プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
58年の"バンクーバーライブ"録音
二つのライブ録音。

個人的には、

じっくり聴き比べたわけではないけれども、

人間味溢れるこちら(バンクーバーライブ)の方が好きだ。


GLENN GOULD plays BACH vol.3
2019120881gYZ2a0ADLSL1399.jpg
IDIS IDIS6662(輸入盤)
【Live Recordings Vancouver ,July 23,1958

演奏時間:38:10


◎五つのゴールドベルグ(+1/64年)

①54年(ラジオスタジオ)、②55年(レコーディングタジオ)、

58年(バンクーバーライブ)、④59年(ザルツブルクライブ)、

⑤81年(レコーディングスタジオ/デジタル録音)。

[+64年(テレビスタジオ)]

Goldberg Variations | 【2019-12-10(Tue) 21:25:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
64年のゴルドベルグ
"全曲"ではないけれども、

収録されていた。

GLENN GOULD COLLECTION
20191209img56927086.jpg
Sony Records SRLM 990~5/6枚(12面)

⒈アリア
⒉第3変奏
⒊第6変奏
⒋第9変奏
⒌第12変奏
⒍第15変奏
⒎第27変奏

うん?

"こちら"はもう少し曲数が多いのだけれど・・・。

第18変奏、第21変奏、第24変奏、第30変奏の楽曲が、

"LDの収録曲"には見当たらない。

確認してみた。

結局、

部分的な演奏だからか、

編集されてカットされていた。

特に第18変奏等は好きな楽曲なので残念だ。



Goldberg Variations | 【2019-12-10(Tue) 20:12:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
カラー映像のゴルドベルグⅡ
不思議なことに、

"SACD盤"に比べ、

"音質"は明らかに劣るものの、

"LDのゴールドベルク"はより魅力的に感じる。

映像の力は強い。

あらためて視聴してみると、

その魅力に取りつかれてしまう。

この"LD盤"が、

これからの私の"愛聴盤"ならぬ"愛視聴盤"になりそうだ。

GLENN GOULD
THE GOLDBERG VARIATIONS
20191210966cc52840.jpg
Sony Records SRLM 1103/1枚(1面)


もちろん、

こちらにも収録されてはいるのだけれど、

GLENN GOULD COLLECTIONⅡ
2019120951c8awT1QgL.jpg
Sony Records SRLM 1082~3/2枚(4面)


"両面盤(2面)"よりも"片面盤(1面)"の方が扱い易い。

凡人の独り言 | 【2019-12-10(Tue) 19:30:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
カラー映像のゴルドベルグ
やはり気になるので、

面倒だが再度チェックしてみた。

テレビ(モニター)の裏面をよく見ると、

「"S1端子"と他の映像端子を同時には接続できません」との"注意書き"があった。

以前は"VHSビデオデッキ"と"テレビ"が"S1端子"でつながれていた。

"VHSビデオデッキ"側は外したけれども、

"テレビ(モニター)側"はそのままになっていた。

なので、

早速"S1端子"を外し、

再度端子のクリーニングを行い、

あらためて"映像ケーブル"を接続し直してみた。

すると、

あら不思議、

"カラー映像"になった。

グレン・グールドさんが色(気)付いた。

シャツは濃紺系。

メガネはブラウン。

やはりカラーはよい。

Goldberg Variations | 【2019-12-10(Tue) 18:42:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
違和感・・・
昨日セットアップした"LDプレイヤー"で、

バッハのゴールドベルク(81年)を再生してみた。

GLENN GOULD COLLECTIONⅡ
2019120951c8awT1QgL.jpg
Sony Records SRLM 1082~3/2枚(4面)

何か違和感・・・。

早速"YouTube"で確認。

結果、

やっぱり・・・。

カラーだ。

LD再生は白黒画像。

記憶ではカラー映像だったのだけれど。

何所かが壊れているのか、

もしかして、

"白黒テレビ(現モニター)"だったかなぁ?

まぁ、

いいか。

何せこのLDセット、

ほとんどの画像は白黒画像なのだから。

Goldberg Variations | 【2019-12-10(Tue) 12:59:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
H.I.F.Biber: Rosary Sonatas (Mystery Sonatas) Ⅱ
個人的に、

"ベスト1"は決めかねる。

"ベスト2"も難しい・・・。

"ベスト3"ならば、

今のところ、

録音年代順に以下の三枚。

Biber: Mystery Sonatas
ジョン・ホロウェイ(John Holloway
2019110861Iyh2o99-L.jpg
Virgin Classics VBD5620622
録音:1989年7月


Biber: Rosenkranz-Sonaten
ラインハルト・ゲーベルReinhard Goebel
201911294988005773531.jpg
TOWER RECORDS(Archiv) PROC-1295
録音:1990年1月


Biber: Mysterien Sonaten
アリス・ピエロ(Alice Piérot
2019110751tRN1jGfLL.jpg
Alpha Productions ALPHA-038
録音:2002年7月



最近は、

"ラインハルト・ゲーベル盤"をよく聴いている。

この他に、

私にとって"ベスト3"ではないけれども、

心に残る貴重な一枚。

Biber: Rosary Sonatas
スザーネ・ラウテンバッハーSusanne Lautenbacher
2019112951hAlAnEkcL.jpg
Vox Box CDX 5171
録音:1962年(a modern violin)


つれづれの音楽 | 【2019-12-10(Tue) 08:41:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
南コリアの現実・・・


凡人の独り言 | 【2019-12-10(Tue) 07:05:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
確信的バカども(コリアン)
韓国政府が支払え!

もしかして、

本能的バカども(コリアン)?

それとも、

政治的、教育的バカども(コリアン)??


何れにしろ、

歴史を直視できず、

事実は捻じ曲げ、

平然と嘘を吐く。

そして、

約束をも守らない"醜悪なコリア・コリアン"に、

明るい未来がやってくることは絶対に有り得ない・・・。

凡人の独り言 | 【2019-12-10(Tue) 07:01:26】
Trackback:(0) | Comments:(0)
麻生太郎 財務大臣 兼 副総理


凡人の独り言 | 【2019-12-10(Tue) 06:32:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
軍事力バランス


凡人の独り言 | 【2019-12-10(Tue) 06:24:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
撩乱作戦・・・
納得。

おい!

立憲・国民民主党!!



凡人の独り言 | 【2019-12-10(Tue) 06:15:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
安倍総理と※ぼんくら与野党議員の違い
"現実認識"と"現実逃避"、

"日本人"と"似非日本人"、

"日本国民"と"世界市民"、

"政治家"と"政治屋"、

"誠実"と"不誠実"etc.


※ぼんくら与野党議員

ぼんくら野党議員⇒ほぼ全員

ぼんくら与党議員⇒一例(下記)



凡人の独り言 | 【2019-12-10(Tue) 06:14:47】
Trackback:(0) | Comments:(0)
反社会勢力


凡人の独り言 | 【2019-12-10(Tue) 06:10:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉