プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
録音風景・・・
見入ってしまった。

さて、

寝るかぁ。



Glenn Gould | 【2019-12-08(Sun) 21:35:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
もう一つのゴールドベルグ・・・
1964年7月。

全曲ではないけれども・・・。


Glenn Gould plays extracts from Bach's Aria with 30 Variations BWV 988 also known as ""The Goldberg Variations"". Broadcast by CBC on 3rd June 1964.

00:00:00 - Aria
00:01:47 - Variatio 3 a 1 Clav. Canone all'Unisuono
00:02:38 - Variatio 6 a 1 Clav. Canone alla Seconda
00:03:07 - Variatio 9 a 1 Clav. Canone alla Terza
00:03:52 - Variatio 12. Canone alla Quarta
00:04:50 - Variatio 15 a 1 Clav. Canone alla Quinta in moto contrario. Andante
00:06:45 - Varatio 18 a 1 Clav. Canone alla Sesta
00:07:22 - Variatio 21. Canone alla Settima
00:08:34 - Variatio 24 a 1 Clav. Canone all’Ottava
00:09:36 - Variatio 27 a 2 Clav. Canone alla Nona
00:10:30 - Glenn Gould on the Quodlibet
00:11:08 - Variatio 30 a 1 Clav. Quodlibet

"Glenn Gould - Official Channel"

オフィシャル・・・。

知らなかった。

Goldberg Variations | 【2019-12-08(Sun) 20:37:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
二つのゴールドベルグ
二枚の愛聴盤(平成元年十二月八日現在)。


演奏:グレン・ハーバート・グールド(Glenn Herbert Gould, 1932年9月25日 - 1982年10月4日)

楽曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月31日(ユリウス暦1685年3月21日) - 1750年7月28日)
"「2段鍵盤付きクラヴィチェンバロのためのアリアと種々の変奏」 (ドイツ語: Clavier Ubung bestehend in einer ARIA mit verschiedenen Veraenderungen vors Clavicimbal mit 2 Manualen) BWV988"/ゴールド・ベルグ変奏曲


◎55年録音(モノラル録音)

演奏年齢:22才

録音年月日:1955年:6月10日,14日-16日(延4日間)

録音場所:30th Street Studio,New York City

演奏時間:38:23(SICC 30350)

ピアノ:アメリカ製の"Steinway & Sons(通称: スタインウェイ)"

J.S.Bach: Goldberg Variations
Glenn Gould

2019120471oOQJlXVcLSL1411.jpg
Grand Slam GS2200(国内盤)


◎81年録音(ステレオ/デジタル録音)

演奏年齢:48才

録音年月日:1981年3月15日,18日,29日,4月22日-25日(延7日間)

録音場所:30th Street Studio,New York City

演奏時間:51:17(SS 37779)

ピアノ:日本製の"Yamaha(ヤマハ)コンサートグランド"

Bach: The Goldberg Variations
Glenn Gould

2019120231QE0SDFJXL_2019120213532460c.jpg
Sony Classical SACD SS37779(輸入盤)

Goldberg Variations | 【2019-12-08(Sun) 19:22:34】
Trackback:(0) | Comments:(0)
五つのゴールドベルグ
55年録音

BACH: THE GOLDBERG VARIATIONS
GLENN GOULD

2019120461VGhxnxAzL.jpg
Sony Classical Blu-specCD2 SICC-30350(国内盤)


81年録音

Bach: The Goldberg Variations
Glenn Gould

2019120231QE0SDFJXL_2019120213532460c.jpg
Sony Classical SACD SS37779(輸入盤)


54年録音

J.S.BACH: Goldberg Variations(1954)
Glenn Gould

20191202419WJMGTYRL.jpg
CBC Records PSCD2007(輸入盤)


59年録音

SALZBURG RECITAL 25.AUGUST 1959
GLENN GOULD

2019120251nF2mIvZvL.jpg
Sony Classical SMK53474(輸入盤)


尚、

"wiki"によれば、

"58年録音"もあるらしい。


5. バンクーバーにおけるライヴ録音が残されている[10](1958年)。

⒑^ GLENN GOULD PLAYS BACH Vol.3, Made in Italy IDIS 6662, ASIN:B00B1NXEOY


GLENN GOULD plays BACH vol.3
2019120881gYZ2a0ADLSL1399.jpg
IDIS IDIS6662(輸入盤)
【Live Recordings Vancouver ,July 23,1958


知らなかった(J.S.Bach :Goldberg Variations BWV.988)。

早速手配した。


◎五つのゴールドベルグ

①54年(ラジオスタジオ)、②55年(レコーディングタジオ)、

③58年(バンクーバーライブ)、④59年(ザルツブルクライブ)、

⑤81年(レコーディングスタジオ/デジタル録音)。

Goldberg Variations | 【2019-12-08(Sun) 18:54:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
グレン・グールドのゴールドベルク変奏曲(55年モノラル録音) Ⅱ
確かに良い音だ。

"Blu-specCD2盤"よりも私の好みではある。

しかし、

「信じがたい情報量」?

ちと誇張です。

「恐ろしいほど生々しい音質」?、

ちょっと大袈裟です。

「歴史的事件」?、

少し大風呂敷です。

とはいえ、

間違いなく、

"55年録音"の一番のおすすめ盤だ。


J.S.Bach: Goldberg Variations
Glenn Gould

2019120471oOQJlXVcLSL1411.jpg
Grand Slam GS2200(国内盤)

商品の説明
グールドのゴルトベルク変奏曲(1955)、信じがたい情報量で復刻!
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズ

[商品番号 : GS-2200] [CD] [国内プレス] [日本語帯・解説付] [Grand Slam]

ヨハン・セバスティアン・バッハ (1685-1750) : ゴルトベルク変奏曲 BWV988

グレン・グールド (ピアノ)

セッション録音 : 1955年6月10日、14-16日 / コロンビア30番街通りスタジオ (ニューヨーク)
使用音源 : Private archive (2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)

■制作者より
グールドのデビュー盤であるバッハのゴルトベルク変奏曲については、もはや説明不用かと思います。その演奏が、恐ろしいほど生々しい音質で蘇ります。これはもはや、歴史的事件と言っても過言ではありません。
また、解説書には「日本におけるグールド受容史」を掲載しています。グールドは今では最も有名なピアニストのひとりですが、信じがたいことに、日本ではデビュー以来、10年以上もほとんど認知されない時期がありました。そのあたりの経緯を詳述しており、他では読めない文献です


Goldberg Variations | 【2019-12-08(Sun) 10:16:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ラインハルト・ゲーベルさん
"大人の事情"で、

陸を伝ってやってきた、

"Archiv"だけれども"TOWER RECORDSB盤"。

Biber: Rosenkranz-Sonaten
ラインハルト・ゲーベルReinhard Goebel
201911294988005773531.jpg
TOWER RECORDS(Archiv) PROC-1295
録音:1990年1月



またまたすごい演奏に出逢ってしまった。

非常に個性的で素晴らしい。

"ジョン・ホロウェイ"さんのような清澄な演奏とは違うけれども、

ある意味、

いわば"対極を成す"演奏だと思う。

芯があって優しい"人間味"溢れる弦の調べ。

虜になってしまいそうだ。

つれづれの音楽 | 【2019-12-08(Sun) 06:47:18】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉