プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
東部戦区
朝日となかまたちさ~ん、

“中共の「東部戦区」”ってな~に?



凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 19:43:17】
Trackback:(0) | Comments:(0)
似非日本人
のお一人。

“ぼく、悪くないもん!”

by 民主党の枝野幸男くん


20170309edano.jpg



凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 12:19:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本人として、
自慢できることでもないと思うけれども、

事実(史実)として知っておいても損はないであろう…。


「大西唯次さん 」。

凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 06:50:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
慰安施設
“国連女子差別撤廃(捏造?)委員会”の皆さま方、


必要悪”なのでしょうか?

「理解」できますか・・・?

凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 06:39:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
靖国神社を参拝する日本人の心
「神として祀っているアル!、戦争賛美ニダ!」



“韓流研究室”さんより

私の実家からは、父の兄である長男の一郎さんが
21歳の若さで出征し、フィリピンの小さな島で
23歳の命を絶たれました。

国内で、延々と軍事訓練をしていた一郎さんから
「これから戦地に向かいます」という
覚悟の手紙が届いたのは、終戦の半年前。
祖母は、一郎さんの大好きなおはぎを作って
(小豆や砂糖や米を手に入れるのにどれだけ苦労したか)
汽車に乗って会いに行ったそうです。
しかし・・・
その前日、部隊を乗せた船は出発していたそうです。

そして、戦死の通知。
生き残った人を家に招いて、最期の話を聞いたそうです。
補給路を断たれ、水も食料も無く、マラリアで倒れる人
汗でにじんだ軍靴の紐をしゃぶりながら飢えをしのぎ
結局、一郎さん達部隊はほとんどの方が、
餓死だったそうです・・・

実家の先祖代々の墓がある墓地の奥に
遺族会でお金を出し合って土地を買って
建立した慰霊碑が有ります。
太平洋戦争の時からのものではありません。
日清、日露戦争で、国の為に亡くなった地域の人達の
多くの人達のための「御霊を鎮める」碑です。

残念ながら、
この地に、この様な碑が有ることさえ
地元の人は次第に忘れ去っていきます・・・

全国のご遺族の方々は高齢化し
実家の地域の遺族会も、長らく父が会長を務め
慰霊碑の管理・清掃をしてまいりましたが
3年前から体調を崩し、後任を引き受けて下さる方が
全く現れなかったために、遺族会は解散しました。
解散後も、父は慰霊碑の掃除や周囲に植えた樹木の
剪定などを、たった一人で黙々と続けていました。
父亡き後、
墓参の度にこの慰霊碑にお線香を手向けていますが
これからは、父に代わって私が
この、誰も訪れなくなった慰霊碑に手を合わせて
行きたいと思います。

全国各地に、
このような碑が残っているはずです。
靖国神社は、そうした人々の思いの集大成。
もう二度と、
御英霊と、御遺族の人達の哀しみを繰り返さない
そのための鎮魂の神社なのだと思います


「神として祀っている、戦争賛美だ!」
宗教観の違いやイデオロギーによって政治問題化され
外交問題として付け込まれていますが
御霊を鎮める行為こそ、不戦の誓いだと
私は思います。

靖国神社には、昭和42年に奉納された
「慰霊の泉」というモニュメントがあります。

祖母は、年に1度
遺族会が用意したバスで靖国神社に行くことを
それはそれは心待ちにしていました。
一張羅の着物を着て行くのです。
足が弱り、個人では、なかなか行けない靖国神社に
年老いた父母達が参拝に向かうのです・・・

祖母の思いも、きっと同じように
亡くなった一郎さんに
飲ませてあげたかった「水」を
存命中、片時も忘れたことはなかったと思います。

胸にしまい込んだ、息子を失った哀しみを
靖国神社に参拝する事で癒していたのではないでしょうか。




凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 06:31:34】
Trackback:(0) | Comments:(0)
よく見ると、
瞳の描き方が独特だ。


木漏れ日が・・・、

何だか癒される。

凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 06:04:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
南朝鮮女
朝日となかまたちさん、おめでとう!


ついにここまで卑劣で下品な朝鮮女を創り上げました。

これもひとえに、

あなた様方のおかげさまです!


追記:

“誹謗中傷アル!(日本の某マスゴミ人)”

“私は朝日の社員ニダ!”

“差別ニダ!”

“金をよこすニダ!”

“ぱよぱよち~んニダ!”

凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 05:57:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
娘の生命保険金で・・・
美輪ちゃん、

そしてお母さん、


成人式おめでとう!

凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 05:35:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
朝青龍
なつかしい。


そういえば、

朝青龍が、

日本のマスゴミから執拗にバッシングされた理由・・・

「だから無ぇって言ってんだろ! このキムチ野郎!」

「・・・このキムチ野郎!」

凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 05:29:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
共産党の、
吉良よし子議員。



凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 05:18:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
また、在日かぁ・・・

【在日犯罪】の実態が報道されたら、


“心根の優しい平和主義者の多くの日本人に在日が沢山殺される”と、

“朝日となかまたち”さんは自らの醜い思いを投影して、

報道を自主規制しているのかな?

それとも、

もしかして、

幇助!?



デジタル大辞泉の解説

ほう‐じょ〔ハウ‐〕【幇助】

[名](スル)
1 手を貸すこと。手助け。援助。「国外から脱出を―する」
2 他人の犯罪行為を容易にするため、有形・無形の方法で助力すること。「自殺―」





凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 04:52:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
国連女子差別撤廃委員会
この組織、

“国連女子差別捏造委員会”か、

“国連女子差別推進委員会”に、


呼称を変えた方がよい。


性奴隷ニダ!

金よこすニダ!

…最終見解では、「慰安婦問題が第二次大戦中に締約国(日本)の軍隊により遂行された深刻な人権侵害であり被害者に影響を与え続けていると考える」と指摘。日韓合意に「留意する」とした上で、「合意を履行する際、被害者の立場に正当な考慮を払い、彼女たちの真実・正義・賠償への権利を確保する」よう勧告した。また、慰安婦問題を教科書に記述し「歴史的事実が客観的に学生や一般の人々に提供されるようにすること」を求めた。
 最終見解に関し、日本政府関係者は「杉山氏が行った事実関係の説明が全く考慮されていらず、受け入れられない。日韓合意への批判も的外れだ」と述べた。



凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 04:28:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
密航
性奴隷ニダ!

強制連行ニダ!


日本が悪いニダ!

凡人の独り言 | 【2016-03-08(Tue) 03:56:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉