プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
痛恨の極み
米国は、

「圧力をかけている」

「カネに困っている」

「無視している」


そして、

いわば“コリアンな嘘”が、


「明らかになっている」

すべからくして、

「証拠があやふやなら、STAP細胞論文の例をひくまでもなく、再検証し、撤回するのが当たり前。米史上最も考えの甘い大統領やソウルの頑固なお姫様のご機嫌をとって、わざわざ首脳会談をする必要もない。朝鮮半島が有事になって最も困るのは、日本ではなく韓国なのだから」

【産経抄】
3月15日
2014.3.15 03:25 [産経抄]

 日ごろ能弁な安倍晋三首相が、きのうの国会答弁では、珍しく下を向いたままお役人が書いた紙を棒読みしていた。慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」を安倍政権では見直さないと答えたが、顔に「痛恨の極み」と書いてあった。

 ▼オバマ米大統領は来月、アジア各国を歴訪するが、その前に泥沼化している日韓関係を修復しようと米国は余計な世話を焼いている。日米韓首脳会談を実現させるため、韓国の機嫌を損ねぬよう「河野談話を見直さないでくれ」と陰に陽に日本側に圧力をかけているという

 ▼国防費を大幅に削減する米国は「米軍をアジア太平洋に重点的に配備する」と公言している。とはいえ実態は、米国防次官補自ら「もう実行できない」と口をすべらしたほど、カネに困っている

 ▼米国にしてみれば、軍事的膨張を続ける中国を牽制(けんせい)するため、日韓が一致結束して米軍の肩代わりをしてほしいのだろうが、ムシが良すぎる。日韓関係がここまでこじれたのは、2年前の8月、当時の李明博大統領が竹島に上陸し、天皇陛下に謝罪を要求してからという事実を米国は無視している

 ▼慰安婦問題も韓国側のプロパガンダ(宣伝)によって、娼婦(しょうふ)である慰安婦が「性奴隷」だった、とのウソも米国内に広まっている。韓国側につけいる隙を与えた河野談話が、裏付け調査なしのいいかげんなしろものだったのは、国会でも明らかになっている

 ▼証拠があやふやなら、STAP細胞論文の例をひくまでもなく、再検証し、撤回するのが当たり前。米史上最も考えの甘い大統領やソウルの頑固なお姫様のご機嫌をとって、わざわざ首脳会談をする必要もない。朝鮮半島が有事になって最も困るのは、日本ではなく韓国なのだから


“和”を尊び、

“誠”を奉じる日本人なので、

あまり言いたくはないが、

広島・長崎と、

東京をはじめとする主要都市への無差別爆撃、

“非戦闘員”へのジェノサイド、

当時の大統領は、

“フランクリン・ルーズベル”に“ハリー・S・トルーマン ”。

そして現大統領は、

“バラク・フセイン・オバマ・ジュニア”。

三人とも“アメリカ民主党”の大統領だ。

要するに、

“アメリカ民主党”は日本・日本人の仇!

真の“戦争犯罪人集団”だ!

だからといって、

とやかく言うつもりは無いけれども、

やはり戦争は勝たなければダメ!

“負けた”のが諸悪の根源…。

亡くなった父がよく言っていた。

“力こそ正義、正義は力”だと、

厚木に降り立ったマッカーサーをみてそう思ったと。

父は当時、帝国陸軍航空隊員。

“敗戦”を身体で体験した世代である。

確かに、

“正義”とはそういうもんだ。

“そんなもの”でしかない…。

“勝てば官軍、負ければ賊軍”

ただそれだけのこと。

それにしても、

今の“コリアン”は“敗戦国民の一員”だったのだけれども…、

“事大主義”、恐るべし。

とても日本人には真似はできない。

恥知らずなサイコパス、サイコリアン!

凡人の独り言 | 【2014-03-15(Sat) 09:36:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
現在を見れば、
過去が分かる。

「大半が韓国人か中国人による経営」

今も昔も変わらない…。

記事入力 : 2014/03/14 11:05
米主要都市の売春、目立つ韓中の経営者=米NPO報告書

 米主要7都市圏の売買春市場の規模が年間約1000億円に達するとの調査結果が示された。違法な銃器・麻薬の市場を上回る規模だ。不法な売春の温床となっているアジア式の「マッサージパーラー」の大半は韓国人か中国人が経営していることが分かった

 米非営利団体(NPO)のアーバン・インスティテュート(UI)は12日、米司法省の依頼を受け、米主要都市の地下性風俗について調べた報告書を発表した。

 348ページに及ぶ報告書は、米主要8都市(デンバー、ダラス、マイアミ、サンディエゴ、シアトル、ワシントン、アトランタ、カンザスシティー)の売春業者、売春婦、麻薬商人などを対象とするインタビューに基づき作成された。UIは「売買春市場など主な地下経済を深く分析した初の報告書だ」と説明した。地下経済に関する統計数値は大半が推定値だが、今回の報告書は比較可能な具体的数値を示した点で注目される。

 報告書によると、調査対象都市(カンザスシティーを除く7都市)で売買春が最も活発だったのは、韓国系住民も多いアトランタで、市場規模は年間2億9000万ドル(約298億円)。以下、マイアミ(2億3500万ドル)、シアトル(1億1200万ドル)、ワシントン(1億300万ドル)、ダラス(9880万ドル)、サンディエゴ(9660万ドル)、デンバー(3990万ドル)という順だった。7都市の合計は9億7530万ドル(約1002億円)に達した。

 報告書はインタビューを通じ、アジア式のマッサージパーラーは、大半が韓国人か中国人による経営だと指摘。経営者の年齢層は大半が40-50代で、価格は40-100ドル(約4100-1万300円)との集計をまとめた。報告書はまた、マッサージパーラーの従業員は大半がカナダとメキシコ経由で入国した不法移民で、経営者の系列店舗を回り、営業していると指摘した。

 売春業者の収入はアトランタが最多で、1週当たり3万2833ドル(約337万円)だった。年間(52週)で170万7316ドル(約1億7500万円)を稼いでいる計算だ。1週当たりの収入は以下、デンバー(3万1200ドル)、シアトル(1万8000ドル)、マイアミ(1万7741ドル)、ダラス(1万2025ドル)、ワシントン(1万1588ドル)、サンディエゴ(1万1588ドル)、カンザスシティー(5000ドル)という結果だった。 

 売買春業者による売春婦の求人方式は、「友人など周辺人物から探す」(42.5%)との回答が最も多かった。以下、隣人(38.4%)、バーやクラブ(30.1%)などが多く、インターネット(21.9%)、街頭での募集(21.9%)は相対的に少なかった。学校(11.0%)、商店(4.1%)、公共交通機関の乗り換え駅(2.7%)という回答もあった。

 8都市のうち、麻薬取引が最も活発なのはダラスで、年間の市場規模は1億9100万ドル(約196億円)だった。以下、アトランタ(1億1700万ドル)、ワシントン(1億300万ドル)、マイアミ(9600万ドル)、サンディエゴ(9600万ドル)、シアトル(8700万ドル)の順だった。

 8都市の麻薬市場の合計規模は7億2700万ドル(約747億円)で、銃器取引市場の規模(7億3800万ドル=約758億円)をやや下回った。


ナム・ミンウ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>

※朝鮮日報さん、記事を転載させていただきました。


えっ?

日本軍に強制連行された?

日本軍の性奴隷??

・・・。

従軍慰安婦 | 【2014-03-15(Sat) 09:35:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉