プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
Sea of Japan
確かに…。

“厳選!韓国情報”さんのコメント欄より

286: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2014/03/02(日) 12:33:56.24 ID:Kkg66WdO
「日本海」が「Sea of Japan」になったのではなく、

「Sea of Japan」が「日本海」になったのです。


朝鮮人は勉強しない馬鹿だからこんな簡単な歴史も分からない。


もしかしたら、

『「日本海」が「Sea of Japan」になった』

『「Sea of Japan」が「日本海」になった』

この文章の違いが分からないのかな?、

コリアンには。

凡人の独り言 | 【2014-03-02(Sun) 14:26:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
告げ口外交の行く末は…
ダメ!

「気づき始め」ちゃ!

「告げ口外交」は限界 朴政権、続く内外の板挟み
2014.3.1 22:36 (1/2ページ)[韓国]

 「3・1独立運動」の式典で、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は就任後の演説で初めて慰安婦問題に言及し、日本側に解決を迫った。韓国側は日本政府が河野談話の作成過程の検証を決めたことに激しく反発し、メディアは「(談話の否定は)日韓関係の破綻を意味する」(中央日報社説)とも警告。談話見直しの回避は、もはや朴政権の最重要課題となっていることを示している

 朴氏は安倍晋三首相との会談を拒絶する一方、歴訪先で各国首脳に安倍政権を非難する“告げ口外交”を繰り広げてきた。だが、国際社会では「対話のドアは常にオープンだ」とする安倍氏に比べ、朴氏の態度がむしろ特異に映りかねないことに韓国側も気づき始めたようだ

 4月のオバマ米大統領の訪韓を前に韓国は、北朝鮮情勢に絡み、米国から対日関係改善を強く促されている。だが、強硬姿勢を続けて日本への要求水準を引き上げてきた朴氏の戦略は、かえって日韓対立を深め、米国をいらだたせている。非難と外圧で日本の譲歩を引き出そうとする姿勢が自らの首を絞めてきたとみることができる


もっともっと「(コリアンらしい)告げ口外交」を続けて欲しい。

「告げ口外交」は限界 朴政権、続く内外の板挟み
2014.3.1 22:36 (2/2ページ)[韓国]

 朴氏は1日の演説で、これまで日韓関係が発展してきたのは、平和憲法や村山談話を基本とした歴史認識があったからだとも述べ、河野・村山両談話に基づく枠組みの維持を訴えた

 朴政権が「河野談話検証」を強く牽制(けんせい)した背景には、談話見直しで韓国が怒れば、日本が折れる”という従来の日韓関係の常識が変わり、両国関係が未知の領域に踏み出す契機となるのを恐れているとも受け取れる。軟化の兆しがない朴政権は、慰安婦問題解決という国内の要求と対日関係改善という外交課題の間で、板挟みとなる状況が続きそうだ。(ソウル 加藤達也)


パク・クネクネお嬢さま、

「限界」など気にするな!

ケンチャナヨ!

それはそうと、

「両国関係が未知の領域

というか、

“両国関係がまとも(普通)になる”という表現の方が個人的にはよいと思うのだけれども…。

ともかく、

頑張れコリアン!

負けるな、嘘つきコリアン!

世界中へその“醜い幼稚で恥知らずな本性”を曝け出せ!

凡人の独り言 | 【2014-03-02(Sun) 08:41:48】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉