プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
カエルの楽園
百田尚樹氏は私と同世代だ。


ということなので、


買ってしまった。

2017022961aXy2Lz.jpg




凡人の独り言 | 【2016-02-29(Mon) 20:41:18】
Trackback:(0) | Comments:(0)
冗談だろう、
コリアンなど採用したら、

何れ、

“強制連行されたニダ!”

と、たかられる。



凡人の独り言 | 【2016-02-29(Mon) 20:20:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
台灣
朝日となかまたちさん、

どう思う?


捏造ニダ!

日本人は残虐アル!

凡人の独り言 | 【2016-02-29(Mon) 12:21:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
耳鼻科


凡人の独り言 | 【2016-02-29(Mon) 12:19:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
凛々しい。


凡人の独り言 | 【2016-02-29(Mon) 12:07:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
世の中の元凶
“朝日となかまたち”。

「お気楽デモ」で「反権力ごっこ」の「SEALDsやT-nsSOWL」≒《ヒトラー・ユーゲント》≒《紅衛兵》。

2016.2.29 06:00更新

【野口裕之の軍事情勢】
安保法反対デモに見る若者の政治利用 熱狂に引きずれたナチス青少年部や紅衛兵ソックリ

(1/5ページ) .

 東京・渋谷の繁華街で安全保障関連法反対を叫びデモ行進する女子高生の制服が、《ヒトラー・ユーゲント》の若者が誇らしげに身を包んだ茶色の開襟シャツと重なった。ヒトラー・ユーゲントは1920年代にナチス・ドイツが「製造」したナチ党青少年部(後に国家機関)で、最後は国防軍や武装親衛隊に編入され、戦場の露と消えた。ナチズムの熱狂に引きずられた犠牲者だ。民主/共産/維新/社民など安保関連法廃止を目指す野党が、学生団体《SEALDs(シールズ)》の若さを利用して今夏の参議院選挙で党勢拡大を謀る手口は、ナチ党に通じる。安保関連法に反対する高校生組織《T-nsSOWL(ティーンズソウル)》が21日夕、多くの中高年に混じり「戦争反対!」などとラップ調で音頭を取り、参加者がシュプレヒコールを連呼する様を観てそう感じた。

 先導する街宣車上でマイクを握り、若者らを扇動するのは法政大学の山口二郎教授(57)。「安倍(晋三首相)をたたき斬ってやる」と、若者に聞かせたくない下品で物騒な表現をいとわぬ活動家である。いわく-

 「こんな情けない日本を創ったことについて、私の世代は本当は責任を取らなきゃいけない。みんなに糾弾されても仕方ない」

(2/5ページ) .

ナチス青少年部を想起

 若者の情熱や真剣さを政治利用する大人、とりわけ教育に携わる教授の「責任」は問われぬのか。糾弾」されるべきは若者の経験・学識・自省の積み上げ不足につけ込み、「戦争反対!」の連呼で、戦争を防げると洗脳する大人どもだ。でも現実は真逆。人類史5000年で主要戦争は1万4000回以上、死者は50億人に達する。過去3400年の内、平和な時代は250年に過ぎぬ。数字は2004年当時で、シリア内戦やウクライナ紛争などでもっと増えている。戦争と戦争の間《戦間期》で生きている悲しき現実が認識できないと、若者は頑迷な左翼の後継者に堕ちる。戦史や開戦に至るメカニズム、その反省を基に引き出された抑止力といった教訓より若者を遠ざけ、大人がデモ参加を誘導したのなら、怖い。大人の影響力は、大人の自覚以上に大きく実際、日本国の宰相を公然と呼び捨てにする山口センセイに学び?若者が「アベ」「アベ」と気勢をあげている。

(3/5ページ) .

 弱りかけた権力を再興する際、腹黒い指導者が目を付けるのが若者だ。ドイツ総統アドルフ・ヒトラー(1889~1945年)がそうだった。クーデター《ミュンヘン一揆/1923年》に失敗し逮捕され、党活動が禁止される。だが、恩赦で釈放され、1925年にナチ党を再結成するや、ナチ党青少年部を復活させ、ヒトラー・ユーゲント(ヒトラーの若者)と命名した。党勢回復には若者の悪用が最も手っ取り早い。ヒトラーは得意の熱弁で「素晴らしき新生ドイツ建設」を説いた。若者はつかれたごとく引きずられていく。

復讐に使われた紅衛兵

 なるほど、と思う。SEALDsやT-nsSOWLの「政治熱」が自発的なのか、たきつけられたものかはあずかり知らぬ。ただ、共産党以外落ち目で、高齢化も痛々しい日本の左翼・リベラルが起死回生に向け、情熱と真剣さにあふれる若者に飛び付いたのは確かだ。野党が参院選で、SEALDsなどと提携する動きも戦術の一環。選挙権年齢の18歳引き下げを前に、政党として一見当然の戦略にも見える。否。安保関連法「賛成議員は落選させよう」と叫んでおり、「若者の政治参画」を表看板にできるほどの初々しさはみじんもない。野党や学者がプロの活動家育成を謀っているのであれば、若者の人生に責任を持つべきだ。一般的に経験・学識・自省が不足する大多数の若者は、デモに象徴されるが、行動に偏ると視野狭さくに陥る。
(4/5ページ) .

 中国の初代国家主席・毛沢東(1893~1976年)が既に体験している。毛は農業・工業などの生産において、現実を無視して極端な目標を課す急進的な《大躍進》運動を断行した。失敗し、失脚した毛は復讐に燃え《文化大革命/1966~76年》を策謀。革命を支援させるべく、ひそかに高校生を組織化した。《紅衛兵》。富裕層や共産党内の改革派をつるし上げ、文化財や老舗商店を徹底的に破壊した。文化大革命の死者は数百万~数千万といわれるが、虐殺に加担した紅衛兵は少なくない。紅衛兵の狂気は、暴力という目に見える形で全土に広がった。狂気の行き着く先は決まっている。幾つもの派閥に分裂し→「革命過激度」を競い→昨日まで同志だった若者同士が殺し合い→毛ですら統制不能になる。結局、大人に使い棄てられるが、毛と同様に「手負いの左翼」は手段を選ばず、日本の若者に知恵を授け最大限利用するのだろう。

笑える「反権力ごっこ」

 ところで、SEALDsやT-nsSOWLのデモは文字通りの「鳴り物入り」で、若者は楽しむ風であった。警察官は行き交う車より参加者を守っていた。官憲・権力の援助を受ける「官民協力デモ」には笑ったが、「民主主義を否定する暴挙!」などと、民主主義の象徴的風景の中で非難しても響かない。「戦争したがる総理はいらない!」「安倍は辞めろっ!」と、放言が許される日本社会に、参加者は感謝の念を抱かぬようだ。中国の軍事膨張や北朝鮮の核開発に、目を閉ざしているのだからムベなるかな。

(5/5ページ) .

 血の粛清を好む中国を敵に回す恐怖心と闘いながら決起した台湾や香港の若者は「お気楽デモ」を見たら仰天するに違いない。台湾の若者は2014年、貿易協定批准に反対し立法院を占拠した。協定で台中間経済が緊密化すると、台湾が中国に呑み込まれるとの危機感の発露だった。この《ひまわり学生運動》に香港の若者は触発された。行政長官選挙をめぐり、中国が民主派候補者が出馬できぬよう、規則を14年突如変更。大学生を核に抗議運動《雨傘革命》が起きた。

 台湾・香港の若者は中国に利用されるのを恐れ立ち上がった。片や、SEALDsの構成員が「野党や大人に利用されてはいない。自発的運動だ」と信じているのなら、それこそが「利用されている」証ではないか。

 「反権力ごっこ」にうっとり、自己陶酔していると将来、ロクな大人にはなるまい。デモの主力=中高年をじっくり観察・分析してみてはいかが…(政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS)


進歩が無い“朝日となかまたち”。

いわゆる、

「アカ」。


日本国民の生命財産などは二の次ニダ!

平和よりも革命アル!

凡人の独り言 | 【2016-02-29(Mon) 07:39:07】
Trackback:(0) | Comments:(0)
二位
山梨県南都留郡鳴沢村字富士山・・・。



さぁ~て、

久しぶりの離荘。

明後日には戻ってくる予定。

つれづれなるままに | 【2016-02-26(Fri) 09:03:26】
Trackback:(0) | Comments:(0)
雨氷(うひょう)と樹氷(じゅひょう)
富士北麓、

標高1000m+ちょっと。

“降水確率0%”でも雪は降る。

それはさておき、

“雨氷”はきれいだが、

倒木被害が甚大だ。

“雨氷”“樹氷(霧氷)”

違いを初めて知った(体験した)。




つれづれなるままに | 【2016-02-26(Fri) 09:00:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
話題・・・
分かり易い。



凡人の独り言 | 【2016-02-26(Fri) 07:09:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
偽善者(デマをばらまいてる人)






凡人の独り言 | 【2016-02-26(Fri) 06:49:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
NHK


凡人の独り言 | 【2016-02-26(Fri) 06:36:47】
Trackback:(0) | Comments:(0)
沖縄を守る為
「沖縄を守る為」

日本本土を守る為

愛する家族を守る為




俺たちの苦しみと死が、俺たちの父や母や弟妹たち、
愛する人たちの幸福のために、
たとへわづかでも役立つものなら…



昭和19年(1944年)11月29日付の長谷川信少尉の日記より
昭和20年(1945年)4月21日沖縄天号作戦において特攻戦死 享年24歳




凡人の独り言 | 【2016-02-26(Fri) 06:24:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
価値観が一緒
“台湾人”と日本人。


「救助行動」は“中止”ニダ!

「救助行動」は“休止”アル!

凡人の独り言 | 【2016-02-26(Fri) 06:11:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ニュースと真実の区別
もしかして、


マスゴミ擁護論?

 米国のジャーナリスト、リップマンは1世紀近く前の1922年に刊行した著書『世論』の中で、新聞についてこう指摘している。

 「ニュースと真実とは同一物ではなく、はっきりと区別されなければならない(中略)ニュースのはたらきは一つの事件の存在を合図することである」

 「新聞はサーチライトのようなもので、休みなく動き回りながら暗闇のなかに一つまた一つとエピソードを浮かび上がらせる」

 確かに、新聞をはじめメディアのできることは、闇夜に漂う巨大で複雑な多面体である「真実」の一部分・一断面である個々の「事実」に光を当てることぐらいだろう。可能な限り、多方面からサーチライトを照射しても、全体像を把握するのはなかなか難しい。

 ましてや、記事は社論やその時々の紙面の都合で取捨選択されたり、扱いの大小が変わったりするものだから、せっかく捉えた本質も雑多な事実の中に紛れてしまいがちである




「新聞には、おおむね「事実」は載っている。ただ残念ながら、注意して能動的に探さないとそれを生かせない場合も多い」

by 阿比留瑠比




凡人の独り言 | 【2016-02-26(Fri) 06:03:02】
Trackback:(0) | Comments:(0)
頑張れぇ~!

「家族のため、ふるさとのため、地域のため、そして国のために役立ちたい、そのために自身を捧げる覚悟を決めた政治家の集団、日本のこころを大切にする党」

2016.2.24 17:32更新
「なぜ中国や北朝鮮を代弁するのか?」 安保法廃止法案提出の野党5党を批判 日本のこころの中野正志幹事長

 歯に衣(きぬ)着せぬ発言で知られる「日本のこころを大切にする党」の中野正志幹事長が24日の記者会見で、安全保障関連法の廃止法案を提出した民主、共産、維新、社民、生活の野党5党を批判した。「中国が南シナ海を軍事基地化し、北朝鮮がミサイル発射という形の悪行をしでかした後になぜ廃棄法案が出されるのか」と強調。「なぜ(5党は)中国や北朝鮮の代弁をしなければいけないのか。喜ぶのはどこの国なのか」とも続けた。

 中野氏は特に民主党について「中国や北朝鮮にもっともっと厳しいことを与党などとともに言わなければならないのが野党第一党だ。残念無念。『どこの国の人なの?』とあえて言いたい」と語気を強めた。

 また、民主党と維新の党が目指す新党結成に関しては「果たして民主党にメリットがあるのだろうか。どうせ(維新の国会議員の多くはもともと)民主党にいた人たちなんだから変わるわけねぇんだよ」と突き放した。



凡人の独り言 | 【2016-02-26(Fri) 05:27:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
朝日となかまたち(パヨチン野郎ども)
「反日野党議員(パヨチン議員)」は、

朝日のお仲間。



凡人の独り言 | 【2016-02-25(Thu) 19:51:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
何言ってんだ?
犯罪者が。

『それぞれの理由で日本に残りたいと願う彼らは、帰国を強いる入管に「人権侵害だ」と反発を強め、「私たちの命にもっと強い責任をもってほしい」と訴えている』



凡人の独り言 | 【2016-02-25(Thu) 19:51:02】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「募集」という名の強制連行???
意味がわからん。


要するに、

コリアンとは話が通じない、

論理的会話が成り立たない、

ということか。

凡人の独り言 | 【2016-02-25(Thu) 19:48:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
アトラス
凄い・・・。




アシモ

負けるな!



凡人の独り言 | 【2016-02-24(Wed) 20:56:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
解党するなら、
「返還」したら?


一時とはいえ、

“日本国民が支持を表明した「民主党」”への「政党交付金」なのだから。

「政党交付金」の原資は“日本国民の税金”。

是非とも、

「返還義務」を果たしてもらいたい。

えっ?

“返還はしないニダ!”

凡人の独り言 | 【2016-02-24(Wed) 20:07:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「他人ではなく家族を思う感覚」
確かに・・・。


シナ人は、

遠い親戚。

コリアンは、

赤の他人。

凡人の独り言 | 【2016-02-24(Wed) 06:52:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
太陽旗下・・・
「太陽旗下的魔法學校」。


読んでみたい・・・。

凡人の独り言 | 【2016-02-24(Wed) 06:45:29】
Trackback:(0) | Comments:(0)
AP通信の影山優理

 結局、言論が不自由になったうんぬんと言っている人たちは、単にテキトー発言が通じなくなったことに不平、不満を唱えているのであって、以前は尊重(?)されていたいい加減な発言が批判される現状を受け入れられないだけではないかと。

Posted by 阿比留 瑠比 on 2016年2月23日


凡人の独り言 | 【2016-02-24(Wed) 06:30:07】
Trackback:(0) | Comments:(0)
がんばるな!


追記:参考


凡人の独り言 | 【2016-02-24(Wed) 05:49:28】
Trackback:(0) | Comments:(0)
社民、共産、維新に民主
支持する日本人の気が知れない。


支持するニダ!

支持するアル!

凡人の独り言 | 【2016-02-24(Wed) 05:43:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
新党の略称は、
「日本が嫌い」または「新党在日」。

新党名は、

「新党帰化人聨合」がよいと思う。



追記:

新党名は、

「イミンの党」が好い!



凡人の独り言 | 【2016-02-24(Wed) 05:27:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
朝日ですから、
“プロパガンダ機関紙”ですから。



凡人の独り言 | 【2016-02-23(Tue) 04:27:01】
Trackback:(0) | Comments:(0)
1年更新の人生
百田尚樹氏とは同世代だ。


はてさて、

どちらが長くこの世に留まるか・・・。

つれづれなるままに | 【2016-02-23(Tue) 04:26:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
準備
必要だ。


「付録の人生」・・・、

好い言葉だ。

つれづれなるままに | 【2016-02-22(Mon) 17:35:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
天秤国家
卑劣な事大主義民族の「天秤国家」。



凡人の独り言 | 【2016-02-22(Mon) 17:26:07】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
くまック時計
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉