プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
NHKと京都アニメーション放火殺人事件


凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 21:45:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
侵略?


凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 21:35:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
中共の常套手段
報道しないニダ!

忖度するアル!

by 朝日となかまたち(こんな人たち)



凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 20:43:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
丁寧な無視・・・
危うきに近寄らず・・・。



凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 20:14:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
アスペルガー症候群・・・

韓国人は、アスペルガー症候群(対人関係障害)患者の数が異常である。
20歳の男性の45%が対人関係障害の可能性(東亜日報)

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2003021117138(※元記事削除)
http://megalodon.jp/2012-0626-2313-58/japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2003021117138(ウェブ魚拓)

東亜日報の調べによると、2003年時点、韓国人のアスペルガー症候群発生率は、アメリカやヨーロッパなど先進国の平均11~18%に比べて2.5~4倍に達しているという。つまり、最大で韓国人の72%がアスペルガー症候群であることになる。
アスペルガー症候群は、広汎性発達障害(社会性の獲得やコミュニケーション能力の獲得といった、人間の基本的な機能の発達遅滞を特徴とする発達障害における一領域のことである)であり、精神疾患に含まれる。

ご存じのとおり、韓国人はこれまで、根も葉もないうわさを広めたり、ありもしないことをさもあったかのように装うことで、他国に多大な迷惑をかけてきている。また、異常な攻撃性と支配欲があり、強姦事件や暴行事件が増加傾向にあることからも、精神疾患が関連している可能性は非常に高い。適応障害、知的機能の障害、思考障害、精神遅滞、妄言などは、韓国人の特徴とよく合致していることからも、その可能性は大だとわかる

◎アスペルガー症候群 ⇒ 広汎性発達障害 ⇒ 精神疾患

凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 20:10:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ハガティ大使のお別れメッセージ


凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 20:00:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
朝鮮


凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 19:50:20】
Trackback:(0) | Comments:(0)
渡航禁止!
外務省!

仕事しろ!!



凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 19:01:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
信頼の問題
徴用工の報復ニダ!

by 朝日となかまたち(こんな人たち)


"徴用工"?

あぁ、

"出稼ぎ"の、

"旧朝鮮半島出身労働者"のことね。

凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 18:27:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
野党の善戦?


凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 07:59:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
親が子をダメ人間にするプロセス・・・
やはり、

日本が悪かったんだぁ・・・。

要するに、

何時までも"子ども扱い"したのが間違い。

これからは、

大人同士の付き合いで!

コリア、ファイティーン!



凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 07:19:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2019年参議院選挙
人それぞれ色々な考えがある。

とはいえ、

「立憲民主党→17議席」と「共産党→7議席」。

理解に苦しむ。

有って、

"1議席"が相当だろう。



凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 07:08:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
振り向けば公明・・・


凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 06:46:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
歌人:渡邉哲也・・・?
「モリカケ3年 アベ8年 シイの独裁17年」



凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 06:44:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
飛車角落ち・・・
確かに、

野党全滅してただろうなぁ・・・。



凡人の独り言 | 【2019-07-22(Mon) 06:09:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
9.98!




つれづれなるままに | 【2019-07-21(Sun) 22:55:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
初陣で討死・・・


凡人の独り言 | 【2019-07-21(Sun) 22:05:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
新河野談話(河野外相談話)
こういう分かり易い解説をテレビでやればよいのに・・・。

絶対やらないニダ!

by TBS となかまたち

"河野外相談話"

凡人の独り言 | 【2019-07-21(Sun) 21:18:38】
Trackback:(0) | Comments:(0)
世耕弘成さん
ホワイト国除外決定!

\(^o^)/



凡人の独り言 | 【2019-07-21(Sun) 20:41:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
懐かしい・・・
子どもの頃、

よく遊んだ。

あぁ~・・・。



つれづれなるままに | 【2019-07-21(Sun) 17:52:34】
Trackback:(0) | Comments:(0)
国民(コリアン)的娯楽・・・

日本人(※似非日本人は除く)には、

とても真似はできない・・・。

凡人の独り言 | 【2019-07-21(Sun) 17:48:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日韓関係[河野太郎外務大臣]


衆議院議員 河野太郎公式サイト

日韓関係
ごまめの歯ぎしり ,外務大臣
2019.07.20

日韓両国政府は旧朝鮮半島出身労働者の問題をめぐり、難しい問題に直面しています。
 
旧朝鮮半島出身労働者の問題は、まさに国家間の約束を守るか否かの問題です
 
大法院判決が出されたというのは韓国の国内事情でしかなく、それによって国家間の約束が破られるようなことになれば、安定した国際関係を築くことはできません。
 
日本と韓国は、1965年に14年にわたる困難な交渉をまとめ、当時の韓国の国家予算の規模をはるかに超える無償3億ドル、有償2億ドルの日本から韓国への経済協力を約束するとともに、両国及びその国民の間の財産・請求権に関する問題が「完全かつ最終的に解決」されたことを明文の規定で確認しました。
 
この交渉の中で韓国側が日本側に示したいわゆる八項目の「対日請求要綱」には、被徴用韓人の未収金や戦争による被徴用者の被害に対する補償も含まれています。
 
そして日韓請求権協定の合意議事録では、完全かつ最終的に解決された財産・請求権に当該八項目に属する請求が全て含まれており、いかなる主張もすることはできない旨明記されています。

さらに日韓請求権協定の交渉において、韓国は、被徴用者全般について補償を要求し、これが被徴用者の精神的、肉体的苦痛に対する補償を意味するとの説明を行いました。
 
これに対し、日本側から、個人に対する支払いを提案しましたが、韓国側は、日本に対し、国として請求した上で、韓国内での支払いは、国内措置として行う旨述べた経緯があります。
 
そして2005年8月に韓国政府は、請求権協定を通じて日本から無償資金協力として受け取った無償3億ドルには、「強制動員」に関する「苦痛を受けた歴史的被害」の補償のための資金も含まれており、韓国政府は、受領した無償資金のうちの相当金額を「強制動員」被害者の救済に使わなければならない道義的責任を持つ旨を公表しています。
 
この問題の本質は、以上のような経緯がありながら、国と国との約束、それも国交正常化の法的基盤となってきた約束が50年以上も経ってから韓国側から一方的に覆されてしまったことにあります
 
韓国側には、国際法、国家間の関係の観点からこの問題にしっかり向き合っていただき、国際社会の一員としての責任ある対応を取るよう強く望みます。

こうした経緯を韓国国民の皆さんがご存知ないといけないので、韓国の新聞紙上で、書面インタビューという形で説明をしてきました。
 
同時に、日本としては、本件を国際法にのっとって解決するため、協定上定められた仲裁を求めました。韓国政府には協定上の義務に従い、仲裁に応じるよう求めましたが、韓国側はこれに応じず、更なる国際法違反の状況となりました。
 
こうした両国間の問題はありますが、今回の輸出管理の運用の見直しは、日本の輸出管理当局が安全保障の観点から実施しているものであり、旧朝鮮半島出身労働者問題とは全く関係がありません
 
今回の見直し対象となっている物資・技術等は、軍用品への転用が可能な機微なものであり、各国当局はこれらの輸出を適切に管理する責任があります。
 
韓国の輸出管理制度が必ずしも十分でないにもかかわらず、2004年以来日本は韓国を「ホワイト国」と位置付けて手続を通常より簡素化してきました。
 
これは、当局間の対話が継続的に行われ、簡素化された手続での管理を適用するに足る日韓当局間の信頼関係が前提でした。

ところが、この3年間その対話が日本側が申し入れても開かれず、韓国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案も発生しました。
 
そのため、これ以上通常より簡素化された手続を維持することは困難と判断せざるを得ず、今回、韓国に対する手続について必要な見直しを行うことにしました。
 
いずれにせよ、今回の見直しは、あくまで輸出管理上の懸念に基づき行なっているものですので、あたかも旧朝鮮半島出身労働者問題に関する「対抗措置」であるかのような誤解をしないようにしていただきたいと思います

一言要約(意訳):

てめえら!いい加減にせんか!!


凡人の独り言 | 【2019-07-21(Sun) 17:28:09】
Trackback:(0) | Comments:(0)
逞しい民・・・


凡人の独り言 | 【2019-07-21(Sun) 13:31:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
安倍自民党


凡人の独り言 | 【2019-07-21(Sun) 05:54:24】
Trackback:(0) | Comments:(0)
選挙破壊活動家


凡人の独り言 | 【2019-07-21(Sun) 05:54:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
テロ支援国家のもの言い・・・
おい!

何頓珍漢なこと言ってる!

まだごまかすきか!

フッ化水素をどこやった!

てめえらが信用できないから見直しただけだ!

優遇されたければ嘘を吐くな!

話をすり替えるな!

約束を守れ!

話はそれからだ!



1.日本の運用見直しの性格について
今回の運用見直しは、国際合意に基づいた輸出管理の不断の見直しの一環として、従来韓国に対して実施してきた優遇措置をやめて、他国と同様の通常の輸出管理上の扱いに戻す内容であり、禁輸措置ではありません。

1. The update of the implementation of export control
The update of the implementation of export control released on July 1 has only removed the incentive measures that were previously implemented on the ROK, meaning that it is now to be treated in the same way as any other trade partner. This update is a normal part of the continuous revision of Japan’s export control system under relevant international agreements. It is NOT an embargo on the ROK.

凡人の独り言 | 【2019-07-20(Sat) 21:55:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本攻撃依存症への対応策(処方箋)
「法理を捻じ曲げた逆ギレを続ける半熟国に対して、その違法行為が一切の利益を生むことなく損益のみを被ることを強く認識させる」



凡人の独り言 | 【2019-07-20(Sat) 17:28:09】
Trackback:(0) | Comments:(0)
歴史を振り返る思い・・・
謝罪するニダ!

金よこすニダ!

優遇するニダ!

by コリアンとなかまたち



凡人の独り言 | 【2019-07-20(Sat) 17:20:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
It is NOT an embargo on the ROK.


Today's Press Conference by the Ministry of Trade, Industry and Energy of the Republic of Korea

July 19, 2019
External Economic Policy

As the Ministry of Trade, Industry and Energy of the Republic of Korea held a press conference today on the administrative briefing held on July 12th and following exchanges of e-mails, and the press conference included some misinformation, METI hereby releases the following facts.



1. The update of the implementation of export control
The update of the implementation of export control released on July 1 has only removed the incentive measures that were previously implemented on the ROK, meaning that it is now to be treated in the same way as any other trade partner. This update is a normal part of the continuous revision of Japan’s export control system under relevant international agreements. It is NOT an embargo on the ROK.

2. The administrative briefing on July 12th
The session on July 12th was held as an administrative briefing on the update of implementation of export control measures and was held under the understanding of a prior agreement reached between the Japanese and ROK sides that the session was not an occasion for negotiation between the export control authorities of the two countries. Moreover, the session opened with a 30 minute discussion and reaffirmation of the characterization (as an administrative briefing) of this session.

During the session, the ROK side expressed that they hoped to find a clue to the resolution of the issue at that day’s session, but did not request a restoration of the original condition as they mistakenly stated in their press conferences.The Japanese side replied that this matter is not subject to negotiation, and therefore, the Japanese side was merely providing a briefing on the facts at that time, as was agreed by both parties.

3. The ROK’s export control
We are aware that the ROK side is asserting that they have introduced a conventional weapons catch-all control. However, the articles that define the ROK’s catch-all control, which are Article 19 of the Foreign Trade Act and Article 50 of the Public Notice on Trade of Strategic Items, stipulate that the articles cover WMD-related goods. It is not clear whether goods relating to conventional weapons are covered by the definition of WMD-related goods. Therefore, Japan recognizes that the legal basis for their assertion is unclear.

Also, the ROK asserted in their press briefing today that in their enforcement system they deploy more than 110 people in charge within three ministries and two related organizations. However, this number includes not only people that maintain export control responsibilities, but also those who engage in the trade of weapons themselves and other people in private organizations. According to the official site of MOTIE, the division that engages in the review of dual-use items consists of 11 officials, whose responsibilities also include trade insurance and the Kimberley Process (trade of diamonds).

4. The policy dialogue between Japan and the ROK
The ROK claimed today that there was an agreement to hold a policy dialogue later than March this year. In fact, there was a one-sided notice from the ROK personnel last December that the policy dialogue can only be held after March. However, there has been no mutual agreement by both parties to hold the dialogue later than March this year.

Even before last December, the ROK repeatedly postponed the dialogue, in some cases even after the date had been fixed. Japan have expressed concern of not having held the dialogue over a significant period to the ROK and have made repeated requests to hold the dialogue.

As for the ROK’s claim that exchanges of opinions between the authorities had occurred at occasions such as the Asian Export Control Seminar held by METI, Japan’s recognition is that the exchange of opinions at seminars is completely different from official policy dialogues which cover and contain confidential information.

Holding policy dialogues containing sensitive information provides the basis for realizing effective export control between trusted trade partners. However, if the ROK continues its current course of action which includes disclosing bilateral communication without mutual consent, as it did in today’s press conference, holding a policy dialogue based on mutual trust remains difficult.

Having said that, we hope to continue our communication with the ROK at the working-level in order to resolve the current situation.

Division in Charge
Trade Control Policy Division, Trade and Economic Cooperation Bureau

"経済産業省プレスリリース"

凡人の独り言 | 【2019-07-20(Sat) 17:19:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
セルフ経済制裁


凡人の独り言 | 【2019-07-20(Sat) 12:03:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
くまック時計
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉