プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
アサヒる新聞社
“大東亜戦争”を煽った朝日…。

【正論】
秘密保護法への不安煽った朝日 高崎経済大学教授・八木秀次
2013.12.26 03:15 (1/3ページ)[正論]

 ≪常軌を逸しプロパガンダに≫

 特定秘密保護法への根拠のない不安が広がっている。内閣支持率も10ポイント以上下がった。先日もテレビのワイドショーが、東京・巣鴨の街頭で70代女性の「特定何とかという法律、怖いわ」と答える映像を流していた。内容を知っているとは思えないこの女性を含め国民が同法に不安を覚えるのは、一部の新聞が反対の大キャンペーンを張ったからだ。代表格、朝日新聞の報道は常軌を逸していた。…


未だ反省するどころか責任転嫁して知らんぷり。

まるで“コリアン”だ。

あっ、

“朝日(ちょうにち)新聞”…。



凡人の独り言 | 【2013-12-29(Sun) 17:23:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本・日本人の誠意
つぶやくことは…、

【外信コラム】
ソウルからヨボセヨ 韓国人の英霊にも
2013.12.28 03:05 [韓国]

 1970年代に韓国に語学留学した当時、大学周辺の行きつけの食堂の主人が日本統治時代、満州で日本軍(関東軍)の上等兵だったといい「日本が戦争に勝っていたら自分は今ごろは米国のカリフォルニア州あたりの知事になっていたかもしれない…」とよく冗談を言って笑っていた。

 韓国は安倍晋三首相の靖国神社参拝にまた大騒ぎだが、靖国神社が話題になる度にこのエピソードを思い出す。日本は韓国と戦争したわけではなく、逆に韓国人は日本人と一緒にアメリカや中国と戦ったというのが歴史的事実だ。だから韓国はいわゆるA級戦犯など米中ソなど連合国による極東裁判には関係ない。あの裁判は日本の朝鮮半島支配を裁いたものでもない

 日本が戦争に負けた後、韓国は日本と一緒だったという過去(協力?)の歴史を懸命に消そうと、すべてを日本による強制だったとする“強制史観”で国民を教育し、今やみんなそう思うようになった

 靖国神社には日本とともに戦ってくれた台湾の人や韓国人の英霊も多数、祭られている。その中には戦犯として処刑された韓国人の霊も含まれている。安倍首相は参拝に際し彼らにも感謝と慰霊の言葉を発すればもっとよかった。今の韓国が何といおうとそれが日本としての誠意である。(黒田勝弘)


何も無い。

これからは、

“誠意”をもって“コリア・コリアン”とは退治して行こう。

うん?

“退治”ではなく“対峙”…。

凡人の独り言 | 【2013-12-29(Sun) 11:42:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
歴史とは…
日本では、

ヒストリー(History)


“コリア”では、

ファンタジー(Fantasy)!


2013年 12月 29日(日)

韓国 対日政策見直しに着手=安倍首相の靖国参拝で
2013/12/27 14:20

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、対日政策の見直しに着手した。7年ぶりに行われた現職首相の靖国参拝により、韓国政府が掲げてきた正しい歴史認識に基づき、両国関係を安定的に発展させる」との外交路線は大きなダメージを受けた格好だ。

 韓国政府高官は27日、聯合ニュースに対し、「安倍首相の靖国参拝前と後が同じ状況といえない。これまでの政策基調通りに進めるのは難しい状況」と述べた。同当局者は「韓日関係の安定化のために努力してきたが、日本の歴史に逆行する言動で障害が生じ、安倍首相の靖国参拝でさらに深刻になった」と指摘した。「どう対応するかは(状況を)見守らなければならない。堂々とした基調でやっていきたい」と強調した。

 過去の歴史問題などをめぐる日本の挑発により、両国関係が悪化する状況が繰り返されることを断ち切らなければ、両国関係の安定化も実現できないとして、対日政策の基調や戦略を見直す考えを示したものとみられる。

 見直しの方向性としては、韓国政府が首脳会談提案など日本の対話攻勢に対し、過去の歴史問題で誠意を示すことを強調してきたが、今後はこうした韓国政府の立場がさらに強まると予想される。

 過去の歴史問題と首脳会談などの重要な外交日程が包括的に連携して扱われる可能性が高い。韓国政府消息筋は「韓日関係が良くないというのは政府間の政治関係が良くないということ。政府レベルの高官交流などは韓日関係の影響を直接的に受ける」と述べた。韓国政府は日本との次官級戦略対話と局長級安保政策協議会などを延期する方針とされる。

 悪化した両国関係を正常化するための韓国政府のロードマップが見直されることになる。韓国政府は実務レベルから高官級レベルと、接触ルートを段階的に高め、関係改善を図ってきた。

 韓国政府は多国間協議の場で、日本の誤った歴史認識が北東アジア情勢に悪影響を与えていることなどを強調し、日本の態度変化を求めるとみられる。ただ、過去の歴史をめぐる挑発は安倍政権の問題であり、日本の国民とは無関係ということから、民間交流は維持し、発展させるための努力は進める方針だ

kimchiboxs@yna.co.kr


「日本の国民とは無関係」?

ファンタジー(Fantasy)!


アジアの特定三国 | 【2013-12-29(Sun) 11:27:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
頑張れ!
中山成彬(なかやまなりあき) 議員!





凡人の独り言 | 【2013-12-29(Sun) 11:11:24】
Trackback:(0) | Comments:(0)
アメリカ民主党…、
何せ、

日本に原爆を投下したのも、絨毯爆撃(ジェノサイド)を実行したのも“アメリカ民主党政権”

【あめりかノート】
靖国参拝 オバマ政権の偽善 ワシントン駐在客員特派員・古森義久
2013.12.29 03:08 (1/3ページ)

 米国のオバマ政権は安倍晋三首相の靖国神社参拝に対し「失望」を表明した。その背後には靖国に祭られた霊の中に米国を敵として戦い、戦後に戦犯と断じられた人たちがいるからという理由づけもあることは明白である

 だが米国の首都のワシントン国立大聖堂にもアメリカ合衆国を敵として戦い、戦後に戦犯扱いされた将軍たちが祭られている事実が新たな注視を集めたことは皮肉だといえる。オバマ政権の、自国と日本に適用する価値基準が明らかに背反しているからだ

 首都中心部にそびえる大聖堂はキリスト教のあらゆる宗派の礼拝や追悼の国家的な場となってきた。多数の大統領の国葬や歴史上の人物の式典が催され、無数の米国民が参拝してきた。

 大聖堂のネーブ(身廊)と呼ばれる中央の礼拝堂の祭壇わきには南北戦争でアメリカ合衆国に反旗を翻し、奴隷制を守るために戦った南部連合軍の最高司令官のロバート・E・リーとその右腕のストーンウォール・ジャクソンという2人の将軍の霊をたたえる碑文と生前の活動を描く多色のステンドグラスが存在する。その慰霊表示は礼拝堂の壁面全体でも、よく目立つ巨大な一角を占めてきた。


“アメリカ民主党の大統領”だもの…。

【あめりかノート】
靖国参拝 オバマ政権の偽善 ワシントン駐在客員特派員・古森義久
2013.12.29 03:08 (2/3ページ)

 その事実が話題になることはこれまで少なかったが、12月11日、大聖堂で南アフリカの大統領だったネルソン・マンデラ氏の追悼式が催されたのを機に議論を生んだ。

 ワシントン・ポストの首都圏コラムニストのジョン・ケリー氏が「なぜリーとジャクソンが大聖堂で栄誉を受けるのか」と題する記事で疑問を提起したのだ。「人種平等のために戦ったマンデラ氏を悼む場に人種平等阻止のため戦った2人が堂々と祭られていることに驚いた」との指摘だった。

 バージニア州のランドルフメーコン大学のエビー・テロノ歴史学教授も「首都の大聖堂にこの首都自体を破壊しようとした将軍たちの慰霊表示があることは矛盾」との見解を述べた。

 だが両将軍の大聖堂への祭祀(さいし)は1953年と歴史は古い。南部連合の子孫の女性団体が20年がかりで訴え、実現させた。その結果はリー将軍らの「高貴な信念の豪胆なキリスト教戦士」という碑文での聖人化であり、戦場での勇猛な活躍ぶりのガラス画化だった。


「死者の霊は生前の行動によって責められることはない…」

【あめりかノート】
靖国参拝 オバマ政権の偽善 ワシントン駐在客員特派員・古森義久
2013.12.29 03:08 (3/3ページ)

 こうした疑問に対し大聖堂の広報官は「南軍将軍の慰霊表示も米国の歴史のキリスト教の視点からの紹介であり、歴史にはよい部分も悪い部分もある」として公式の反対はないと言明した。死者の霊は生前の行動によって責められることはないとの見解だった

 だからこそこの大聖堂にオバマ大統領も閣僚たちも頻繁に参拝するのだろう。だが、その政権は靖国に対しては問われる前に日本の首相の参拝への「失望」を喧伝(けんでん)するのだ。ブッシュ前政権が当時の小泉純一郎首相の靖国参拝を認め、むしろ中国の圧力に屈するなという意向を示したのとは対照的である

 日本の首相は頻繁に靖国を参拝すべきだというジョージタウン大学のケビン・ドーク教授はオバマ政権の靖国への態度は大聖堂の現実からみると明らかに偽善的だと論評するのだった。


ブッシュさんは“アメリカ共和党”の大統領。

凡人の独り言 | 【2013-12-29(Sun) 10:38:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
“共同(共産党同盟通信社?)”だから…
仕方がない。

「日本の軍国主義に苦しんだ(フィリピンなどの)国々…」

豪紙「日本のオウンゴール」
2013.12.29 00:21 [歴史認識]

 安倍晋三首相の靖国神社参拝に対する海外からの批判が止まらない。28日には静観していたアジア太平洋諸国の有力メディアからも“火の手”が上がった。日米と安全保障協力を進めるオーストラリアの有力紙オーストラリアンは同日付の社説で日本のオウンゴールとの表現で、自ら招いた外交的失点と指摘した。

 同紙は安倍氏が憲法改正など安保戦略の抜本的見直しを進めていることについて「日本の軍国主義に苦しんだ(フィリピンなどの)国々からも支持を取り付けている」とする一方、他国の反発を招くような行動を続ければ「支持を失いかねない」と苦言を呈した。

 日本の友好国インドネシアの有力紙コンパスも28日付社説で、中国が東シナ海上空に設定した防空識別圏や尖閣諸島問題で緊張が高まっている中、参拝が行われたことに言及し、「タイミングは適当ではなかった」と論評した。(共同)


おいおいおい、

苦しんだのは、「日本の軍国主義」ではなく“どこかの国々”の“植民地支配”

忘れたの?

「オウンゴール」はどっちかな?

それから、

「他国」といったて…、

“中共”と“南北朝鮮”…。

結局、

「タイミング」の問題だけかな?

凡人の独り言 | 【2013-12-29(Sun) 10:21:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
至言、箴言…、
「家庭の幸福は妻への降伏」


知らなかった…、

この“名言”を。

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】
(443)安倍首相の母が「大噴火5秒前」ってホント?
2013.12.23 18:00 (1/2ページ)[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]

 火のないところに煙がボーボーとはまさにこの記事のことだろう。

 『週刊新潮』(12月26日号)のトップは「『安倍アッキー』に沈黙するゴッドマザー『安倍洋子』大噴火5秒前」。

 「UZU(うず)」という居酒屋をやったり、「原発ゼロ」を唱えたり、はたまたこの日韓関係厳しい折に韓国大使館でキムチを漬けてみたり、たしかに安倍昭恵さんが総理夫人としてはやや奔放なことはたしかだろう。

 が総理自身、「家庭の幸福は妻への降伏」と言って容認しているのだから、ま、いいではないか。

 で、ほんとに「大噴火5秒前」なのかと思って読んでみると、かれこれ1カ月前、支援者が洋子さんに「居酒屋(UZU)は、まだやってるんですか」と聞くと、

 〈洋子さんは、即座にギロッと目を剥(む)きながら「そうなのよ!」と語気を強めたという〉

 これが〈「彼女の昭恵さんに対する本心の窺(うかが)えるエピソード」(支援者)〉だといい、〈今、洋子さんの深層心理では、アッキーへの不満が募りつつある〉というのだが、『新潮』、いつから心理学者になったのか。


それと、

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】
(443)安倍首相の母が「大噴火5秒前」ってホント?
2013.12.23 18:00 (2/2ページ)[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]

 混乱のうちに成立した特定秘密保護法だが、朝日、毎日、テレビ各局の偏向報道ぶりは目に余る。

 これについては発売中の『WiLL』2月新春超特大号でも詳しく取り上げたが、『ニューズウィーク日本版』(12・24)長岡義博記者の「秘密保護法と妄想報道の罪」が、「保護法」の問題点も指摘しつつ実に行き届いている。

 〈「恐怖」ばかりを拡大解釈して大げさに伝え、本来すべき議論を喚起しなかったメディアの責任も重い〈国際社会の現実を考えれば、国民の知る権利などの基本的人権を損なわない形で、いかに安全保障体制を強化するかという議論は不可欠〉

 まったくその通りだ。

 ついに辞任した猪瀬直樹都知事。『週刊ポスト』(1・1/10)佐野眞一さんの特別寄稿「猪瀬直樹君への手紙」、よく書かせたし、佐野さんもよく書いた。必読。

(『WiLL』編集長)



「秘密保護法と妄想報道の罪」

恐怖」ばかりを拡大解釈して大げさに伝え、本来すべき議論を喚起しなかったメディアの責任も重い〉

先ずは、

“Will 2月号”を買いに行こう。

WiLL (ウィル) 2014年 02月号 [雑誌]WiLL (ウィル) 2014年 02月号 [雑誌]
(2013/12/20)
花田紀凱 責任編集

商品詳細を見る


凡人の独り言 | 【2013-12-29(Sun) 10:07:24】
Trackback:(0) | Comments:(0)
世論
“マスコミの報道する世論とは作り上げられたもので、信用するとひどい目に遭う”

という内容かと早合点してしまったが、どうやら違うようだ。

「世論とはそれがあることで得をする人々が作り上げた意見である」

ただ、このフランスの社会学者が言ったという言葉は正に至言である。

要するに、

マスコミで報道されるところの「世論」とは、私たちがごく普通に考えている“より多くの人たちの意見(考え)”ということではなく、マスコミが恣意的に作り上げた、いわば“個人的な意見(主張)”にしか過ぎないということだ。

言い得て妙。

正に正鵠を射た言葉だと思う。

【新聞に喝!】
「米世論」からくみ取れる緊張感 京都大学大学院教育学研究科准教授・佐藤卓己
2013.12.29 09:00 (1/2ページ)

 「世論とはそれがあることで得をする人々が作り上げた意見である」と、フランスの社会学者、ブルデューは言った。世論調査の結果をどのように報道するか、そこで新聞の立ち位置が問われる

 外務省は米国で実施した世論調査の結果を19日に発表した。ウェブのMSN産経ニュースは共同通信配信の記事を「アジアの最重要国、日本2位に転落 米世論調査、首位は中国」の見出しで報じた。「一般市民のうち『アジアで最も重要なパートナー』として中国を挙げた人が39%と最も多く、昨年首位の日本は35%と2位に転落した。政財界や学界などを対象とした調査でも中国が最多だ」

 産経は紙面での扱いは小さく、重要なニュースと見なさなかったようである。確かに、この調査では既に2010年に中国は日本と同率トップで並び、11年に日本を抜き首位となっている。昨年は日本が首位を奪回しているが、パートナー順位に一喜一憂する必要はない。

 だが、日米安保体制に関する世論動向には注目が必要だろう。

 朝日は「米世論『日米安保を維持』急減」の見出しを掲げ、「現在の日米安保条約を『維持すべきだ』と答えた人は67%で、昨年と比べて22ポイント減の急落。この質問が設けられた1996年以降で最低だった」。その上で、米国内には日中の争いに巻き込まれることを懸念する声があり、今回の減少に影響した可能性もあると分析している。

【新聞に喝!】
「米世論」からくみ取れる緊張感 京都大学大学院教育学研究科准教授・佐藤卓己
2013.12.29 09:00 (2/2ページ)

 一方で読売は、この設問には触れず「日本の防衛力については、一般国民の64%、有識者の72%が『増強すべきだ』と答えた」と報じた。日経も同じ数値を紹介した上で、ウェブ版の記事では「日本は信頼できる友邦かどうかを聞いた質問では一般の76%、有識者では93%が『信頼できる』と回答した」と続けている。

 焦点の当て方が大きく異なる各紙の報道を並べた上で、これに関しては朝日の記事が最も正しいと私は考える。つまり、米国民が日中の紛争に巻き込まれたくないという感情を抱いていることは事実であり、そうした国民感情を十分に意識した上で日本の外交は構築されるべきだからである。米国民が安全保障上で中国より日本を信頼していることは確かだろう。自明な事実をニュースとして報じる必要はない。それに触れた記事は読者に安心感を与えるが、むしろいま必要なのは緊張感だ。厳しい東アジア情勢のなか、「世論の専制」の国の動向に真剣に向き合うべきなのである

                   ◇

【プロフィル】佐藤卓己 

 さとう・たくみ 昭和35年広島県出身。京都大大学院修了、文学博士。専門はメディア史。


それにしても、

「朝日の記事が最も正しいと私は考える」

そういうこともたまにはある。

とはいえ、

『「世論の専制」の国の動向』の意味合いがいまいち理解できない。

もう一度読み返してみるか…。



こりゃあ、マスコミに対する“痛烈な批判”だな。

「世論の専制」

これまた言い得て妙。

“至言”というよりも、“箴言”であろう。

凡人の独り言 | 【2013-12-29(Sun) 09:49:17】
Trackback:(0) | Comments:(0)
南も北も、
同じ朝鮮人…。

【首相靖国参拝】
北朝鮮が初報道「軍国主義亡霊よみがえらせる」
2013.12.28 22:58

 北朝鮮国営の海外向けラジオ、平壌放送は28日夜の定時ニュースで、安倍晋三首相の靖国神社参拝を報じ、「軍国主義の象徴である神社を参拝する無分別な行為を敢行した」と批判した。

 ラヂオプレス(RP)が伝えた。RPによると、北朝鮮メディアが今回の参拝を報じたのは初めて。

 同放送は、参拝を「妄動」だと非難し、「アジア諸国と国際社会の反対にもかかわらず敢行された参拝は、軍国主義亡霊をよみがえらせようとする安倍政権の右傾化策動がどの程度に至ったのかを示している」と主張した。


救いようが無い。

アジアの特定三国 | 【2013-12-28(Sat) 23:12:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
性犯罪?
大阪…?

で、

“被害者”と“加害者”の“国籍”は?

【プレーバック大阪2013(1)】
増加する強姦、強制わいせつ…壮絶被害に遭った読者から届いた悲痛な叫び
2013.12.28 12:00 (1/2ページ)[westナビ]

 「魂の殺人」といわれる性犯罪(性暴力)。大阪では近年、強制わいせつや強姦の被害が増加し、インターネットでは事件を下品な言葉でちゃかす人が増殖している。そんな現実に対する怒りから今年、紙面で展開したのが「STOP!性犯罪」企画だった。反響は大きく、全国から多くのメールが寄せられた。

 関東地方で音楽活動をする30代の女性はプロデューサーが加害者。睡眠薬のようなものを飲まされ、襲われた。「相手が知人だから『ただのセックスにすぎないのかもしれない』と、自分を必死に納得させようとした」という。だが1人で抱え込めば抱え込むほど、心の傷は深く裂けていった。

 「被害後は命の誕生すら性欲や暴力の結果にしか思えなくなり、自分が生まれてきたこと自体を否定してしまった」と振り返る。

 府内の40代の女性は、11歳の時から実父の性虐待を受けていた。心を病み、左手首にはいくつものリストカットの痕が生々しく残っているという。被害に遭っている間、父が呼び続けた自分の名前が忌まわしくて、改名もした。

 「よそのお嬢さんにちょっとでも触れれば犯罪なのに実の娘ならいい、なんてないですよね? 父がしたことは性犯罪と呼んでいいんですよね?」。女性は今回の企画を読み、ようやく「自分が受けていた被害は犯罪だった」と気持ちを整理できたという。…


何せ、

「よそのお嬢さんにちょっとでも触れれば犯罪なのに実の娘ならいい、なんてないですよね? 父がしたことは性犯罪と呼んでいいんですよね?」。女性は今回の企画を読み、ようやく「自分が受けていた被害は犯罪だった」と気持ちを整理できたという。


私には、

この“被害者”が“日本人”だとはとても思えない…。

もし国籍が、“かの国”だとするならば…、

それは“性犯罪”ではなく“伝統文化(因習)”。

対して、

もし、“加害者”が“日本人”ならば、

とっとと“かの国”へ移住してもらいたい。

“かの国”では“伝統文化”でも、

“日本国”では紛れも無く卑劣な犯罪だ!

凡人の独り言 | 【2013-12-28(Sat) 15:53:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
著作権侵害!
ふざけんな!

明らかに“編集権侵害”だ!

20131226sitamatinotaiyou.jpg

「著作権侵害に関する第三者通報が複数寄せられたため…」


いったい誰なんだ!?

「第三者」とは…。

しかも「複数」?

それに、

投稿動画は“倍賞千恵子「下町の太陽」オリジナルバージョン”ではないぞ!

だから、

公表しろ!公表!!

動画を削除した“責任者”と、

その“複数の第三者”やらを!

つれづれなるままに | 【2013-12-28(Sat) 14:55:34】
Trackback:(0) | Comments:(0)
尻馬新聞
“唸声の気になるニュース”さんからの一言。

「中韓の尻馬新聞」

拍手、

座布団10枚!

もちろん、

20131215asahi0.jpg



凡人の独り言 | 【2013-12-28(Sat) 12:57:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
無償提供した“銃弾”を返却する前に…、
こちらの方はどうなったの?

韓国船籍の座礁タグボート、重油回収始まる 台船は大きく傾く 和歌山・串本沖
2013.12.17 07:27

20131228waf13121707330004-p1.jpg
座礁したタグボートから重油を回収する担当者=和歌山県串本町

 和歌山県串本町沖で10日から座礁したままとなっている韓国船籍のタグボート(160トン)について、船内に残った重油の回収作業が16日、始まった。天候などが安定し作業が順調に進めば、20日頃に終了する予定という

 串本海上保安署によると、タグボートは千葉から韓国に向かう途中、荒天のため停泊していたが、10日未明に強風にあおられ座礁。乗組員4人はヘリコプターで救助されたが、タグボートは座礁したままで、タグボートにえい航されていた台船(長さ70メートル、幅30メートル、高さ65メートル)も座礁して斜め45度ほどに傾いた状態となっている。

 タグボートと台船ともに船底が破損したため、燃料用や発電機に使う重油が流出。一時、台船からの重油が油膜状に南東方向に長さ約3キロ、幅約200メートルに広がった。周辺には拡散を防ぐオイルフェンスなどが設置され、現在のところ漁業に大きな影響はないとみられている。

 重油の回収作業は、午前11時に始まり、タグボートから約150メートル離れた海岸からホースを伸ばし、ポンプによる抜き取り作業が行われた。いったん海岸のドラム缶に重油を集め、さらに約80メートル分のホースを伸ばして大型タンクローリーに移された。この日の作業は午後2時過ぎに終了。約20キロリットルの重油が回収されたという。

 同署は「今日は天候が良く順調に作業を進めることができた。早い回収に努めたい」と話していた。


よもや“回収費用”が“日本国民の税金”から出されてはいないと思うけれども…。

“人命”は仕方がないが、当然“回収費用”は“コリア持ち”。

“日本・日本人”に“借り”をつくるのが嫌なのでしょうから…。

凡人の独り言 | 【2013-12-28(Sat) 12:43:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
号外
“ぼやきくっくり”さんからの(無断m(_ _)m)転載です。

20131228BcYzouOCUAAB9PQ.jpg


仰るとおり…。

「号外」に、うかれた私がバカだった…。

反省。

凡人の独り言 | 【2013-12-28(Sat) 11:53:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
河野談話の行く末は…

河野談話の撤回要求へ 維新、年明け署名 参考人招致も
2013.12.28 08:14 [歴史認識]

 慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」をめぐり、日本維新の会が年明けに河野談話の撤回と、河野氏の国会への参考人招致を求める署名運動を全国で展開することが27日、分かった

 談話の根拠となった韓国での元慰安婦への聞き取り調査報告書は「ずさん」だったことが産経新聞の報道で明らかになっており、維新は署名運動を通じ見直しの機運を盛り上げたい考えだ。平沼赳夫国会議員団代表らが主導して進める

 維新は「歴史問題検証プロジェクト・チーム(PT)」(座長・中山成彬元文部科学相)を11月に発足させ、談話の検証を開始。12月に内閣官房に対し、元慰安婦16人の聞き取り調査報告書の開示請求を行った。米カリフォルニア州グレンデール市に「慰安婦」像が設置された問題では、党所属国会議員が現地を視察している。

 だが、こうした取り組みにもかかわらず、談話見直しの論議は広がりを欠いている。このため、間違った談話で、日本人がいわれのない汚名を着せられたままではいけない(幹部)として、全国で声を上げることにした。


“維新”はあまり好きではないけれども、

頑張れ、元“たちあがれ日本・太陽の党”

凡人の独り言 | 【2013-12-28(Sat) 11:22:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ケビン・ドーク教授
“朝日”は絶対にインタビューしない教授。

20131228trd13122809350004-p1.jpg
米国ジョージタウン大学東アジア言語文化学部長・ケビン・ドーク教授

【首相靖国参拝】
鎮霊社訪問「平和望む意思明白」米ジョージタウン大 ケビン・ドーク教授に聞く
2013.12.28 09:35 (1/2ページ)

 安倍晋三首相の靖国神社参拝に対する評価を、6月に安倍首相とも会った日本研究者で、米ジョージタウン大学教授のケビン・ドーク氏に聞いた。

(ワシントン 青木伸行)



 靖国参拝は日本国民と、民主的な選挙で国民から選ばれた安倍首相ら国会議員が自身で決める、日本のすこぶる国内問題だ

 中国と韓国がなぜ、この日本の国内問題に首を突っ込むのか、いまだに理解できない。安倍首相の靖国参拝は、戦争を始める意思の合図でもなければ、旧日本軍を奉じるものでもない。首相は国内外で国家と国民のために命を落とした人々の霊を、慰めたいと欲しているのだ。中国と韓国の指導者は、同じように(自国民を)慰霊したいと望まないのだろうか。

 靖国神社には戊辰戦争の戦死者らが祭られている。このことは、米国のアーリントン国立墓地(バージニア州)に(南北戦争などの)戦没者が慰霊されていることと類似している。


さすが、「日本研究者」…。

【首相靖国参拝】
鎮霊社訪問「平和望む意思明白」米ジョージタウン大 ケビン・ドーク教授に聞く
2013.12.28 09:35 (2/2ページ)

 安倍首相の靖国参拝で最も印象的なのは本殿だけではなく鎮霊社も参拝したことだ。外国の人々には、鎮霊社を訪れた意味を理解してほしい。

 重要なのは、鎮霊社には世界のあらゆる国の戦没者が祭られているということだ。ここには第二次世界大戦で、旧日本軍と戦った米国人や中国人なども含まれている。安倍首相が鎮霊社を参拝したのは平和を望む意思があったからであることは明白である


 鎮霊社参拝はまた、安倍首相が国民を、「民族主義」から(国民を重視する)「国民主義」へと導こうとするものでもある

 日米関係に負の影響がないことを望む。米政府が「失望している」と表明したのは(中国、韓国が)感情を害する事態を、避けようとしただけだろう


中韓は「民族主義(漢民族と朝鮮族)」、日本は「国民主義(日本国民)」。

勉強になった。

そして、

その“最も印象的で重要なこと”を日本のマスゴミはほとんど報道しない現実…。

それから、

「中国と韓国がなぜ、この日本の国内問題に首を突っ込むのか、いまだに理解できない」

ですか?

それはですねぇ…、

『“国家の正当性”を他国に依存することしかできない』からですよ。

何故、“他国(日本)に依存”するのかですか?

分かっていらっしゃるのにお人が悪い…。

それは…、

一言で言わせてもらえば、

“中朝(中・韓・北朝鮮)”は、

“正統性が無い国家”だからです。

凡人の独り言 | 【2013-12-28(Sat) 11:10:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
“嘘つきは泥棒の始まり”

確かに…、

仏像、竹島、その他諸々。

凡人の独り言 | 【2013-12-28(Sat) 10:40:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
歴史の必然(宿命)…、
支持率が上がろうが下がろうが、嘘つき国家・国民のコリア・コリアンに相応しい、“告げ口外交”が大好きな、“見下げた大統領”だとは思うけれども…。

結果、

お父様が“大韓民国”を興し、

20130415tumblr_ml8gx7PCeP1r74lupo1_500.jpg


娘が、その“大韓民国”を滅ぼす。

韓国・朴槿恵政権、報道攻撃で支持率急落 弱点突く左派系メディア
2013.12.27 20:58 (1/2ページ)[韓国]

20131227kor13122721000003-p1.jpg
韓国の朴槿恵大統領(AP)

 【ソウル=加藤達也】韓国の鉄道公社ストライキへの警察力投入をめぐり、朴(パク)槿恵(クネ)政権批判が強まっている。支持率急落の背景には「政権にとって核心的な弱点を突いてくる左派系メディアの存在が大きい」(与党系シンクタンク幹部)と指摘されている。

 ストで高速鉄道のKTXや貨物部門の間引き運行が始まり、国民生活にも影響が及んでいる。調査会社の韓国ギャラップが発表した朴大統領の国政運営への支持率(12月第3週)は48%にまで下がった。

 政権側は「結果に一喜一憂することなく政治課題に真面目に向き合うことで国民に誠意を示している」(大統領府関係者)としているが、別の関係者は「スト長期化と不安定な北朝鮮情勢を理由に、経済や景気対策での効果が不十分だとして左派系メディアが攻勢を強めたことが下落につながった可能性もある」と分析する。

 急先鋒(せんぽう)は代表的左派系紙のハンギョレ新聞。朴政権に関するテーマなら一般記事から論説、外部寄稿に至るまで批判一色だ。

 24日付(電子版)ではロシア系韓国人の韓国学者が朴政権を「極右」と断じ「(民主化以降の)25年でこれほど時代錯誤的で非常識な権力は初めて」と非難する内容の記事を載せた。…


これも歴史の必然(宿命)か…。

アジアの特定三国 | 【2013-12-27(Fri) 22:45:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
お~ぃ、
おっさん!

「…中韓両国は子供だと思って我慢すればいいんです…」


【単刀直言・年末スペシャル 藤井裕久民主党顧問】
 外交は評価するが歴史観と経済政策は是認できない
2013.12.26 17:00 (1/3ページ)

20131227plc13122617000022-p1.jpg
藤井裕久氏=20日午後、港区白金台(瀧誠四郎撮影)

 安倍晋三首相が外国との関係強化に努めてきたことは評価したいと思います。しかし、是認できないものがあります。ひとつは偏ったナショナリズム、歴史観を持っていないか、もうひとつは経済問題を金融で解決しようとしている、ということです。

 安倍さんの叔父の西村正雄・元日本興業銀行頭取も、第1次政権誕生直前に亡くなるまで安倍さんの政治姿勢を心配されていました。西村さんが生前、私たちに送られた手紙には、安倍さんに「市場原理主義者や偏狭なナショナリストと絶縁し、もっと経験を積むように」と伝えたことが記されていました。

 ナショナリズムは大事です。しかし、健全なナショナリズムであってほしい。安倍さんにはどうも、日本が良ければいいという「日本一国至上主義」的な考えが見え隠れするのです

 昭和47年の日中国交正常化交渉の際、田中角栄首相が「尖閣諸島(沖縄県石垣市)の問題がありますね」と言うと、中国の周恩来首相は「そんな問題はもうやめましょう。石油が出たから言い出した話なんです」と。角栄さんは「そうですか」としか反応しませんでした。

 そのころの両首脳は共に大人の対応をしたわけです。それに比べると、今は子供だと思います。安倍さんの東南アジア諸国連合(ASEAN)との外交には中韓両国を包囲しようという発想がないですか。昨年、野田佳彦政権が尖閣を国有化したのは、国内事情があって「せざるを得なかった」のです。中韓両国は子供だと思って我慢すればいいんです。…


私には、

“民主党”が是認できないのだけれども…。

ところで、

「健全なナショナリズム」て何?

もしかして、

“中韓”に阿ることが「健全なナショナリズム」とでも?

そもそも「子供」ならば、

「我慢」するのではなく、

“躾”が必要だ。

凡人の独り言 | 【2013-12-27(Fri) 22:20:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くどいようだけれども、
先の大戦(大東亜戦争)は、

“マスコミ”と“コミュニスト(共産主義者)”が惹き起こした。

“マスコミ”は“私利私欲(金儲け)”のため、

“コミュニスト”は“革命(唯物論)”のために。

齢半世紀を超え、還暦を間近にして、

私はそう“確信”している。

だから、

“マスゴミ”の言うことは信じるな!

必ず“不幸”がやってくる…。

凡人の独り言 | 【2013-12-27(Fri) 21:53:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
牽強付会
コリアンの言い分は…、

訳が分からない。

【首相靖国参拝】
「首相談話に誠意なし」 韓国高官が日本に表明
2013.12.27 20:34

20131227kor13122720350002-p1.jpg
在韓日本大使館の倉井高志総括公使(左)を呼び、安倍首相の靖国神社参拝に抗議した韓国の金奎顕外務第1次官=26日、ソウルの韓国外務省(共同)

 安倍晋三首相が26日の靖国神社参拝後に「不戦の決意」を伝える談話を出したことについて、韓国の金奎顕外務第1次官が同日、日本側に「談話には誠意が欠如している」と述べ、安倍氏の言葉を信用しない考えを表明していたことが分かった。韓国政府当局者が27日、明らかにした。

 金第1次官は26日に外務省に在韓国日本大使館の倉井高志総括公使を呼んで抗議した際に、安倍氏の談話について「われわれや国際社会の憂慮と警告にもかかわらず、靖国神社に参拝した姿を見れば、談話の内容自体に誠意が欠如していることを(安倍氏自身が)示している」と述べた。(共同)




“安倍談話”

 本日、靖国神社に参拝し、国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福をお祈りしました。また、戦争で亡くなられ、靖国神社に合祀されない国内、及び諸外国の人々を慰霊する鎮霊社にも、参拝いたしました。

 御英霊に対して手を合わせながら、現在、日本が平和であることのありがたさを噛みしめました。

 今の日本の平和と繁栄は、今を生きる人だけで成り立っているわけではありません。愛する妻や子供たちの幸せを祈り、育ててくれた父や母を思いながら、戦場に倒れたたくさんの方々。その尊い犠牲の上に、私たちの平和と繁栄があります.

 今日は、そのことを改めて思いを致し、心からの敬意と感謝の念を持って、参拝いたしました。

 日本は、二度と戦争を起こしてはならない。私は、過去への痛切な反省の上に立って、そう考えています。戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを堅持していく決意を、新たにしてまいりました。

 同時に、二度と戦争の惨禍に苦しむことが無い時代をつくらなければならない。アジアの友人、世界の友人と共に、世界全体の平和の実現を考える国でありたいと、誓ってまいりました。

 日本は、戦後68年間にわたり、自由で民主的な国をつくり、ひたすらに平和の道を邁進してきました。今後もこの姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。世界の平和と安定、そして繁栄のために、国際協調の下、今後その責任を果たしてまいります。…


“共同”さん、

記事を書いていて嫌にならないの?

この限度を超えたコリアンの“牽強付会”さに…。

アジアの特定三国 | 【2013-12-27(Fri) 21:22:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
良かった…、
日本国の首相が安倍晋三さんで。


フェイスブックの“いいね!”をクリック。

ただ今“67,265人”。


あっ、

“いいね”が増えている…。

凡人の独り言 | 【2013-12-27(Fri) 20:46:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コリアの銃弾返還方針
うん?

“貸した”のではなく「無償提供」だったのかぁ…。

菅長官、韓国の銃弾返還方針に不快感「極めて難しい問題あったが、徹夜で応えた」
2013.12.27 19:16

 菅義偉官房長官は27日の記者会見で、南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する韓国軍に日本が無償提供した銃弾1万発を韓国政府が返却する方針を示していることについて「国連と韓国の要請を受け、政府は人道的、緊急的措置として徹夜で応えた」と述べ、不快感を表明した。

 菅氏は、内閣法制局が銃弾提供を武器輸出三原則の例外とできるかどうかについて22日から23日未明にかけて検討を重ねたことを強調。「危機的状況で緊迫しているとの韓国の要請があった。極めて難しい問題があったが、極めて大事な隣国なので協力した」と語った。韓国政府からの返却に関する情報は「全くない」と述べた。


ついでに、

“日韓基本条約”をコリアンの希望通り反故にして、

支援金(日本国民の税金)を“全額”返してもらいたい…。

アジアの特定三国 | 【2013-12-27(Fri) 19:51:09】
Trackback:(0) | Comments:(0)
本音…、
「日本は韓国と戦ったわけではないし、本当に疲れる」

【首相靖国参拝】
10月決断、「年内に…」米中韓関係見極め「空白」断つ
2013.12.27 12:08 (1/3ページ)[安倍首相]

 靖国神社で秋季例大祭が行われていた前後、10月中下旬のことだ。安倍晋三首相と数人の知人が会食し、うち1人が帰り際に「靖国参拝はどうするのか」と尋ねると、首相は気負うでもなく淡々と答えた。

 「年内に必ず参拝する」

 おそらくこの頃には、刻々と移り変わる内外の諸情勢をなお慎重に見極めつつも、年内参拝の腹を固めていたとみられる。

 首相はこれまで靖国参拝の政治問題化・外交問題化を避けるため、参拝するしないを明言しない「あいまい戦術」をとってきた。国のために命をささげた英霊には、できるだけ静謐(せいひつ)な環境で安らいでもらいたいという思いからだ。

 「御霊(みたま)安らかなれと、手を合わせてまいりました」

 首相が26日の靖国参拝後、記者団にこう語ったのもその延長線上の理由からだろう。そうであっても、このまま一国の首相が官邸にほど近い日本の領土に足を踏み入れられず、戦没者の慰霊・追悼も自由にできない異常事態が続くことは看過できなかったのだ。

 首相は平成23年11月の産経新聞のインタビューで、第1次政権で参拝できなかった自身の責任についてこう述べている。

 「それ以来、首相の靖国参拝が途絶えたことでは禍根を残したと思っている」

 靖国参拝のマイナス面も考え抜いた。参拝すれば中国や韓国の強い反発は避けられない。さらに、東アジア地域に波風が立つのを嫌う同盟国の米国からも厳しい反応が飛び出すことが予想される。首相は、特に韓国の感情的な反発に対しては「日本は韓国と戦ったわけではないし、本当に疲れる」とこぼしもした。…


多くの日本国民の…。

アジアの特定三国 | 【2013-12-27(Fri) 19:08:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
保険とマスゴミ
“保険”は、

“安心”を、

“マスゴミ”は、

“不安”を、

人々に売りつける。

そして、

“保険”は原則的に“補償(見返り)”があるが、

“マスゴミ”は、

“売りっぱなし”で無責任。

恥を知れ恥を!

マスゴミ人!

靖国も、

慰安婦も、

南京大虐殺も、

マスゴミ人の飯の種。

国民に“不安を押し付け”、“煽る”のがお仕事。

その為に、

“切り貼り報道”、

そして、

“歪曲報道”。

嗚呼、マスゴミ…。

凡人の独り言 | 【2013-12-27(Fri) 16:40:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
やはり、
共同かぁ…。

【首相靖国参拝】
NYタイムズ紙「危険なナショナリズム」
2013.12.27 13:47

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝は中国、韓国との緊張をさらに高める「危険なナショナリズム」だと批判する社説を掲載した。社説は「アジアに必要なのは各国間の相互信頼であり、安倍氏の行動はその信頼をむしばむ」と厳しく批判した

 一方、沖縄県尖閣諸島の領有権や慰安婦問題をめぐる中韓両国の対応が日本国民に軍事的脅威を感じさせたり、不信感を抱かせたりしているとも指摘。問題解決のため、中韓首脳は安倍氏と会談すべきだとした。

 また、「安倍氏の究極の目標は日本の平和主義的な憲法を書き換えることだ」とした上で、「日本の軍事的冒険は、米国の支持があって初めて可能となる。米国は安倍氏のアジェンダ(政策課題)は地域の利益にならないことを明確にすべきだ」と米政府に注文を付けた。(共同)


“NYタイムズ”は日本の“アサヒる新聞”のお友達。

他に引用する社説はないの?

“左巻き仲間”の共同さん。

凡人の独り言 | 【2013-12-27(Fri) 15:59:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
共同さん…、
わざわざニュースにしなくとも…。

“貸した”のだから、“返す”のは当たり前。

韓国、日本提供の銃弾返却へ 追加物資到着後
2013.12.27 12:17

 韓国国防省の副報道官は27日の記者会見で、日本が国連を通じて南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する韓国軍に提供した銃弾1万発について、韓国から現地に追加物資が届き次第、「すぐに国連に返却する」と明らかにした。

 韓国内で、安倍政権が銃弾提供を「積極的平和主義」の推進に「政治利用している」との批判が出ていることを念頭に、返却方針を明確にした形だ。

 副報道官はまた、銃弾提供をめぐる日本の対応や安倍晋三首相の靖国神社参拝に触れ、「信頼を構築できない日本の動きがある中、どのような軍事交流ができるのか問いたい」と述べた。(共同)


「犬が人を噛んでもニュースにならないが、人が犬を噛めばニュースになる…」

“5W1H”と一緒に大学で習ったマスコミ論の一説である。

あっ、

“コリアン”だからニュースになるということか…。

納得。

それから、

こちらも同じ理由かな?

【首相靖国参拝】
韓国紙、一斉に批判「一線超えた」「心傷つけた」
2013.12.27 12:00

 27日付の韓国各紙は、安倍晋三首相の靖国神社参拝を1面トップに掲載。「一線を越えた」「韓国人の心を傷つけた」などの見出しで一斉に批判した。

 中央日報は参拝には「平和憲法に正面から逆らう意志が込められている」と指摘、「戦争被害国である周辺国を度外視した傍若無人な挑発だ」と批判した。

 朝鮮日報は参拝の背景として、特定秘密保護法の強行可決などで下落した支持率回復のきっかけにしようとしたと分析。「韓国や中国との関係改善を放棄するとの宣言だ」と指摘した。

 東亜日報は、日韓首脳会談を呼び掛けていた首相の提案は「パフォーマンスにすぎなかったことがはっきりした」とする韓国政府内の雰囲気を伝え、「首脳会談は当分駄目になり、調整中の次官級戦略対話も取り消される危機だ」と報じた。(共同)


参考までに、


msn産経ニュースより

【緯度経度】
〝壮大な誤解〟韓国こそ「ドイツに学べ」
2013.8.24 09:57 [黒田勝弘/緯度経度]

 …韓国には意図的な歴史の歪曲(わいきょく)がある。自らを日本やナチス・ドイツに対する戦勝国である連合国になぞらえ、日本を戦犯国といって非難するのがそうだ

 しかし、靖国問題もそうだが、韓国は日本と戦争した敵国ではないため、いわゆるA級戦犯問題とは直接関係はない。極東裁判は日本の韓国支配を裁いたものではないし、植民地支配は戦争犯罪ではない。にもかかわらず韓国がA級戦犯を理由に靖国問題にこだわるのは“壮大な誤解”なのだ

 ナチス・ドイツの歴史を振り返り、あえて韓国に相当するような国を探せばオーストリアかもしれない

 ヒトラーの故郷でもあるオーストリアはナチス・ドイツに6年間、併合されその一州になった。ナチス・ドイツと一体だったため、戦後は連合国の米英仏ソによる分割占領後、中立化を条件に1955年、独立を回復した。韓国(朝鮮)が戦後、連合国の米ソに分割占領されたのと同じだ。

 興味深いのはオーストリアはナチス・ドイツとの過去の関係を国際社会に謝罪していることだ。これでいくと韓国は日本との過去を謝罪、反省しなければならないことになるが…

※注:「壮大な誤解」ではなく「壮大な捏造」、または「壮大な妄想」が“事実(現実)”を直視した正確な表現になろう。黒田記者も一人のサラリーマン。本当のところは書きたくても書けないこともある…。

やはり、

“コリアン”だからニュースになるということか…。

凡人の独り言 | 【2013-12-27(Fri) 13:24:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
やはり…、
“共同”だ。

(“共同通信社”=× ⇒ “産党盟通信社”=

【首相靖国参拝】
靖国参拝「倫理に反する」 ユダヤ系団体も非難
2013.12.27 11:17

 ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部・米ロサンゼルス)のエーブラハム・クーパー副所長は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝を「倫理に反している」と非難する声明を発表した。

 副所長は「戦没者を含め、亡くなった人を悼む権利は万人のものだが、戦争犯罪や人道に対する罪を実行するよう命じたり、行ったりした人々を一緒にしてはならない」と指摘した。

 さらに副所長は、北朝鮮をめぐる情勢が緊迫した中で安倍首相が参拝したことに懸念を表明。「安倍首相が目指してきた日米関係の強化や、アジア諸国と連携して地域を安定化させようという構想に打撃を与える」と批判した。

 同センターはホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の記録保存や反ユダヤ主義の監視を行い、国際的影響力を持つ。(共同)



凡人の独り言 | 【2013-12-27(Fri) 11:53:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
中国とは、
こんな国。

NHK番組を2度妨害 中国、腐敗紹介中、画面真っ暗に
2013.12.27 09:09

 中国で26日夜、毛沢東主席の生誕120年を取り上げたNHK海外放送の番組の画面が途中で2度、真っ黒になり、見ることができなくなった。

 毛人気の背景として、官僚による腐敗の横行に庶民が怒りを強めていることなどがあると紹介する内容で、中国人に対するインタビューの場面などが消され、音声も聞こえなくなった。

 中国では共産党・政府に批判的な放送内容がたびたび規制されている。(共同)


共同さん、

よいのかな?

“事実”を報道して…。

アジアの特定三国 | 【2013-12-27(Fri) 10:24:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
記念日
「…まるで中韓にどうぞ抗議して下さいと言わんばかり…」

それが、

マスゴミの“飯の種”。


正に、

“12月26日”は記念日だ。


“安倍談話”

msn産経ニュース
首相が靖国参拝、「御英霊に哀悼の誠」「恒久平和の誓い」 安倍首相談話
2013.12.26 12:19 [安倍首相]

 本日、靖国神社に参拝し、国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福をお祈りしました。また、戦争で亡くなられ、靖国神社に合祀されない国内、及び諸外国の人々を慰霊する鎮霊社にも、参拝いたしました。

 御英霊に対して手を合わせながら、現在、日本が平和であることのありがたさを噛みしめました。

 今の日本の平和と繁栄は、今を生きる人だけで成り立っているわけではありません。愛する妻や子供たちの幸せを祈り、育ててくれた父や母を思いながら、戦場に倒れたたくさんの方々。その尊い犠牲の上に、私たちの平和と繁栄があります。

 今日は、そのことを改めて思いを致し、心からの敬意と感謝の念を持って、参拝いたしました。

 日本は、二度と戦争を起こしてはならない。私は、過去への痛切な反省の上に立って、そう考えています。戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを堅持していく決意を、新たにしてまいりました。

 同時に、二度と戦争の惨禍に苦しむことが無い時代をつくらなければならない。アジアの友人、世界の友人と共に、世界全体の平和の実現を考える国でありたいと、誓ってまいりました。

 日本は、戦後68年間にわたり、自由で民主的な国をつくり、ひたすらに平和の道を邁進してきました。今後もこの姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。世界の平和と安定、そして繁栄のために、国際協調の下、今後その責任を果たしてまいります。

 靖国神社への参拝については、残念ながら、政治問題、外交問題化している現実があります。

 靖国参拝については、戦犯を崇拝するものだと批判する人がいますが、私が安倍政権の発足した今日この日に参拝したのは、御英霊に、政権一年の歩みと、二度と再び戦争の惨禍に人々が苦しむことの無い時代を創るとの決意を、お伝えするためです

 中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くありません。靖国神社に参拝した歴代の首相がそうであった様に、人格を尊重し、自由と民主主義を守り、中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたいと願っています。

 国民の皆さんの御理解を賜りますよう、お願い申し上げます。


“マスゴミ”の皆さ~ん、

書いてありますよ、

ちゃんと説明しておりますよ。

なのに…、

「何故この日に参拝したのか分からない…」

国民を、視聴者を、購読者を、

愚弄するのもいい加減にしろ!

そもそも、

“ぶら下がり取材”での質疑応答で…。

得意の、

“意にそぐわないこと”は無視?

【首相靖国参拝】
首相ぶらさがり取材での発言全文
2013.12.26 13:38 (1/3ページ)[安倍首相]

20131227plc13122613450019-p1.jpg
靖国神社の参拝を終え、記者の質問に答える安倍首相=26日午前11時53分、東京・九段北(代表撮影)

 安倍晋三首相は26日午前、靖国神社参拝後に記者団のぶらさり取材に応じ、以下のように述べた。

 「本日、靖国神社に参拝をいたしました。日本のために尊い命を犠牲にされたご英霊に対し、尊崇の念を表し、そして御霊安かれなれと、手を合わせて参りました。そして同時に、靖国神社の境内にあります鎮霊社にもお参りをしてまいりました。鎮霊社には、靖国神社にまつられていないすべての戦場に倒れた人々、日本人だけではなくて、諸外国の人々も含めて全ての戦場で倒れた人々の慰霊のためのお社であります。その鎮霊社にお参りをしました。すべての戦争において、命を落とされた人々のために手を合わせ、ご冥福をお祈りをし、そして二度と再び戦争の惨禍によって人々の苦しむことのない時代をつくるとの決意を込めて、不戦の誓いをいたしました」

--12月26日で政権発足1年になるが、なぜこの日を参拝の日として選んだのか

 「残念ながら、靖国神社参拝自体が政治問題、外交問題化しているわけでありますが、その中において、政権が発足して1年、この1年の安倍政権の歩みをご報告し、そして二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代をつくるとの誓いを、この決意をお伝えするために、この日を選びました」


 --中国、韓国をはじめ靖国を参拝することに根強い批判があるが、どう説明か

 「あの靖国神社の参拝はですね。いわゆる戦犯を崇拝する行為であると誤解に基づく批判がありますが、私は1年間、この歩みをご英霊に対してご報告をする。そして二度と戦争の惨禍の中で人々が苦しむことのない時代をつくっていくという決意をお伝えするために参拝をいたしました。もとより、中国あるいは韓国の人々の気持ちを傷つける。そんな考えは毛頭ございません」


それにしても…、

【首相靖国参拝】
首相ぶらさがり取材での発言全文
2013.12.26 13:38 (2/3ページ)[安倍首相]

 「それは靖国神社に参拝をしてこられた歴代の総理大臣と全く同じ考えであります。母を残し、愛する妻や子を残し、戦場で散った英霊のご冥福をお祈りをし、そしてリーダーとして手を合わせる。このことは世界共通のリーダーの姿勢ではないでしょうか。これ以外のものでは全くないということを、これから理解をしていただくための努力を重ねていきたいと考えています」

 「また日本は戦後、自由と民主主義を守って参りました。そしてそのもとに平和国家としての歩みをひたすら歩んできた。この基本姿勢は一貫しています。この点において一点の曇りもございません。これからも謙虚に礼儀正しく誠意を持って説明をし、そして対話を、対話を求めていきたいと思います」

 --中国、韓国のリーダーに対して直接説明したい考えはあるか

 「あの、ぜひですね、この気持ちを直接説明をしたいと思います。戦後多くの首相は靖国神社に参拝をしています。吉田茂総理もそうでありました。近年でも中曽根(康弘)総理、あるいはその前の大平(正芳)総理もそうでした。そしてまた、橋本(龍太郎)総理も、小泉(純一郎)総理もそうでしたが、すべての靖国神社に参拝した総理は中国、韓国と友好関係をさらに築いていきたい。そう願っていました。日中関係、そして日韓関係は大切な関係であり、この関係を確固たるものにしていくことこそ日本の国益だと、そうみなさん信念として持っておられた。そのことも含めて説明をさせていただく機会があれば、本当にありがたいと思っております」


「…まるで中韓にどうぞ抗議して下さいと言わんばかり…」

【首相靖国参拝】
首相ぶらさがり取材での発言全文
2013.12.26 13:38 (3/3ページ)[安倍首相]

 --2年後、3年後と今後も靖国に定期的に参拝したいか

 「あの今後のことについて、この場でお話をすることは差し控えさせていただきたいと思います。えー、私は第1次安倍(晋三)政権の任期中に靖国神社に参拝できなかったことは『痛恨の極みだ』と、このように申し上げてきました。それは(自民党)総裁選においても、あるいは(昨年12月の)衆議院選挙のときにおいても、そう述べて参りました。その上で私は総裁に選出をされ、そして総理大臣となったわけでございます。私はこれからもですね、私の参拝の意味について、理解をしていただくための努力を重ねていきたいと思います」

 --多くの戦犯の方がまつられているが、戦争指導者の責任に関してはどう考えるか

 「あの、それはいままでも累次国会で述べてきた通りであります。われわれは過去の反省に立って、戦後しっかりと基本的人権を守り、そして民主主義、そして自由な日本をつくって参りました。そして今やその中において世界の平和に貢献をしているわけでございます。今後もその歩みにはいささかも変わりがないということは、重ねて申し上げておきたいと思います」


日本・日本人の敵は“マスゴミ”だ!

殊に、

朝日、共同、NHK(?)…。

凡人の独り言 | 【2013-12-27(Fri) 10:00:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
くまック時計
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉