。聖火リレーへの抗議はこうした思考への自信を与えるのみならず、中国当局にナショナリズムのカードを切る口実にもなる」

関連記事


アジアの特定三国 | 【2008-04-24(Thu) 23:57:09】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

くまック時計
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉