プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
ラクビーとサッカー
私が、

サッカーが好きになれない理由、

ラクビーに魅了される理由・・・。

その通りです。


フットボールに横行する負の側面
 たとえば南米では、選手は臆面もなくダイビングやシミュレーションを繰り返し、少しフィジカル・コンタクトがあると大袈裟に痛がってファウルをもらおうとする。選手どうしの罵り合いや小競り合いも日常茶飯事で、審判の判定にもいちいち文句を付ける。
 サポーターも、相手選手や審判を口汚く罵ってプレッシャーをかけることを良しとし、人種差別的な言動も少なくない。結果のためには手段を選ばないやり口が横行している。

ラグビーの美しく、フェアな精神
 一方、ラグビーは身長2m前後、体重100kgを超えるような巨漢が何の防具も付けずフルパワーで衝突を繰り返すが、倒れても痛そうな素振りなど全く見せず、すぐに立ち上がってプレーを続ける。
 試合中、選手たちがもみ合うことは極めて稀で、微妙なプレーで審判から自分たちに不利な判定を受けても抗議などしない。試合後が終わると文字通りの「ノーサイド」で、しばしば花道を作って健闘を称え合う(この儀式は、実に美しい
)。

 サポーターも、審判や相手選手を罵倒したりブーイングを浴びせたりせず、試合後は相手サポーターと笑顔で交歓する。フットボールの常識からすると、ありえないことばかりだ。
 スポーツとしてどちらがよりフェアかは、言うまでもない。長年、南米でフットボールを見てきた者として、このようなラグビー文化に深い羨望を覚えざるをえない。

フットボール文化への戸惑い
…「ラグビーは紳士がやる野蛮なスポーツで、フットボールは野蛮人がやる紳士的なスポーツ」と言われる。欧州では、ラグビーは主としてインテリが愛好し、フットボールは大衆のスポーツと見なされる傾向が今も残る。
 武士道の伝統があり、幼い頃から他者に敬意を持つことを叩き込まれている日本人のメンタリティーは、本質的にフットボールの文化の悪しき部分を受け付けないのではないか
 さらに言えば、審判や相手選手への敬意がより深いラグビーの文化の方に、より共感できるのではないか。

熱狂の源は勝利だけではない
 今回のラグビーW杯で、日本人はただ単に日本代表が勝ち進んでいるから熱狂しているわけではあるまい。
 6カ国の出身地を持つ選手たちが完璧に融合し、一致団結して巨大な力を発揮する「ワンチーム」の一体感に涙を流し、深い感動を覚えているのではないか。のみならず、ラグビーの哲学、文化に魅了されているのだろう。
 だからこそ、国中が「ワンチーム」となって日本代表を熱くサポートし、そのことが「ワンチーム」の「ビクトリーロード」を下支えしているのではないか。

個人的には、

サッカーはスポーツというよりもエンターテインメント。

ラクビーはエンターテインメントではなく私の好きなスポーツだ。

凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 22:20:53】
Trackback:(0) | Comments:(1)
サウスパーク
"White People Renovating Houses"

凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 21:38:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
韓国主導の世界的犯罪組織
差別ニダ!

ウリの文化ニダ!



凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 21:08:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
北方領土?
小池くん、

それはだめだ・・・。

都民ファースト!

アスリートファースト!



凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 21:03:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ (Carl Philipp Emanuel Bach)
"BIS"レーベルの"C.P.E. Bach"を聴いている。

C.P.E. Bach - Keyboard Music, Vol.15
Miklós Spányi
201910174459595origpicf5fd52.jpg
BIS1422


このCDは、

"C.P.E.バッハ"の"Solo Keyboard Music"と"Keyboard-Concertos"、

"鍵盤楽器独奏曲"と"鍵盤楽器協奏曲"の"全集シリーズ"の一枚(二枚組)だ。

録音開始から四半世紀、

"鍵盤楽器独奏曲"は現在"№38"まで録音されているようだ。

"鍵盤協奏曲集"は"№20"で完結。

父親は、

かの高名な"J.S.バッハ"。

"C.P.E.バッハ"はその次男である。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(大バッハ)は、

二人の奥様との間に十一男九女(20人)の子供を授かった。

しかし、

10人は夭逝し、

成長したのは男子六人と女子四人の10人。

その内、

男子六人は父と同じ音楽家の道を歩み、

歴史にその名を刻んでいる。


父(享年65才)
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月31日(ユリウス暦1685年3月21日) - 1750年7月28日)

先妻(享年35才)
マリア・バルバラ・バッハ(Maria Barbara Bach, 1684年10月20日 - 1720年7月7日)五男二女

長男(享年73才)
ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ(Wilhelm Friedemann Bach, 1710年11月22日 - 1784年7月1日、通称「ハレのバッハ」)

次男(享年74才)
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ (Carl Philipp Emanuel Bach, 1714年3月8日 ヴァイマル - 1788年12月14日 ハンブルク)、通称「ベルリンのバッハ」、「ハンブルクのバッハ」)


三男(享年24才)
ヨハン・ゴットフリート・ベルンハルト・バッハ(Johann Gottfried Bernhard Bach, 1715年5月11日 ヴァイマル - 1739年5月27日 イェーナ)

後妻(享年58才)
アンナ・マクダレーナ・バッハ(Anna Magdalena Bach,1701年9月22日 - 1760年2月22日または2月27日)六男七女

四男(享年38才)
ゴットフリート・ハインリヒ・バッハ(Gottfried Heinrich Bach, 1724年2月26日 - 1763年2月12日 ナウムブルク)

五男(享年62才)
ヨハン・クリストフ・フリードリヒ・バッハ(Johann Christoph Friedrich Bach, 1732年6月21日 ライプツィヒ - 1795年1月26日 ビュッケブルク)通称「ビュッケンブルクのバッハ」)

六男末っ子(享年46才)
ヨハン・クリスティアン・バッハ(Johann Christian Bach, 1735年9月5日 - 1782年1月1日 通称「ロンドンのバッハ」)

つれづれの音楽 | 【2019-10-17(Thu) 20:18:20】
Trackback:(0) | Comments:(0)
原口一博くん
君のこと、

少しは期待してたのに・・・、

残念だ。



凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 19:21:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Meredith d'Ambrosio With Eddie Higgins
"メレディス・ダンブロッシオ"さんは、

"エディ・ヒギンス(Eddie Higgins)"さんの奥様。

20190610withHusband.jpg


四枚のアルバム、

聴いてみたい・・・。


Meredith d'Ambrosio(メレディス・ダンブロッシオ)

South To A Warmer Place
20190624southtoawarmerplace.jpg
SSC 1039 (Eddie Higgins, piano)
(released 1989 on Sunnyside Records)

Love Is Not A Game
20190624loveisnotagame.jpg
SSC 1051 (Eddie Higgins, piano)
(released 1991 on Sunnyside Records)

Shadowland
20190624shadowland.jpg
SSC 1060 (Eddie Higgins, piano)
(released 1992 on Sunnyside Records)

Beware Of Spring!
20190624bewareofspring.jpg
SSC 1069 (Eddie Higgins, piano)
(released 1995 on Sunnyside Records)

"With Meredith d'Ambrosio"として、wiki:"Eddie Higgins"には5枚のアルバムが記載されているが、"Love Is for the Birds"ではEddie Higginsさんは演奏者としてではなく、収録曲の"Just A Dream"の作詞を行っている。

As sideman[edit]
With Meredith d'Ambrosio
1989 South to a Warmer Place
1991 Love Is Not a Game
1993 Shadowland
1995 Beware of Spring!
2001 Love Is for the Birds

Love Is For The Birds
20190625loveisforthebirds.jpg
SSC 1101
(released 2002 on Sunnyside Records)

つれづれの音楽 | 【2019-10-17(Thu) 19:04:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
生きている地球儀
欲しい・・・。

"SPHERE"



凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 18:17:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
立川談四楼

えっ?



凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 18:17:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
週刊金曜日


凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 18:17:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
大村秀章


凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 18:16:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Me too

えっ、

そうなの?

あっ、

「中央日報」・・・。



凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 18:09:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
アベガーの本体
安倍死ねニダ!

by 朝日となかまたち(こんな人たち)



凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 14:28:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ナゼ妨害する?
国家戦略特区WG座長の八田達夫さん。

お分かりなのに、

意地が悪い・・・。


… 特区制度は、設立以来、既得権を打ち破り、新規参入者に道を開く数々の改革を行ってきた。既得権側の一部のマスコミや政治家にとって、この制度は不倶戴天の敵である。しかし既得権構造の問題を告発することこそ、マスコミや野党の本来の責務のはずである。真っ当なマスコミや野党は、日本を前進させるために、本来の責務に立ち戻り、理不尽な規制に積極的に立ち向かうべきではないだろうか。


凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 14:23:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
国産代表品種の雪香・・・


凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 09:07:29】
Trackback:(0) | Comments:(0)
議員の能力に反比例して官僚の負担が増える・・・
お察しします。

おい、森ゆうこ!



凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 08:20:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
官僚Twitter民
「闇の力」・・・。

「闇」?

"立憲民主党"ですよねぇ。

それとも、

"かの国"?

"あのメディア"??



凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 08:06:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
NHKの夜7時のニュース


凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 07:03:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
屑議員(森ゆうこ)


一般読者の普通の注意と読み方」によれば、「原が金銭をもらった」と記事を読むことなどおよそあり得ないと毎日新聞社は考えており、それにもかかわらず、毎日新聞社にとってとんでもない誤読が国会の場で披露され、NHK中継で全国に発信…


凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 06:35:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
森ゆうこ


凡人の独り言 | 【2019-10-17(Thu) 06:35:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉