プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
Sea of Japan
 やれやれ。相変わらずの“未文明(未成熟)国民”。何時になったら“文明国民”になれるのやら。 
 何も私は“日本海(Sea of Japan)”“東海(East Sea)”と呼ぶなと言っているのではない。韓国が“主権国家”である以上、“国内的”に何と呼称しようが勝手ではある。然し、それを身勝手な自己解釈によって他国へ強要することは止めていただきたい。世界中で“日本海”を“東海”と呼んでいるのは韓国人とその一部の仲間たちだけである。
 偏狭なナショナリズムと“嘘”で創り上げられたその独善的な歴史観は、韓国という国家の国際的信用を失墜させるだけである。早くその現実に気が付いてもらいたいものだ。

“「日本海」表記に韓国反発 北京五輪閉会式で上映の世界地図” msn産経ニュース
2008.8.25 11:57

 24日の北京五輪閉会式で上映された世界地図の映像が、日本と朝鮮半島の間の海域を「日本海」と単独表記したことに対し、韓国で不満が噴き出している。メディアによると韓国外交当局は対応に乗り出し、25日に中国の胡錦濤国家主席が訪韓して行われる中韓首脳会談前に新たな懸案が生まれた。

 韓国は竹島(韓国名・独島)の領有権主張と同じく、日本海を「東海」と表記するよう国際社会に求めている。不満はインターネットの書き込みで始まり、メディアも批判的に報道。中国政府が日本の肩を持つことを示す意図があるとして、首脳会談で抗議するよう求める声が出ている。

 映像の中で世界中から北京へ光が向かうことを表現したシーンにも「日本からは3本の光が北京へ伸びているのに朝鮮半島からは一つもない」との不満が出ている。(共同)


“中央日報”より
20080825.cyuuounippou.01
北京オリンピック閉幕式の序曲(Prelude)部分に出てきた動画に、東海(トンヘ、日本名・日本海)を‘Sea of Japan’(点線部分)と表記した世界地図が使われた。「MBCテレビ放送画面撮影」

アジアの特定三国 | 【2008-08-26(Tue) 00:48:36】
Trackback:(0) | Comments:(1)
情けない国…
 韓国という国は本当に情けない国だ。小中学生までを政治利用するとは。
 恥を知らない朝鮮民族。愚民に民主主義は早過ぎた。
 先ずは嘘をつくことを恥ずかしく思う文明人としての当たり前の常識を身につけることが必要であろう。そして“反日”が政治利用されていることへの認識も、一人ひとりの良識ある韓国人は知る必要がある。その上で、歴史(史実)を真摯に見つめ直していただきたい。そうすれば韓国の人たちも“真実”を手にすることができるであろう。
 それにしても、ここまで“嘘”を積み重ねてしまっていては今さら“嘘”を認めることなどできはしまい。さらに国を挙げて“嘘”を積み上げていくことしか今の韓国には生き残る道は残されていない。
 しかし、“嘘”で創り上げられた国家は何れ瓦解する。それが歴史の訓えである。
 兎にも角にも、子供たちを政治利用することだけは止めてもらいたいものだ。何時になったらその愚かさに気付くのであろうか、朝鮮民族の方々は(参考サイト; “特亜を斬る”さん“再掲載・バ韓国の反日英才教育 ”)。

“「竹島」問題…“騎馬武者”が抗議” msn産経ニュース
2008.8.14 19:34

20080815.msnsankei.01〔写真; ソウルの日本大使館周辺で「竹島問題」に抗議し気勢を上げる騎馬武者姿の小、中学生=14日(共同)〕

 古代国家、高句麗の騎馬武芸伝承を進めている韓国の団体に所属する小、中学生6人が14日、騎馬武者姿でソウルの日本大使館周辺に現れ、日本が竹島(韓国名・独島)の領有権を主張していることに抗議した。

 6人は馬に乗ったまま、「独島はわれわれの領土だ」と叫びながら、周辺を回った。(共同)


“反日教育”の成果
20080816.tokuawokiru.01
“世界一お下劣な愚民国独立を祝う” “特亜を斬る”さんより

関連投稿; “韓国の独立記念日”

竹島 | 【2008-08-16(Sat) 14:21:44】
Trackback:(1) | Comments:(3)
韓国人…
「過去2000年間、韓国と日本の間の海は東海と呼ばれてきた」とし「独島」の領有権を主張している』

 いやはや、何故に韓国人(朝鮮人)にはこのように無知で傲慢で我儘な人たちが多いのか。最近では呆れ返ってしまって“つぶやく”元気も無くしてしまっている。 
 広告主の“フォー・ザ・ネクスト・ジェネレーション・ドット・コム”は、以前にもアメリカのニューヨークタイムズに全面広告を掲載していた(関連投稿; まさしく“妄言” )。

“「独島は韓国領土」 豪紙に全面広告” msn産経ニュース
2008.8.14 12:41

 14日付のオーストラリア全国紙オーストラリアンに「独島(日本名・竹島)は東海(日本海)に浮かぶ韓国固有の領土」と訴える全面広告が掲載された。

 広告主は「フォー・ザ・ネクスト・ジェネレーション・ドット・コム」。日韓両国周辺の地図を掲載、「過去2000年間、韓国と日本の間の海は東海と呼ばれてきた」とし「独島」の領有権を主張している。

 今回の広告主は、7月にも同様の趣旨の全面広告を米紙に出した。(共同)



竹島 | 【2008-08-15(Fri) 00:55:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
競泳男子800メートルリレー

“競泳男子 800メートルリレーで日本新、決勝進出” msn産経ニュース
2008.8.12 21:10

 競泳男子800メートルリレー予選で、日本は7分9秒12の日本新記録をマークし、全体の7位で決勝に進んだ。(共同)


 で、決勝は予選と同順位の7位。記録は7分10秒31。
 それはともかくとして、今から76年前の1932年のロサンゼルス大会では、日本が世界記録で金メダルを獲得していた。

2008年8月13日 産経新聞(Net View)より20080813.sankei.02

 左から宮崎康二(みやざき やすじ)・遊佐正憲(ゆさ まさのり)・豊田久吉(とよだ ひさきち)・横山隆志(よこやま たかし)の第5回ロサンゼルス大会の時の金メダルメンバー。

“夏季五輪ヒストリー”20080813.sankei.07


“夏季五輪ヒストリー”20080813.sankei.08


つれづれなるままに | 【2008-08-14(Thu) 00:49:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
残念
 少し、バトミントンというスポーツに興味を覚えていたのだが、今回の韓国人選手のプレースタイルを見ていて興味が薄らいでしまった。
 一言でいえば“不義(不正)”がまかり通るスポーツであるということ。もう少し正々堂々と戦えるスポーツになってもらいたいものだ。たとえば、意図的に試合を遅延させようとする行為にはペナルティーを科すとか、ダブルスといえども問題のある選手は退場させるとか。
 おそらくバトミントンではなくテニスの試合だったならば何等かのペナルティーを科せられていたであろうし、サッカーや野球だったら間違いなく退場になっていたはずだ。
 ともかく、韓国人のプレースタイルには恐れ入った。これこそまさに韓国人。気に食わないことがあると直ぐに文句を言う。しかも執拗に。相手のペースを乱すためにやれることは全て行う。
 たとえそのような狡猾さが世界の一つの常識だとしても、日本人には見習っては欲しくない。単に勝敗だけにこだわらずに正々堂々と戦って欲しい。
 準々決勝での“オグシオ”ペアの試合の時の“中国人の観客”の応援スタイルにも閉口したが、“スエマエ”ペアの準決勝の試合では、呆れ果てたのは“韓国人の選手”“監督”の身勝手な行動そのものであった。たとえ勝利の為とはいえ、余りにも自己中心的で“潔くない”態度であった。
 とはいえ、韓国人に“潔さ”を求めること自体に無理があるのかもしれないが、“スエマエ”ペアにはこのような見苦しい選手は国籍にかかわらず是非とも力でねじ伏せていただきたかった。残念である。
 それにしても韓国人が“恥知らずの国民”であることが今回のバトミントンの試合でも改めて確認することができた。
  

“【スエマエ準決勝】(2)ミラクル再現ならず、惜しくも決勝逃す”
2008.8.13 15:26

20080813.msnsankei.01〔写真; 女子ダブルス準決勝で韓国ペアと対戦する末綱(手前)、前田組=北京工大体育館(共同)〕

 バドミントン女子ダブルスの準決勝で、大接戦の末に第1ゲームを落とした末綱聡子、前田美順組(NEC・SKY)は第2ゲームを15-21で落とし、第4シードの李敬元、李孝貞組(韓国)にストレートで破れた。

 末綱、前田組は3位決定戦に回り日本勢初のメダル獲得を目指す。

 第2ゲームは前半、末綱、前田組はスマッシュの形を作れず苦しい展開、韓国チームペースで進んだ。

 後半も、韓国チームの強烈なスマッシュが次々と決まったほか、相手の度重なる審判への抗議などでペースを乱され、流れを変えることはできなかった。

 準々決勝で世界ランク1位の中国チームを破った「大金星」の再現にはならなかった。



つれづれなるままに | 【2008-08-14(Thu) 00:37:43】
Trackback:(0) | Comments:(1)
被爆マリア像
 この“被爆マリア像”が全てを語ってくれている。“佐多保彦”氏が語っておられるように「“反核”や“平和”などの言葉によるプロパガンダは要らない」

「被爆のマリア像が訴えるものは実にパワフルで、世界平和のシンボルにこれほどふさわしいものはないと考えている。それは単なる反核の訴えを越えて、人類普遍の平和に対する認識と熱意を感じさせるからである。お像の廻りに“反核”や“平和”などの言葉によるプロパガンダは要らない。ただ静かに傷ついたお顔を堂々とお見せになられているだけでよい。人々はその前に跪き、各々の祈りを心に唱えることだろう。それは目に見えずとも、平和を訴える大きなパワーとなって浦上から世界へ流れ出てゆくに違いない。」“Sata Foundation”より)

「世界平和を願う声にこたえ「被爆マリア」は、昨今とてもお忙しいらしい。
 光を失った眼でご覧になったあの8月9日の惨状と人間の罪深さ。それを世界に訴えると共に、深い悲しみに沈む人々に希望を与えるため、とのこと。」
“さわらび通信”さん“日本史を見つめた「聖母」たち”より)

被爆後のマリア像
20080808.mariazou.03
http://www.madonnagasaki.org/ja/foundation.html

被爆前のマリア像
20080810.mariazou.02
20080810.mariazou.01
http://www1.odn.ne.jp/uracathe/hibakumariachapel.html

「被爆マリア像(中央祭壇)」と復元された現在のマリア像20080810.mariazou.03
“浦上教会被爆マリア像小聖堂”


凡人の独り言 | 【2008-08-10(Sun) 23:48:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
北京の「聖火」
 この“聖火”の下に、多くの“人権”と“人命”が奪い去られてしまっている。その“現実”も決して忘れてはなるまい。
 とはいえ、

頑張れ中国!

 これも偽らざる今の私の正直な気持ちではある。

2008年8月9日 産経新聞(Net View)より20080809.sankei.06

 オリンピック後の中国が末恐ろしい。この“灯火の炎”が“花火の炎”とならんことを祈るばかりである。よもや“戦火の炎”と変貌することはあるまいが…。

凡人の独り言 | 【2008-08-09(Sat) 14:27:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
長崎市の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典
 田上富久長崎市長の「あの日、この空に立ち上った原子雲を私たちは忘れません」の言葉の重みを痛感する。そして「原爆の恐ろしさを世界に伝え、核兵器廃絶に力を尽くす決意」にも大いに共感もする。そしてまた、「戦争に勝ちも負けもない。あるのは滅びだけである」の言葉には心を揺り動かされる思いを感じる。
 しかし、被爆者代表の女性の言葉には少しがっかりさせられた。

平和憲法非核三原則を世界中に広げていくことこそが、核兵器の増大と拡散を止める有効な手段」

 是非とも“手段”“目的”を履き違えないでいただきたい。少し語弊のある言い方かもしれないが、もし、先の秋葉忠利広島市長の式典での言葉のように「こんな思いを他の誰にもさせない」ことが「唯一の目的」であるとするならば、“核保有も辞さない覚悟”が必要な時もあるのではなかろうか。
 そのような柔軟な考え方が是非とも出来るようになってもらいたい。世の“平和愛好家”の皆様方には。平和憲法非核三原則といわれると、私には何故か“一億総玉砕”の言葉が思い浮かばれる。

“長崎63回目の原爆忌 「あの日の原子雲忘れない」” msn産経ニュース
2008.8.9 12:12

20080809.msnsankei.01〔写真; 平和祈念式典で、一斉に放たれたハト=9日午前、長崎市の平和公園〕

 長崎は9日、被爆から63年の原爆の日を迎え、長崎市松山町の平和公園では、市主催の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が営まれた。田上富久市長は平和宣言の冒頭で「あの日、この空に立ち上った原子雲を私たちは忘れません」と述べ、原爆の恐ろしさを世界に伝え、核兵器廃絶に力を尽くす決意を表明した。

 宣言で田上市長は、自身が被災しながら医師として被爆者救護に尽力した永井隆博士の「戦争に勝ちも負けもない。あるのは滅びだけである」との言葉を引用し、平和の尊さを訴えた。

 式典には被爆者や遺族、市民、福田康夫首相、舛添要一厚生労働相、核保有国ロシアを含む8カ国の駐日大使ら計約5400人が参列。原爆投下時刻の午前11時2分に黙祷(もくとう)した。

 被爆者代表の森重子さん(72)は「平和への誓い」で「平和憲法と非核三原則を世界中に広げていくことこそが、核兵器の増大と拡散を止める有効な手段」と訴えた。



凡人の独り言 | 【2008-08-09(Sat) 13:54:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
食品監督局長の自殺 
 もしかして、日本側にも責任があるのではなかろうか。北京オリンピックの開催日であるというのに…。
 ご冥福をお祈りする。

“中国の食品監督局長が自殺” msn産経ニュース
2008.8.8 16:21

【北京=福島香織】8日付の香港紙、星島日報によると、中国国家品質監督検査検疫総局の食品生産監督管理局の●(=烏の右におおざと)建平局長(42)が2日に飛び降り自殺した。自殺前に司法当局と接触したとの情報もあるという

 食品生産監督管理局は中国国内の食品安全を担う部署。日本で問題になった天洋食品(河北省)製造のギョーザによる中国国内の農薬中毒事件への対応も、同管理局が責任を負うが、この件が自殺と直接、関係しているかどうかは不明だ。

 同紙によると、五輪開幕にあたって、自殺については報道統制が敷かれているという。また、5日には李長江総局長が検査検疫総局内の規律の徹底を求めたという。


 「規律の徹底」とは“情報の隠蔽”のこと?少し疑ってしまう。

アジアの特定三国 | 【2008-08-09(Sat) 13:18:02】
Trackback:(0) | Comments:(0)
広島市長の平和宣言
 少し納得がいかない。秋葉忠利広島市長の平和宣言。
 「こんな思いを他の誰にもさせない」との決意は当然のこととしても、現実から遊離した「核攻撃から市民を守る唯一の手段は核兵器の廃絶です」との発言には少し首を傾げざるを得ない。
 「市民」とか「唯一の手段は核兵器の廃絶」とは、少し論理が飛躍過ぎではなかろうか。
 また、「核兵器の廃絶を求める私たちが多数派」とか「人類の生存を最優先する多数派の声に耳を傾ける米国新大統領が誕生することを期待します」とか「多数派の意思である核兵器の廃絶」などと、やたら「多数派」を口にするその姿勢にも疑問を感じてしまう。
 さらに、『市民が都市単位で協力し人類的な課題を解決できるのは、都市が世界人口の過半数を占めており、軍隊を持たず、世界中の都市同士が相互理解と信頼に基づく「パートナー」の関係を築いて来たからです』と の発言にいたっては、少し耳を疑う。
 これではまるで“国家転覆”を謀る“活動家(マルキスト)”の発言ではないか。とても「平和宣言」の文言に相応しい発言であるとは私には思えない。
 むしろ、このような“理念的で政治的な思考”こそ、先の原爆被害をもたらした元凶ではないかと考えてしまう。
 そして、そのような秋葉忠利広島市長の政治的な側面を確りと裏付けるかのように「日本国憲法は、こうした都市間関係をモデルとして世界を考える「パラダイム転換」の出発点とも言えます。我が国政府には、その憲法を遵守(じゅんしゅ)し、…」などと、確りと“憲法擁護論”を謳っている。もしかしたら秋葉忠利広島市長は、要らぬ軋轢を社会に醸し出し、“市民革命”でも起こす事を夢見ておられるのではあるまいか。それではとても「平和宣言」などとはいえる代物ではなかろうに。
 そもそも平和は憲法などによってもたらされるものではない。“多くの人々の思い”“努力(行動)”によって実現されるものであろう。そのような本質的なことを無視していたのでは真の平和な世界など訪れるはずはない。
 また、「市民」とか「国民」とかいう矮小化された言葉を使い、それらがあたかも対立概念であるかのように語るその語り口には、明らかに唯物史観に基づく階級闘争的な考え方が潜んでいるのではなかろうか。
 「人類の生存を最優先する多数派の声に耳を傾ける米国新大統領が誕生することを期待」するのは良いとしても、それならば何故、その他の核保有国の元首にも言及しないのか。核兵器を保有しているのは何も“米国”だけではない。日本の隣国の“中華人民共和国”“ロシア連邦”も大量な核兵器を保有している。さらに“北朝鮮”による核開発問題は喫緊の日本にとっての安全保障にかかわる重大問題ではなろうか。何故、“米国”だけに言及されるのか。
 私には、今般の広島市の「平和宣言」を拝読させていただく限り、秋葉忠利広島市長は典型的な“戦後民主主義者”であり“敗戦利得者”であり、そして“平和狂”の信者」の方であるような気がしてならない。
 このような、現実には目をつむり、理念だけを拠り所にして自らの立場を主張する、いわゆる“理念至上主義者”の方々こそが社会へ混乱をもたらし、多くの人々へ不幸を撒き散らす元凶であると私は考えている。
 是非とも秋葉忠利広島市長には、独善的で偏狭な考え方(マルキスト?)は捨てて、真の平和主義者になっていただきたいものだ。
 「こんな思いを他の誰にもさせない」ことが「唯一の目的」であり、確かに“目標”ではあるかも知れないが、現実的に「核兵器の廃絶」「唯一の手段」であっては決してならない。“手段”は多方面にわたって沢山あろう。
 「唯一の手段は核兵器の廃絶」などと語られていたのでは、「傘を差さなければ雨は降らない」式の現実を見つめられない“夢想論者”の言葉として捉えられても仕方があるまい。それでは“鬼畜米英”“一億総玉砕”の言葉と何等変わりがなく、とても「平和宣言」の文言として相応しいとは私には思えない。
 恥ずかしながら、“広島の平和宣言”を全文通して読むのは初めてかもしれないが、何か悲しくなってきた…。

“平和宣言全文”  msn産経ニュース
2008.8.6 10:12

 平均年齢75歳を超えた被爆者の脳裡(のうり)に、63年前がそのまま蘇(よみがえ)る8月6日が巡って来ました。「水を下さい」「助けて下さい」「お母ちゃん」-被爆者が永遠に忘れることのできない地獄に消えた声、顔、姿を私たちも胸に刻み、「こんな思いを他の誰にもさせない」ための決意を新たにする日です。

 しかし、被爆者の心身を今なお苛(さいな)む原爆の影響は永年にわたり過少評価され、未(いま)だに被害の全貌(ぜんぼう)は解明されていません。中でも、心の傷は深刻です。こうした状況を踏まえ、広島市では2カ年掛けて、原爆体験の精神的影響などについて、科学的な調査を行います。

 そして、この調査は、悲劇と苦悩の中から生(うま)れた「核兵器は廃絶されることにだけ意味がある」という真理の重みをも私たちに教えてくれるはずです。

 昨年11月、科学者や核問題の専門家などの議論を経て広島市がまとめた核攻撃被害想定もこの真理を裏付けています。核攻撃から市民を守る唯一の手段は核兵器の廃絶です。だからこそ、核不拡散条約や国際司法裁判所の勧告的意見は、核軍縮に向けて誠実に交渉する義務を全(すべ)ての国家が負うことを明言しているのです。さらに、米国の核政策の中枢を担ってきた指導者たちさえ、核兵器のない世界の実現を繰り返し求めるまでになったのです。

 核兵器の廃絶を求める私たちが多数派であることは、様々(さまざま)な事実が示しています。地球人口の過半数を擁する自治体組織、「都市・自治体連合」が平和市長会議の活動を支持しているだけでなく、核不拡散条約は190カ国が批准、非核兵器地帯条約は113カ国・地域が署名、昨年、我(わ)が国が国連に提出した核廃絶決議は170カ国が支持し、反対は米国を含む3カ国だけです。今年11月には、人類の生存を最優先する多数派の声に耳を傾ける米国新大統領が誕生することを期待します。

 多数派の意思である核兵器の廃絶を2020年までに実現するため、世界の2368都市が加盟する平和市長会議では、本年4月、核不拡散条約を補完する「ヒロシマ・ナガサキ議定書」を発表しました。核保有国による核兵器取得・配備の即時停止、核兵器の取得・使用につながる行為を禁止する条約の2015年までの締結など、議定書は核兵器廃絶に至る道筋を具体的に提示しています。目指すべき方向と道筋が明らかになった今、必要なのは子どもたちの未来を守るという強い意志と行動力です。

 対人地雷やクラスター弾の禁止条約は、世界の市民並びに志を同じくする国々の力で実現しました。また、地球温暖化への最も有効な対応が都市を中心に生れています。市民が都市単位で協力し人類的な課題を解決できるのは、都市が世界人口の過半数を占めており、軍隊を持たず、世界中の都市同士が相互理解と信頼に基づく「パートナー」の関係を築いて来たからです

 日本国憲法は、こうした都市間関係をモデルとして世界を考える「パラダイム転換」の出発点とも言えます。我が国政府には、その憲法を遵守(じゅんしゅ)し、「ヒロシマ・ナガサキ議定書」の採択のために各国政府へ働き掛けるなど核兵器廃絶に向けて主導的な役割を果(はた)すことを求めます。さらに「黒い雨降雨地域」や海外の被爆者も含め、また原爆症の認定に当たっても、高齢化した被爆者の実態に即した温かい援護策の充実を要請します。

 また来月、我が国で初めて、G8下院議長会議が開かれます。開催地広島から、「被爆者の哲学」が世界に広まることを期待しています。

 被爆63周年の平和記念式典に当たり、私たちは原爆犠牲者の御霊(みたま)に心から哀悼の誠を捧(ささ)げ、長崎市と共(とも)に、また世界の市民と共に、核兵器廃絶のためあらん限りの力を尽(つく)し行動することをここに誓います。

 2008年(平成20年)8月6日

 広島市長 秋葉忠利

 (表記は原文のまま)



凡人の独り言 | 【2008-08-09(Sat) 13:02:28】
Trackback:(0) | Comments:(0)
もう一国の「恥を知るべき国」
 決して私だけの偏見ではないであろう。世界中で最も「恥を知るべき国」“アメリカ合衆国”“ロシア連邦共和国”、そして“中華人民共和国”の三国なのではあるまいか。残念(?)ながら、幸運(?)にも今の“日本”は含まれてはいない。少なくとも“ベスト5(ファイブ)”には。
 とはいえ、これらの国々とは別の意味で「恥を知るべきこと」は数多くあるけれども…。
 尚、これらの三国は、言わずとも知れた“国連の常任理事国”でもある。

“ロシアがグルジア空爆 南オセチア攻撃の報復 交戦状態に” msn産経ニュース
2008.8.8 23:11

20080808.msnsankei.01〔写真; 炎上するグルジア軍装甲車(AP、ロシア国営第1チャンネル)〕

 【モスクワ=遠藤良介】世界各国の首脳が集い北京五輪が開幕した8日、旧ソ連を構成したロシアとグルジアが、同国から独立しロシアへの編入を目指す南オセチア自治州をめぐり交戦状態に突入した。旧ソ連の崩壊後、両国が本格的な戦争状態に陥ったのは初めて。

 グルジアは8日未明、独立状態にある南オセチアの再統合を目指し侵攻、激しい戦闘となり、双方に多数の死傷者が出た。これに対し、同自治州の後ろ盾となってきたロシアが報復攻撃を敢行。ロシア軍が、グルジアの首都トビリシ近郊の軍基地を空爆したほか、戦車などからなる地上増援部隊を同自治州に派遣し、双方の間で戦闘が行われた。両国による全面戦争への拡大が懸念される。



凡人の独り言 | 【2008-08-09(Sat) 01:47:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
恥を知るべき国は…
 米女優のミア・ファローさんがどのような方なのかはよく知らないが、「中国は恥を知るべきだ」との勇気ある発言にはそれなりに共感はする。
 しかし、ミア・ファローさんよ。あなたは自らの母国であるアメリカ合衆国がどれほど“恥知らずな国家”であるかも、少しは学ばれた方がよろしいのではなかろうか。
 過ぎ去った昔のことではあるけれども、“お言葉”をお借りすれば以下のことが先の大戦(大東亜戦争)の大きな原因の一つであった。

中国アメリカ合衆国が(スーダン政府蒋介石政権側を)支援するからダルフール日華事(シナ)事変の悲劇は続いている。中国アメリカは恥を知るべきだ」(また、後にアメリカは“共産党政権(毛沢東政権)”にも支援を行っている)

 それから、「リメンバー・パールハーバー」だけではなく、「リメンバー・メイン号」「リメンバー・アラモ」の歴史もアメリカ人であるのならば是非とも学んでいただきたい。最近では「リメンバー・9.11」が記憶に新しい(その他にも「リメンバー・フォートサムター」や「リメンバー・ルキタニア」、そして「リメンバー・トンキンワン」等などもある)。
 何故かアメリカ人は「リメンバー 」という言葉が好きである。そして、アメリカ人が「リメンバー 」と叫んだ時、多くの人の命が失われている。そして、その後、不思議なことにアメリカ合衆国の領土や権益が拡大してもいる。

“「恥を知れ」と中国を批判” msn産経ニュース
2008.8.7 19:59

20080807.msnsankei.01〔写真; ミア・ファローさん(AP)〕

 スーダン西部ダルフール地方の人道危機問題に取り組んでいる米女優ミア・ファローさんは7日、「中国が(スーダン政府側を)支援するからダルフールの悲劇は続いている。中国は恥を知るべきだと述べ、8日の北京五輪開会を前に中国の対応をあらためて批判した。スーダンの隣国チャドから北京駐在の外国人記者らと電話で会見した。

 ファローさんはこれまでも、中国が石油輸入や武器売却を通じスーダン政府と深い関係にあり、スーダン政府の「後ろ盾」になっているなどと指摘してきた。(共同)


 ミア・ファローさんには是非とも日本にある“広島平和記念館”を訪れていただきたい。できれば民間の“東京大空襲・戦災資料センター”も。そして“石川光陽氏が撮影した33枚の現場写真”も一度はご覧になっていただきたい(内、13枚の写真が“東京大空襲”のサイトに掲載されている。ただし真実を知りたくない方はご覧にはならないでいただきたい。さすがの私もブログにはアップできない写真が数枚ある)。
 尚、時の“真珠湾攻撃総隊長であった淵田美津雄氏”と、“日本に原爆投下を指令したアメリカの大統領であるトルーマン氏”との間で戦後交わされた会話が“真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝”の中に記されている。
 貴方の国の元大統領が語ったとされる「ボス・ギュルチィ(両者有罪)」の意味も是非とも考えていただきたい。貴方の国では一部かもしれないが既に当時の“極秘資料”が数多く公開されている。今ならば“真実”を知ることができるはずである。

『 …やがて真珠湾が話題に出た。いろいろと当時の模様を話し合っていたとき、トルーマン前大統領は笑いながら、
「キャプテン、真珠湾はね、ボス・ギュルチィ(両者有罪)だよ」
 と言った。私は、
「そりゃ神の前にはボス・ギルュチィでしょうけれど…」
 と言い及ぼうとしたら、トルーマンは遮ぎって、
「いいや、神の前ばかりでなく、人間の前にも、いまに史実としてボス・ギルュチィが明らかになるだろう」 と言った。…』p365

(参照投稿;“伝道者・淵田美津雄”

 何も私はミア・ファローさんに“中国を非難するな”といっているのでは決してない。「恥を知るべき国」は他にも沢山あることを知っていただきたいだけである。
 さもなければ、いくらミア・ファローさんが「中国は恥を知るべきだ」と非難したところで、「アメリカは恥を知っているのか」「アメリカこそ恥を知るべきだ」と、言い返されてしまうのが落ちであろう。

凡人の独り言 | 【2008-08-09(Sat) 01:10:47】
Trackback:(0) | Comments:(0)
韓国の「不思議な写真」
 韓国の人たちは“嘘をつく”ことを生業としている民族であるので、ある意味仕方がないことかもしれないが、はたして真実は如何なものなのであろうか。
 私も少しは写真をたしなんではいるけれども正直、確信が持てないでいる。
 確かにこの“中央日報”に掲載された“独島(竹島)の写真”は不自然な気もするし、約90km先の竹島と手前の松の小枝をこのような形で一枚の写真に写し出す器具も技術も今の私は持ち合わせてはいない。

“【写真】晴れた日、鬱陵島から見える独島” 中央日報
2008.07.21 17:00:15

20080807.cyuuounippou.01

鬱陵島から独島(トクト、日本名竹島)を鮮やかに撮影した写真が20日、公開された。写真は昨年11月2日午前7時14分ごろ、鬱陵島(海抜380メートル)から200ミリレンズとスライドフィルムを使って撮影した。独島研究権威者であるチェ・ソミョン国際韓国研究院長が専門カメラマンに依頼して撮影に成功したこの写真は、鬱陵島から撮ったものであることを明らかにするために現地の松を画面に入れて撮影した。政府諮問委員でもあったチェ院長は「晴れた日、鬱陵島から独島が見えるという昔の文献記録を日本側がしきりに否定していたので撮影を試みた」とし「独島が韓国の固有領土であることを裏付けるのに否定できない根拠」と述べた。

中央日報 Joins.com
2008.07.21 17:00:15


 しかし、いくら“捏造文化”を有する隣国のこととはいえ、まさか“国際韓国研究院長”という肩書きを持つお方が“捏造写真”を公表するはずもなかろうし、もし捏造だとしても、このような“稚拙な捏造”“独島研究権威者”が見逃すことはなかろう。そもそも“捏造”を行うこと自体が日本人の常識からは考え難いことではあるけれども。
 はたして“200mmの望遠レンズ”“約90km先の竹島”“欝陵島(うつりゅうとう)に生育する松の小枝”を斯様に明瞭に映し出すことが可能なのであろうか。それと、確かに“鬱陵島”“竹島”の位置関係から考えると“朝日の角度”も不思議ではある。
 間違いなくこの写真が早朝の“鬱陵島”からの撮影だとするならば、朝日は左側から射すのが普通だと思われるのだけれど。何せ日本は「日出処の国」であるのだから。
 何れにしろ記事で言うところの「晴れた日、鬱陵島から独島が見えるという昔の文献記録を日本側がしきりに否定…」の根拠となる“昔の文献”とは、韓国側がことあるごとに取り上げる1451年に作成されたといわれる「高麗史」と、1454年に編纂されたとされる「世宗実録」のことなのではあろうが、だとすればそこには以下のような文言が記されている。

「一云 于山 武陵 本二島 相距不遠 風日清明則可望見(高麗史)」
一説には、于山・武陵この2島は互いに距離は遠くなく、天候が清明であれば望み見ることができる

「于山武陵二島在県正東海中 二島相去不遠 風日清明則可望見(世宗実録)」 
于山・武陵の2島は県の正に東の海の中に在る。2島はお互いにそれほど遠くなく、天候が清明であれば望み見ることができる

 尚、1145年に編纂された朝鮮半島に残る最古の文献史料といわれている『「三国史記」巻第四 新羅本紀 智證麻立干紀』には以下のような記述もある。

「于山国在溟州正東海島 或名欝陵島 地方一百里」
于山国は溟州(現在の江原道江陵市)のちょうど東の海の島にあり、別名を鬱陵島といい、百里(約40キロメートル)四方ある

 要は、韓国の主張するところの“于山島(国)=独島”とは“欝陵島”、乃至は“竹嶼(ちくしょ)”のことであり、決して現在の“竹島”のことではない。だからこそ、韓国側からはこのような“不思議な写真”が現れてくるのであろう。
 兎にも角にも、このような“不思議な写真”を基に「独島が韓国の固有領土であることを裏付けるのに否定できない根拠」などと言い切れる韓国人も非常に“不思議な民族”である。

 以下は、上掲の中央日報の記事に対する読者からのコメントの抜粋。

kamiyama 推薦 : 2 反対 : 8 作成: 2008-07-26 20:43:15
この写真はおかしい。試しにに自分のEOSに200mmレンズをつけて40km離れた標高1200mの山を撮ってみた。それでも、いくら絞っても手前の枝と山には同時にピントは合わなかった。スケール感も全然違う。島の大きさが1/10位でなければ合わない。それでももっと枝は数倍の大きさになる。

aska663推薦 : 4 反対 : 3 作成: 2008-07-24 09:52:40
鬱陵島から独島が見えれば韓国の固有領土であると思っていること自体が文献記録(東国興地勝覧等)を正しく読めていない証拠。文献では朝鮮本土から鬱陵島が見えると書いてあるところを強引に現在の竹島が見えると捏造、曲解している。竹島が見えようが見えまいが日本固有の領土であることに変わりはない。こんなことを写真を捏造してまで主張するとは恥の上塗りでしかない。

RiKanYou推薦 : 3 反対 : 3 作成: 2008-07-23 06:16:36
写真に写ったから、竹島が韓国領なんて証拠には、一切なりません。竹島=于山島の証明にしたいのだろうけど、どうやったって無理。 なぜなら、望遠レンズで辛うじて写ったから文献通りで、竹島が于山島だと主張するならば、竹島には人が住んでいた(竹島はずっと無人島であった)という記述だけが間違いであったという、都合のよいところだけ領有権の証拠としているから。 それとは別にして、射し込んでいる朝日の角度は綿密に検証したいね。 11月2日の午前7時14分で、このこの写真のように右から陽がさすのか

true jp推薦 : 25 反対 : 1 作成: 2008-07-22 09:43:45
鬱陵島から見て東南東にある竹島を、午前7時14分に撮って朝日が右上から差すのか。朝鮮人は日本海を東海と呼ぶのなら11月の朝の光は左から差す、それとも何か?朝鮮の日の出は中国からかい。宗教画かよ。領土問題の証拠にするならこれを持ってハーグに来い。

true推薦 : 7 反対 : 2 作成: 2008-07-22 09:14:34
見える範囲は全て自国領だというのは暴言だよ!、それにこの写真は完全な合成写真だろう、90Km先の竹島も数m手前の松も輪郭がくっきり、いくら望遠レンズでもここまでは無理でしょう、こんなのが領有の証拠なら対馬から遠望できる朝鮮半島南端は日本領に間違いない、歴史的にも5~6世紀には日本が支配していたから、間違いなく日本領だ、馬鹿チョンが!

hakueido推薦 : 4 反対 : 3 作成: 2008-07-22 09:09:50
船に松の枝をのせて7~8Kの距離から撮ったんだろう。ご苦労なこった。

BakaTion推薦 : 4 反対 : 2 作成: 2008-07-22 08:49:38
カメラはよく解かりませんが、確か一眼レフの場合、50ミリレンズが、人間の目に近いとか聞いた事あります。200ミリですか?マサイ族の視力でしょうかね?w望遠レンズにしては、手前の松にある程度焦点あってるのに、遥か広報の竹島にも焦点あってる、不思議な写真ですね。写真に詳しいテスト先生の解説をキボンヌします。

ririkosa推薦 : 10 反対 : 4 作成: 2008-07-22 05:53:40
後日、この写真は捏造だったとの記事がでるか楽しみだ。諸兄たちから指摘があるように、90キロ彼方の島と撮影地の枝が明確に写るはずがない。韓国人は騙せても日本人には通用しません。

usagiya推薦 : 3 反対 : 3 作成: 2008-07-22 01:23:57
私は水平線は感覚的に10キロメートル先にあるのだと思い込んでいた。しかし、実際には意外にも短くて、半分程度のようだ。地球は円いのだから、当然双方の高さを考えるべきである。標高と距離を測れば、見えるのかどうかは簡単に判るはずだ。それにしても約90キロメートル先のものが肉眼で見えるとは、チョッと驚きだ。サンコンさんやボビーでも無理なんじゃないの? これも私の思い込みかもしれないが、人間の目は38ミリレンズ相当であり、200ミリは望遠になる。

A2222推薦 : 17 反対 : 3 作成: 2008-07-21 22:23:15
中央日報のカメラマンに是非聞きたいのですが、90キロ先の島と数メートル先の松をどうやったら同じ被写体としてこれだけ鮮明に写せるのでしょうか。中央日報のカメラマンならできますか?それともなにか裏技があるんでしょうかね?

Joomq推薦 : 6 反対 : 1 作成: 2008-07-21 21:56:09
韓国人は考えました。「おれたち韓国人は悪い事をしたときに、いつも日本人のせいにする。なぜだろうか?」結論は、「それは、きっと日本人のせいだ!」・・・これは韓国人を端的に表した韓国の笑い話です。…

ichijo推薦 : 4 反対 : 1 作成: 2008-07-21 21:40:14
この松だけでここが鬱陵島だとどう証明する。この島が竹島(独島)にまちがいないとどう証明する。この写真が合成写真でないとどう証明する。去年の11月2日に撮影したものを今ごろ出してきた理由をどう説明する

Mr.Devil推薦 : 7 反対 : 5 作成: 2008-07-21 20:21:49
 200ミリのレンズ使わなきゃ映らないんだったら、肉眼ではみえないでしょう!

A2222推薦 : 33 反対 : 4 作成: 2008-07-21 19:17:10
なんかこの写真変じゃないか?数メートル先の松と数十キロ先の島を同時ピント合わせられるわけないだろ。島にピント合わせれば松はもっとぼやけるはずだし松に合わせれば島なんか輪郭すら写らんはずだが?

shimazu推薦 : 23 反対 : 2 作成: 2008-07-21 17:47:32
肉眼では全く見えません。鬱陵島から見えるのは周辺の島々だけです。その中の一つが宇山島です。宇山島は竹島ではありません。

6666推薦 : 11 反対 : 1 作成: 2008-07-21 17:26:47
カメラの事はよくわからないんだけど、肉眼レベルで見えないと意味ないのでは?


 それにしても、本題からは逸れるけれども“Joomq”さんという方の“2008-07-21”付けのコメントにはおそれいった。まさに「反面教師」。それが多くの韓国人の実態であろう。
 
『韓国人は考えました。「おれたち韓国人は悪い事をしたときに、いつも日本人のせいにする。なぜだろうか?」結論は、「それは、きっと日本人のせいだ!」・・・これは韓国人を端的に表した韓国の笑い話です。…』

 いやはや、日本の周りには韓国人ばかりではなく「反面教師の民」が、まだまだ沢山いらっしゃる。嬉しいような悲しいような、何か複雑な心境である。

竹島 | 【2008-08-08(Fri) 23:45:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
恥ずかしい日本人
 記事によれば、昨日の「天津五輪センター体育場で行われたサッカー男子1次リーグ、日本ー米国戦」において、事前に「北京五輪組織委員会」から「横断幕は文言にかかわらず全て禁止」、そして「同じデザインや色の服や帽子を3人以上の集団で着用することを禁止」されているというのに、

「日本のサポーターが本来、禁止されている大型の横断幕を掲げて応援」して、「7日の試合では、日本人サポーターによる横断幕に加え、これも禁止されているはずの太鼓の音も聞こえた。その一方で中国人の観客からは、女子の試合では封じ込められた日本選手に対するブーイングが響いた。」ということであるらしい。

 正直、どのような理由があるにしろ、中国側の「ブーイング」は当然である。

 さらに、日本から応援に駆けつけた21歳の大学生は、

「日本代表が負けたのは残念やけど、競技場がアウェーみたいな雰囲気だったのはもっと残念」と話していたらしい。

 私には「競技場がアウェーみたいな雰囲気だった」ということよりも、“日本人サポーターの身勝手な行動”がもっともっと残念であり、一人の日本人として大いに恥ずかしい思いを感じている。
 これも“偏狭な個人主義”“歪な平和教育”を過度に推し進めた“戦後民主主義教育”のなせる技なのであろう。
 今後の「日本の球迷(サッカーファン)」の礼節に期待したい。
 これでは“中華な人々”と何等変わりがない。 

2008年8月8日 産経新聞(Net View)より20080808.sankei.01


凡人の独り言 | 【2008-08-08(Fri) 12:18:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
核の惨劇
 核の惨劇を二度とくり返してはいけない。祈りよ届け。願いよ叶え!

2008年8月7日 産経新聞(Net View)より20080807.sankei.03


凡人の独り言 | 【2008-08-07(Thu) 12:46:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「開戦」の決意と理由
 唐突ではあるけれども、先の大戦の“開戦の詔書”を改めて読んで見たくなった。
 矢張り、不思議である。
 もしかしたら、先の大戦を日本悪玉論で語り、日本を糾弾する方々はこの“開戦の詔書(“米国及英国ニ対スル宣戦ノ詔書”国立公文書館)を読んだことがないのではなかろうか。そこにははっきりと戦争の原因とその目的が記されている。
 当時の多くの日本人はこの目的の為に命を賭けて戦った。このことは歴史を真摯に見つめられる目をお持ちの吾人であれば誰もが理解できる事実である。それは何も難しいことではない。歴史を虚心坦懐に紐解けば済むことだ。

「…米英両国は、蒋介石政権を支援し、東アジアの戦禍と混乱を助長し、平和の美名に匿(かく)れて、東洋を征服する非道なる野望をたくましくしている。あまつさえ、くみする国々を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、わが国に挑戦し、更に帝国の平和的通商にあらゆる妨害を与へ、ついには禁輸措置を意図的におこなって、帝国の生存に重大なる脅威を加えている。

 余は、政府をして、そのような事態を平和の裡(うち)に解決させようと、長い間、隠忍(いんにん)したのだが、米英は、寸毫も譲り合いの精神を持たず、むやみに事態の解決を遅らせ先延ばしにし、その間にもますます、英米による経済上・軍事上の脅威は増大し続け、それによって我が国を屈服させようとしている。

 このような事態が、そのまま推移したならば、東アジアの安定に関して、帝国がはらってきた積年の努力は、ことごとく水の泡となり、帝国の存立も、文字通り危機に瀕することになる。ことここに至っては、帝国は今や、自存と自衛の為に、決然と立上がり、英米による一切の障礙(しょうがい)を破砕する以外に道はない。 …」


 “開戦の詔書”を紐解くたびに、もう一つの“日本の心”である市丸海軍少将の「ルーズベルトに与ふる書」を思い出す。

大東亜戦争 | 【2008-08-07(Thu) 01:39:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「北の核許さぬ決意」と「小さな願い」
 「北の核許さぬ決意」は分からないでもないけれども、何時もながら大いなる疑問を感じる。それ以前に、何故、日本のマスコミは“広島と長崎に原爆を投下したアメリカ合衆国”に謝罪を要求しないのか。そのことの方がよほど「核廃絶」の為には役に立つように思われるのだが。
 そしてまた、「今の日本が直面する最大の脅威は独裁国である北朝鮮の核であることを忘れてはならない」とはいうけれども、テポドンも満足に打ち上げられない北朝鮮よりも、人工衛星を打ち落とす技術力を有し、尚且つ、大陸弾道弾の照準を日本の主要都市に設定配備している“核保有国の中華人民共和国”の方が誰が考えても脅威なのではあるまいか。
 さらに言えば、今も日本の北方領土を侵略し続けている“核保有国のロシア”、そして、既に日本に対する核攻撃の実績のある“核保有国のアメリカ合衆国”、そして日本を仮想敵国とすることでナショナリズムを煽っている“大韓民国”。これら三国の方が私には北朝鮮よりも脅威に思えて仕方がない。

“【主張】原爆の日 北の核許さぬ決意新たに” msn産経ニュース
2008.8.6 02:52

 きょう6日は広島で、9日には長崎で、それぞれ63回目の原爆の日を迎える。

 これまでは、唯一の被爆国である日本から、米国などあらゆる核保有国に対し、核廃絶の願いを発信することに主眼が置かれてきた。それも大切なことだが、今の日本が直面する最大の脅威は独裁国である北朝鮮の核であることを忘れてはならない

 今年6月末、北朝鮮による核計画の申告が行われ、米国はこれを受けて直ちに北のテロ支援国家指定解除の手続きに入った。その期限の8月11日が迫る中で、迎える原爆の日である。北の核を絶対に許さないという強い決意を、改めて世界に発信したい

 すでに指摘されているように、北の核申告は極めて不十分な内容だった。申告書には、核爆弾の原料となるプルトニウムの抽出量や核施設の稼働記録などが記載されているものの、争点になっていた高濃縮ウランによる核開発やシリアの核開発への協力に関する記載はなく、別の文書を作ることで問題が先送りされた。

 7月に北京で開かれた6カ国協議は、北の核申告に対する検証の3原則で合意し、シンガポールでの非公式外相会合も、検証作業を「加速させる必要性」で一致した。しかし、北は見返りの支援のみを要求し、肝心の検証開始時期や手順に踏み込んでいない

 時間稼ぎとしか思えない北の不誠実な態度に対しても、広島、長崎から、怒りのメッセージを発してほしい

 昨年の原爆の日は、北の核実験(一昨年10月)への広島、長崎市の対応が注目された。長崎の平和宣言は北の核に警告したが、広島の平和宣言には言及すらなく、広島からのメッセージを期待していた国民に失望感を与えた

 現時点では、北が本気で核廃棄を行うという保証は何もない。不十分な核計画の申告だけで、検証もないまま、米が北のテロ支援国家指定を解除することの危険性を重ねて指摘したい。

 米国家安全保障会議(NSC)のワイルダー・アジア上級部長は7月末、北に対して検証作業への早期協力を求め、同意が得られなければ指定解除を延期すると警告した。米が指定解除への前のめりの姿勢を是正しつつあると受け止めたい。日本政府は、米が軽々に指定解除をしないよう、さらに働きかけを強めてほしい。


 それにしても、現在の“核保有国”が核を放棄しさえすれば何も北朝鮮も核を保有しようなどとは思わないのではなかろうか。
 “核保有国”は率先垂範して核を放棄してはいかがであろうか。そうすれば北朝鮮も言うことを聞くかもしれない。正直、“核保有国”に核を持つなといわれても説得力があるとは思えない。
 とはいえ、力こそ正義なり。先ずは核を保有することが国家としての発言権を強化する。この現実は認めざるを得まい。日本政府が世界平和の要と考える国連の常任理事国は、全て“核保有国”でもある。
 是非とも日本のマスコミには「北の核を絶対に許さないという強い決意を、改めて世界に発信したい」などと当たり障りのない“きれいごと”を語る前に、あるいは平行して、“核の悲劇(惨劇)”を世界中へと知らしめていただきたい。“核の悲劇”は何も年2回のイベントごとではあるまいし、毎日報道したからといって誰も文句は言わない。原爆被害者やその遺族の手記を掲載するだけでも、数十年は記事のネタ元に困ることはあるまい。それに10年(約3650日)も経てば、当初の記事は忘れ去られる。さすれば再掲載すれば良い。
 尚、その時には忘れずに“原爆被害の映像”も掲載していただきたい。視覚への訴えはより多くの効果をもたらすはずだ。アメリカにも日本にも大量の原爆関連の悲惨な映像が残されている。それを毎日掲載し続ければ、何れ原爆に対しての嫌悪感が世界中へと拡散していく。アメリカでさえ、未だに自らが投下した原爆による惨劇の実体がどのようなものであるかを知らない人たちが多くいる。
 核被害の実体を、戦争の惨劇を、まさに“阿鼻叫喚の地獄絵”を世界中へ知らしめることこそ日本のマスメディアとしての使命ではなかろうか。
 勿論、マスメディアが“金儲け”ではなく、“真の世界平和”を望んでいるとするならば。
 確かに“平和”では儲かるまい。その点はご同情申し上げる。しかし、“金儲け”がしたければ別のところでやってもらいたい。
 特に“朝日新聞社”“毎日新聞社”。事実を歪曲し、捏造して、社会に混乱を撒き散らし、“金儲け”するのだけは金輪際止めてもらいたい。
 日本の事例ではあるけれども、先の大戦の一番の立役者は“朝日新聞社”と“毎日新聞社”である。その事実には口を噤み、未だに正義感面しているその態度が私には許せない。自らの責任を“軍部”に擦りつけ、未だに“自虐史観”に基づいた記事を垂れ流し続けている。そうでもしなければ“自らの戦争責任”が白日の下に晒されてしまうのを恐れているかのように。
 先ずは朝日新聞社には“南京大虐殺”“従軍慰安婦”の報道を。そして、毎日新聞社には“百人斬り”報道を、国民の前で“真実ではありませんでした”と土下座して謝罪していただきたい。
 たとえ結果論とはいえ、“自らの保身”“金儲けの為”に戦時中は多くの日本国民の命を奪い、そして戦後は日本国と日本人の尊厳を大いに毀損し誠に申し訳ありませんでした、と是非とも懺悔していただきたい。
 このことが私の“小さな願い”である。

凡人の独り言 | 【2008-08-07(Thu) 01:03:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
国民不在の無責任体質?
 日本国の福田首相は、「捜査上の問題もあるので説明するわけにはいかない」との発言を行っているらしいが、問題は「捜査上」にあるののではなく「政治上」にあるのではなかろうか。是非とも誤魔化すのだけは止めていただきたい。
 それにしても、「中国側は7月初めに外交ルートを通じ、この事実を日本政府に伝えていた」とするならば、何故、その時点で公表しなかったのか。わざわざ北京オリンピックの開催直前(2日前)まで公表を遅らせたのか。
 私には、何か今回の「中国国内における“メタミドホス中毒事件”」の報道については、ある意味、“本意”とは裏腹に“中国側の努力なり誠意”は伝わっては来るものの、対して、“日本側の悪意”が感じられてしまう。

“天洋製回収ギョーザ、中国で中毒 メタミドホス現地混入強まる” msn産経ニュース
2008.8.6 10:00

20080806.msnsankei.02〔写真; ギョーザ中毒事件後に回収され、「天洋食品」の冷凍庫に山積みされたギョーザ=2月、中国河北省石家荘市〕

 中国製ギョーザ中毒事件で、製造元の天洋食品(中国河北省)が事件後に回収した冷凍ギョーザが中国国内で流通し、ギョーザを食べた中国人が有機リン系殺虫剤「メタミドホス」による中毒症状を起こしていたことが分かった。

 複数の関係筋が6日、明らかにした。中国公安当局は2月末、「原材料、生産、輸送過程で異常はなく中国国内でメタミドホスが混入された可能性は極めて小さい」との見解を表明したが、日本に輸出されていないギョーザからメタミドホスが検出されたことにより、中国での混入の可能性が強まった。日本政府は外交ルートを通じ、中国側に事実関係を確認するとともに、より一層の捜査協力を求めていく方針。

 福田康夫首相は6日午前、広島市内のホテルで記者会見し、捜査上の問題もあるので説明するわけにはいかないが、(日中での協議が)進行中であると理解してほしい」と述べ、事実関係を暗に認めた。

 複数の関係筋によると、天洋食品は事件発覚後に流通していた冷凍ギョーザを回収したが、その後市場に再び流通したという。今年6月、このギョーザを食べた中国人が有機リン系殺虫剤によるとみられる中毒症状を訴え、その後の調査でメタミドホスが原因だと判明したという。被害者の人数や詳しい症状などは一切明らかにされていない。

 中国側は7月初めに外交ルートを通じ、この事実を日本政府に伝えていた

 天洋食品製の冷凍ギョーザ中毒事件は昨年末から今年1月にかけ発生。千葉、兵庫両県で3家族計10人が同社のギョーザを食べた後に中毒症状になった。その後の警察当局の捜査で未開封のギョーザからもメタミドホスが検出されたため、日本政府は、中国で混入した可能性が高いとみて中国側と協議を続けていた。


 もし、「中国側は7月初めに外交ルートを通じ、この事実を日本政府に伝えていた」ということが事実であるとするならば、今まで日本政府が公表しなかったという事実そのものが北京オリンピックが閉会するまで公表を控えるという“中国側との約束”、乃至は“合意”があったからなのではあるまいか。
 それを、ここに来て公表するということは、“中国側の反政府勢力の策謀”か、“日本側の担当者(官僚・政治家)の責任逃れを目的とした保身の為”としか考えられない。
 少なくとも、日本選手団は大方北京入りをしてしまっている。今さら引揚げることなどできやしまい。
 もしかしたら、これが“日本的ことなかれ主義”に基づく”最大公約数的対応”の象徴的な事例となるのではなかろうか。だとすれば、これこそ戦前から続く“国民不在の無責任体質(官僚体質)”の表れともなろう。そして、この“国民不在の官僚体質(選民思想)”こそが先の大戦の“真の理由”の一つであり、無残な敗戦の“一番の理由”である。決して“軍国主義(富国強兵)”がその理由なのではない。
 あくまでも個人的な考えではあるけれども、政府は“中国側から伝えられた事実”を北京オリンピック閉会後まで公表するべきではなかった。そして、公表後は担当者、及び責任者は挙って責任を執り辞職する。これが本来の国思う官僚なり政治家の対応の仕方ではあるまいか。勿論、直ちに公表することが官僚としては一番の良策だとは思うけれども、政治的には難しかろう。
 何れにしろ、この時期の公表には首を傾げざるを得ない。

凡人の独り言 | 【2008-08-06(Wed) 18:53:52】
Trackback:(0) | Comments:(2)
63回目の原爆死没者慰霊式・平和祈念式典
「広島、長崎の悲劇を二度と繰り返してはならない」

 その“目的”の為には、日本も“核保有国”になることが必要なのではあるまいか。そのような疑念を私は払拭できずにいる。

日本が米国の核抑止力に頼っている現状について「日本の国の安全を考えれば当然で現実的には必要だ。わが国は唯一の被爆国であり非核三原則を堅持する」

 「広島、長崎の悲劇」を繰り返さない為に「核抑止力」が必要であるならば、日本も“核保有国”になることを真剣に議論せねばなるまい。

“「平和協力国家が国是」 広島原爆忌引出席の福田首相” msn産経ニュース
2008.8.6 11:40

20080806.msnsankei.01〔写真; 献花する福田首相〕

 福田康夫首相は6日午前、広島市の平和記念公園で行われた原爆死没者慰霊式・平和祈念式典に参列し、犠牲者の冥福(めいふく)を祈った。首相は犠牲者への献花に続き、原爆投下時刻の8時15分に「平和の鐘」を遺族代表らが打ち鳴らす中、黙祷(もくとう)を捧げた。

 式典で首相は「原爆の犠牲となられた方々の御霊に対し、謹んで哀悼の誠を捧げる。唯一の被爆国として広島、長崎の悲劇を二度と繰り返してはならないと強調。その上で「今後も非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて、国際社会の先頭に立っていくことをお誓い申し上げる」と述べた。また被爆者への対応について「保健、医療並びに福祉にわたる総合的な援護策を実施していく」と語った。

 この後、首相は広島市内のホテルで記者会見し、「なぜあの戦争が起きたか考えないといけない。平和協力国家として一生懸命努力することが国是だ」と述べた。日本が米国の核抑止力に頼っている現状について「日本の国の安全を考えれば当然で現実的には必要だ。わが国は唯一の被爆国であり非核三原則を堅持する」と強調した

 また、原爆症認定訴訟への対応について、認定審査会の司法関係者を増員する考えを示し、「納得できる認定作業を進めていく。被爆者の話を聞いていきたい」と述べた。


“過去最多55カ国が参列へ 広島の平和記念式典” 共同通信
2008/07/23 12:42

広島市は23日、平和記念公園で8月6日に開く原爆死没者慰霊式・平和祈念式(平和記念式典)の概要を発表した。144カ国に呼び掛け、過去最多の42カ国だった昨年を上回る55カ国の代表が参列する見通し

 核保有国では中国が初めて参列するほか、ロシアが9年連続で出席予定。北朝鮮にも要請しているが返答はないという。…


“広島原爆の日:平和記念式典、過去最高の55カ国 核保有国、中国も初参加 /広島” 毎日jp”

 広島市は23日、原爆の日(8月6日)の平和記念式典の実施要綱を発表した。式典には市が招待状を送った核保有国や核軍縮国、日本に大使館のある国・地域の144カ国・地域のうち、参加国はいずれも過去最高の55カ国、うち大使出席国は32カ国に上り、核保有国ではロシアと今年初めて中国が参加する。…


原爆の日:平和記念式典に中国が初参加 毎日jp

 広島市は22日、原爆の日(8月6日)に広島市中区の平和記念公園で行われる平和記念式典に、中国が初参加することを明らかにした。中国駐大阪総領事館(大阪市西区)の領事が出席予定という。市は「中国から参加理由は特に聞いていない」としている。

 市は核保有国や核軍縮推進国、日本に大使館のある国・地域に招待状を送っているが、核保有国ではこれまで、インド、パキスタン、ロシア以外は参加していない。【大沢瑞季】



安らかに眠って下さい
過ちは
繰返しませぬから


 確か広島市はこの原爆慰霊碑に刻まれた文言の“主語”は「すべてのひとびと(世界人類)」であると説明している。
 国連の加盟国は“192カ国”。広島市が招待状を送ったのは144カ国。そのうち式典参加国は55カ国。そして今回、核保有国ではロシアと中国だけが式典に参加している。
 私の記憶が正しければ、原爆投下国のアメリカは一度も参列したことはない。

関連投稿;
“あいまいな日本人”“原爆死没者慰霊碑の説明文”“水爆を開発し世界を恫喝している国”

凡人の独り言 | 【2008-08-06(Wed) 13:02:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
宦官政治家
 “靖国神社”に参拝もできない日本人に、日本国の政治家としての素養も、首相たる資格もあろうはずがない。
 だから、国民は拉致され、国土まで拉致されても取り戻せないままでいる。

“福田首相 15日に靖国参拝せず 閣僚で参拝明言は保岡法相のみ” msn産経ニュース
2008.8.5 12:47

20080805.msnsankei.02〔写真; 記者の質問に答える福田康夫首相。8月15日の靖国神社参拝に「私の過去の行動を見てください」と参拝しない考えを話した=5日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)〕

 福田康夫首相は5日午前、終戦記念日の15日に靖国神社へ参拝するかどうかとの記者団の質問に「わたしの過去の行動をみてほしい」と述べ、参拝しない考えを表明した。首相は昨年9月の自民党総裁選でも靖国参拝は行わない意向を示していた。

 閣僚では、保岡興治法相が5日午前の閣議後の記者会見で参拝の意向を表明した。保岡氏は森内閣で法相だった平成12年にも参拝している。ただ、会見では「法務大臣、保岡興治として参拝する」と言明したが、会見後になって「参拝は私人の立場で行う」と変更した。

 小渕内閣で郵政相だった平成10、11年に参拝している野田聖子消費者行政担当相は「今のところいろいろ考えている」と述べるにとどめた。太田誠一農水相も可能性に言及しつつもこの日は留保した。

 一方、町村信孝官房長官は「外相では参拝しなかった。官房長官の立場で、いろいろなことに配慮しながら行動することも必要なことだ」と述べ、参拝しない考えを示した。



凡人の独り言 | 【2008-08-05(Tue) 18:03:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
守銭奴
「独島が描かれているホログラムは日本製」

 こんなものだ、日本企業というものは。国益よりも企業収益が優先される。
 これが戦後日本の悲しむべき実態であろう。
 それにしても、恥ずかしくないのであろうか、この“日本の業者”で働く日本人の方々は。

“韓国紙幣に独島の絵…ホログラムは日本製” 中央日報
2008.08.04 15:10:11

20080805.cyuuounippou.01 市中に出回っている1万ウォン札と5千ウォン札には独島(トクト、日本名・竹島)が韓国領土に属している。

偽造防止のため、中央左側に付着している銀色のホログラムの地図に描かれている。偽装紙幣防止用のホログラムには太極の模様、額面の数字、太極旗(テグッキ、韓国の国旗)の師卦とともに独島を含む韓半島の地図が描かれている。見る角度によって、3種類の絵が浮かび上がる。2005年、貨幣図案諮問委員の1人がホログラムの模様として韓半島の地図と太極の模様を提案した。ほかの委員が地図に独島を入れる条件で賛成した。韓半島の地図には済州島(チェジュド)、鬱陵島(ウルルンド)、独島が鮮明に表示されている。

韓国銀行の関係者は「地図がとても小さく、代表的な島だけ強調して入れた」と話している。制作過程で独島が太極旗の師卦と重なり、はっきり見ることができず、これを修正するために2カ月を要したという。

実はこの独島が描かれているホログラムは日本製だ。韓国銀行と造幣公社によると、日本の図版社は2005年に国際入札を通じ、ホログラムの供給業者となった。造幣公社側は「韓国の5000ウォン札と1万ウォン札に使えるホログラムを作っている会社が世界に2カ所ある」とし「このうち、日本の業者が安い価格を提示したため、このホログラムを使っている」と話している。

中央日報 Joins.com
2008.08.04 15:10:11



竹島 | 【2008-08-05(Tue) 17:45:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
世論調査…
 【世論調査】とは何処の国の“世論調査”のことなのか。はっきりと国名、あるいは“調査主体”、及び“調査の詳細”を明記していただきたかった。
 もし日本(日本人)の“世論調査”だとするならば大いに問題が残る。いくら“色々な人”がいるからといっても“竹島”「日本の領土だと思う」と回答した人が7~8割(少なすぎる!)とは、少し信じ難い。ならば他の答えの選択肢は何だったのか。「日本の領土だと思わない」なのか「分からない」なのか、その辺も詳しく報道していただきたかった。
 ともかく、今回の何処が調査を行い、その方法、並びに主旨もはっきりとは分からない“世論調査”ではあるけれども、日本以外の国か韓国での“世論調査の結果”だとするならば納得もいく。
 しかし、残念ながら韓国はそこまで民度は高くあるまい。

“【世論調査】「竹島は日本の領土」7割超す” msn産経ニュース
2008.8.4 18:31

 日本と韓国が領有権を主張している日本海の竹島について聞いたところ、「日本の領土だと思う」と回答した人は73.7%と7割を超えた。男性40、50代と女性50代では8割を超えた。「日本政府はもっと強く領有権を主張すべきだと思う」とする回答も、75.0%と高かった。米国の地名委員会(BGN)が竹島の帰属先をブッシュ大統領の命令で「韓国」に戻したことを受けて、竹島が日本の領土であることを改めて強く求める機運が高まっていることをのぞかせた。

 また、アフガニスタンでのアメリカなどの軍事行動を後方支援する新テロ特措法延長については、「反対」が53.0%と半数を超え、「賛成」の32.3%を上回った。自民党支持層の48.5%と5割近くが「賛成」としたが、民主党、共産党、社民党支持層の6割以上が「反対」とした。


 恥ずかしくもなくよく戻ってこれるものだ。よもや自らの発言を忘れたわけでもあるまい。日本(日本人)を侮るのもいい加減にしろ!
 

“駐日韓国大使きょう帰任 竹島抗議で一時帰国” msn産経ニュース
2008.8.4 19:18

20080805.msnsankei.01〔写真; 権哲賢・駐日韓国大使〕

 韓国外交通商省は4日、新学習指導要領解説書への竹島(韓国名・独島)記載に抗議し一時帰国していた権哲賢・駐日大使が5日に帰任すると発表した。7月15日の韓国帰国から3週間ぶり。長期化すれば、9月に日本で開く予定の日中韓首脳会談に悪影響が出ると判断した可能性がある。

 外交通商省は帰任理由について、帰国は竹島記載問題に関する政府などとの「業務協議」が目的で、予定の協議を終えたためだと説明した。同省報道官は、大使帰任後も解説書への竹島表記は納得できず、未来志向の両国関係構築のため誠意ある措置を取るよう日本に求めると述べた。

 李明博大統領はこの問題には「長期的な対応」が必要との発言を繰り返しており、帰任はこうした方針の反映とみられる。(共同)


 そろそろ日米の桎梏を解き放つ時なのかもしれない。

“駐日大使帰任「喜ばしい」 竹島問題で米政府高官” msn産経ニュース
2008.8.5 11:40

 米ホワイトハウスのワイルダー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は4日、新学習指導要領解説書への竹島(韓国名・独島)記載に抗議し、一時帰国した韓国の権哲賢駐日大使が帰任することについて「日韓関係が好転している前向きの兆しと米政府はとらえており、大変喜ばしい」と歓迎した。

 上級部長はアジア歴訪に出発したブッシュ米大統領に同行、給油地の米アラスカ州に向かう途中の大統領専用機中で記者団に語った。竹島の領有権問題については「日本と韓国の外交問題」と確認した上で「日韓の間で一層の進展が図られることを望む」と述べた。(共同)



竹島 | 【2008-08-05(Tue) 12:55:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
対外債務の返済には問題ない?

“韓国、ドル売り介入で外貨準備高105億ドル減 7月末” NIKKEI NET

 【ソウル=島谷英明】韓国銀行(中央銀行)が4日発表した7月末の外貨準備高は2475億2000万ドル(約26兆7000億円)と、6月末に比べ105億8000万ドル減った。月間の減少額は通貨危機に見舞われた1997年以降で最大

 韓国政府と韓国銀行は輸入インフレの拡大につながる通貨ウォンの下落を食い止めようと、7月初旬から大規模なドル売り・ウォン買いの市場介入に踏み切っている。このため外貨準備高が大幅に減少した

 1―7月の貿易収支が77億9500万ドル(速報値)の赤字に転落したことに伴う資金流出も響いているとみられる韓国銀行によると、外貨準備高は台湾に次ぎ世界第6位。7月末の水準は通貨危機のさなかに外貨不足で国際通貨基金(IMF)に資金供給の支援を要請した97年末の約28倍に増えており、対外債務の返済には問題ない。 (23:02)


 「対外債務の返済には問題ない」のならば良いけれども、何かあっても日本に頼るのだけはやめてもらいたい(“アジア通貨危機 Wiki”)。
 韓国などに二度と支援などするものか!
 これが現実を理解している多くの“日本人の本音”であろう。

“防衛研究所統括研究官 武貞秀士氏「韓国は代償が大きいことを認識せよ」” msn産経ニュース
2008.7.31 00:04

 今回の軍事演習は、今月15日に、韓国の権哲賢駐日大使が一時帰国した直後ぐらいに、実施が決まったのだと思う。

 李明博政権は、米牛肉輸入問題をめぐり、深い傷を負った。その対米関係から国民の意識を転換させるために、竹島問題を利用したと見る向きもある。日本に対して毅然(きぜん)とした姿勢を示すことで、国内の不満を日本に向けさせ政権浮揚を図るという狙いもあるのだろう

 韓国は、2020年までに621兆ウォン(約66兆円)かけて軍備の近代化を進めている。海軍も揚陸艦「独島艦」を配備したばかり。軍事演習の背景には、日本を意識し、近代装備による軍事プレゼンスを誇示する狙いも含まれている

 李政権は、首相の竹島上陸も含め、これまでの政権がやらなかった一線を踏み越えてしまった感がある韓国側の“独り相撲”であり、日本国民は驚きをもって受け止めている。日本側は、売り言葉に買い言葉の反応はすべきではないと考えるが、韓国側の盛り上がりが止まらなければ、これまで竹島問題を受け流してきた日本側の冷静さも失われかねない

 韓国の対外債務は増え、外貨準備高も減っている。将来、再び金融危機に見舞われる恐れも出てきている。そのとき、日本側が緊急融資する必要性も出てくるだろうが、果たしてそうした選択に、日本世論はついてくるだろうか。竹島問題をエスカレートさせることは、韓国側の代償が大きいことを深く認識すべきである。     (談)



アジアの特定三国 | 【2008-08-04(Mon) 23:46:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
竹島問題は国内問題?
『動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開し、動画は竹島問題に無関心な風潮を嘆き、原因として愛国心が希薄になっているなどと問いかけている。映像は画用紙に解説のイラストを描きながら進行。「竹島問題は国内問題です」などのナレーションを流し、約4分訴えかけている』

“竹島啓発の動画「わたしの竹島ですが、何か?」に、アクセス集中” msn産経ニュース
2008.8.2 20:40

20080801.msnsankei.01〔写真; 日韓両国が領有権を主張する日本海の竹島(AP)〕

 日本固有の領土で島根県隠岐の島町に属する竹島への関心を深めてもらおうと、日本青年会議所(JC)島根ブロック協議会が7月16日、インターネット上で公開を始めた竹島啓発の動画「わたしの竹島ですが、何か?」に、アクセスが集中している。

 公開直前に、竹島を初めて領土問題とした新学習指導要領解説書が公表され、最近では、米政府機関が竹島の帰属先表記をめぐって迷走し「韓国」に戻すなど国内外で議論が巻き起こっている。約2週間で2万アクセスを突破し、JC島根ブロックは「予想をはるかに上回る反響」と驚いている。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開し、動画は竹島問題に無関心な風潮を嘆き、原因として愛国心が希薄になっているなどと問いかけている。映像は画用紙に解説のイラストを描きながら進行。「竹島問題は国内問題です」などのナレーションを流し、約4分訴えかけている

 書き込みも100件以上が寄せられ、約3割が「日本の歴史を知ろう」などと動画の趣旨に賛同。なかには「日本政府は『わたしの竹島ですが、何か?』と韓国になぜ言えない」などと政府の姿勢を批判する声もある。

 JC島根ブロック郷土愛育成委員会の平下智隆委員長は「まず、健全な愛国心を養ってほしい」と話している。


 ということで、久々に「ユーチューブの動画」をアップ。

わたしの竹島ですが、何か?

 う~ん…よくできている。

 確かに、「竹島問題は国内問題」

 なのであろう。本質的には。

 そして、「共同体への帰属心を失った私たち」「個人主義」

 それぞれが戦後日本を読み解く為の大切なキーワードではある。

 とはいえ、現実的には韓国が領有権を主張している限り、「竹島問題」“外交問題”でもあり、厳密に言えば日本と韓国との二国間だけの問題ではない。
 “北方領土(北方四島)”と“尖閣諸島”も含め、“国際的問題”として考えていくことも忘れてはなるまい。
 そもそも、韓国側の主張の発端には“マッカーサーライン”が存在している。そして、“大東亜戦争”と“朝鮮戦争”と“東西冷戦”。
 少なくともこれらの歴史的経緯を辿らなければ、「国内問題」の本質も見えてはこない。
 おそらく、それらのことは十分に承知の上で「竹島問題は国内問題です」と主張されているのであろう。“社団法人 日本青年会議所 中国地区 島根ブロック協議会 郷土愛育成委員会”の有志の皆様方は。
 それほど戦後日本人の精神は「平和教」に毒されてしまっているということか。“東京裁判史観(自虐史観・日本悪玉史観)”が怨めしい。

竹島 | 【2008-08-03(Sun) 01:32:56】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「特攻花」写真集
 先日注文しておいた“「特攻花」の写真集”が手元に届いた。正直、値段のわりにはとても素朴な写真集である(関連投稿; “特攻花”)。

20080802.tokkoubana.01

 しかし、写真を眺めていて、そして巻末に掲載されている仲田千穂さんの“19才の「特攻花」との出会い”、そして“5年間の取材メモ”の文章を読んでいて思わず目頭が熱くなってしまった。特攻隊員への純真な思いが伝わってくる。
 是非とも多くの日本人の方に手にしてもらいたい写真集である。
 出版元は“㈱七彩工房”。仲田千穂さんはそこの“社員(専属カメラマン)”さんでもあるようだ。

特攻・神風 | 【2008-08-02(Sat) 14:25:18】
Trackback:(0) | Comments:(0)
月初の思い
 月も変わり、“韓国系マスメディアの報道”はできるだけ読まないようにしようと心に決めていた。
 なぜならば、余りにも“きめつけ”でものごとが語られ、感情的で論理的な構築ができていない記事が数多く、心の安寧を乱されてしまうからである。
 確かに“韓国系マスメディアの記事”からも得ることはなくもないが、このレベルなら日本の週刊誌を読んでいた方がおもしろいし、役にも立つ。
 ところが、つい、魔がさしてしまった…

“駐米大使「独島領有権表記の再変更は断じてない」” 聨合ニュース
2008/08/01 13:17 KST

【ソウル1日聯合】李泰植(イ・テシク)駐米大使は1日、米地名委員会(BGN)が独島領有権表記を「主権未指定地域」に再変更する可能性について「われわれの主権がはく奪されるようなことは断じてない」との考えを示した。MBCのラジオ番組にインタビュー出演し、BGNが領有権表記を「韓国」に原状回復した今回の決定は、ブッシュ米大統領の信頼または名誉がかかった問題だとした上で、このように述べた。
 李大使は、表記原状回復措置の背景に対し「米国がこれまで維持してきた独島問題に対する中立政策について、ほかの類似ケースに対する政策と乖離(かいり)が生じたということを米国自らが認識した」と紹介した。韓国政府は、ロシアが実効支配しているクリル諸島(千島列島)については「ロシア領」と明記しながら、独島を「主権未指定」と分類するのは二重のものさしだとして米国を説得していた

 来週行われる韓米首脳会談で公式・非公式に独島問題が議題となる可能性については「独島問題が持つ重大性から考えれば、どのようになるか推測がいく」と述べ、会談で扱われることを示唆した。

 李大使は、ブッシュ大統領は独島問題の重要性をよく認識しているため、領有権表記原状回復の要求に、李明博(イ・ミョンバク)大統領との友情を考慮し迅速に処理すると答えたと強調した。首脳外交で築かれた両首脳の深い友情と信頼関係が基になり、この問題が解決されたとみればいいと述べた。


 『駐米大使「独島領有権表記の再変更は断じてない」』との記事タイトルに絆されて、ついつい“聨合ニュース”の記事を読んでしまった。
 当初、「駐米(韓国人)大使」「駐韓(米国人)大使」と“思い違い”をしてしまい、米国の政府系の人間が「独島領有権表記の再変更は断じてない」などと断定口調で発言することは天地がひっくり返ってもあろうはずがないのに、もしかしたら米国側の高官は何か相当な弱みを韓国側に握られてしまっているのではなかろうか、例えば“韓国お得意の性の慣行(Comfort Woman or Sex Slave)”を使った“ハニートラップ”などをかけられているのではないかなどと、勝手に“思い込み”をしてしまっていた。
 ところが、そのように“思い込み”ながら記事を読み進めていくと、何のことはない、“アメリカ人の駐韓大使”が話したことではなく“韓国人の駐米大使”が語った言葉であった。
 そして、その他にもこの“韓国人の「李泰植(イ・テシク)駐米大使」”は、「われわれの主権がはく奪されるようなことは断じてない」とか「米国がこれまで維持してきた独島問題に対する中立政策について、ほかの類似ケースに対する政策と乖離(かいり)が生じたということを米国自らが認識した」、そして「独島問題が持つ重大性から考えれば、どのようになるか推測がいく」等などと“私と同じ”勝手な“思い込み”による発言を繰り返し行っている。
 とはいえ、同じ“思い込み”でもその“質”は全く違う。普通の“思い込み”は真摯に訂正されるが、“韓国人の思い込み”は往々にして“きめつけ”へと転化してしまう。
 要するに、今般の記事に書かれている内容は、ほとんどが韓国の駐米大使の“きめつけ発言”であることが理解できる。
 はたしてアメリカの政府関係者がこの発言を聞いたら何と考えるか。是非とも訊ねてみたいものである。
 それにしても何故、「独島領有権表記の再変更は断じてない」と言い切れるのか。本当に不思議な民族である。
 この辺が韓国人が韓国人たる所以なのであろう。思考回路が短絡的で、“きめつけ”てしか物事が語れず、ことの本質を理解しようとしない。そして、そのような未熟さを表面で演出(?)することによって相手からの譲歩を引き出す。
 これではまるで“駄々っ子の見栄っ張りな子供”である。
 韓国側が“未熟さ”を意図的に“演出”しているのか“素(す)”であるのかは正直、常識的に考えれば判断に窮するところではあるけれども、日韓双方のメディアで報道される韓国側の対応なり行動を見る限りにおいては、間違いなく“素”、即ち《底知れぬ“未熟さ”が“韓国人の本性”》なのであろう。
 であるならば、このような“未熟な国家”、そして“民族”とはできる限り距離を置いて付き合うことが日本にとっては賢明な措置となるはずだ。
 にもかかわらず、昨今の日本側の対応を見る限りにおいては、このような“未成熟な国である韓国”と親密な関係を結ぼうと努力しているように思えて仕方がない。もし、そうだとするならば、過去において大日本帝国が“日韓併合”を行った時と同様に、そのような対応は未来において多くの禍根をもたらす元凶となりかねない。親密な政治的、経済的つながりは、“未成熟国家を相手”にした外交としては断じて愚策である。
 一人でも多くの日本人が、その“現実”に気付かなければなるまい。その為には、先ず“ありのままの韓国・韓国人の実体”を知る必要がある。
 韓国は自らの手で文明国なり文明人にならなければならない。そして、そのことが実現できた暁にこそ、日本は韓国と“普通の善隣外交”を行えば良い。
 韓国、及び韓国人は、世界中で今も尚、“韓国(朝鮮民族)の伝統文化”である“商業売春(慰安婦;Sex Slave)”を繰り返し行っており、様々な犯罪に手を染めながら、日本を貶める為に平然と“嘘”を喧伝し続けている。
 このまま韓国との“友好関係”を続ければ、何れ日本は新たな不幸を招き入れることになろう。現に韓国人、及び韓国・朝鮮系の人間による犯罪行為により何人の日本人の命が失われていることか。この現実も私たち日本人は確りと見つめなければなるまい。
 現段階での韓国との友好関係は大いなる政治的過失になる可能性が大である。このような“未成熟な国家”、及び“未成熟な国民”とはまともな外交関係など結べるはずがない。
 尚、李泰植(イ・テシク)駐米大使と同じ論法を用いれば、“1951年のアメリカ政府の見解”と今回の李泰植(イ・テシク)氏のアメリカ側の見解を忖度したと思われる一部の“きめつけ発言”とは明らかに整合性が取れていない。
 そのようなことも分からない(分かろうとしない)のが韓国の高官なのであり、マスコミも含めた大方の韓国人の実態でもある。

竹島 | 【2008-08-02(Sat) 13:28:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
竹島の景観
 本日(8月1日)の産経新聞(Net View)に掲載されていた“竹島”の写真。
 “msn産経ニュース”のサイトでも探してみたけれど見つけられなかった。
 記事の内容などどうでも良い。とにかくこれ以上、自然を破壊しないでいただきたい。“海上観光ホテルの建設”や“実質的な「有人島化」”などを考えておられるようだが、私には“愚かな行為”としか思えない。

20080801.sankei.01


20080801.sankei.0420080801.sankei.05


竹島 | 【2008-08-01(Fri) 23:52:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日中外交のあいさつ
 竹島ばかりを気にはしていられない。

 そういえば…

 「中国製毒入りギョウザ事件」はどうした!マスコミは何故沈黙している!

 チベット問題も、新疆も、モンゴルも、環境汚染も、人権侵害も、官僚の汚職も、四川大地震も何故騒がない!

 矢張り、“オリンピック”か…。

 けれども、ここまできたら、是が非でも“北京オリンピック”を成功させてもらいたい。

 頑張れ中国!

 「基準値の約20倍」がなんだ!“中国製ギョーザ”からは有機リン系農薬「メタミドホス」が「基準値の最大約1万2000倍」も検出されている。

 ま、負けるな中国!…???

“熱かん用容器から約20倍の鉛 中国で購入” msn産経ニュース
2008.7.30 19:54

20080730.msnsankei.02〔写真; 中国で購入し、鉛が検出された熱かん用の金属製容器=30日午後、北海道庁〕

 北海道立消費生活センターは30日、旭川市の男性が中国で購入した熱かん用の金属製容器から、食品衛生法で定める基準を超す鉛成分を検出したと発表した。容器に60度のお湯を入れて調べた結果、基準値の約20倍の鉛が溶け出したという

 同センターによると、男性は平成18年11月に中国・杭州のレストラン売店で容器を購入。帰国後、妻が日本酒を入れて飲んだところ吐き気を訴えた。しばらく放置していたが、今年2月、センターに相談した。妻の体調不良と容器との因果関係は不明という。

 センターは「同じ容器を購入した人は、酒などを入れて飲まないでほしい」と注意を呼び掛けている。


 とはいえ…

追記;

“残留基準の4万4千倍検出 中国製ギョーザ中毒事件”
2008.5.29 19:54

 中国製ギョーザ中毒事件で、兵庫県警の捜査本部は29日、被害に遭った同県高砂市の家族3人が食べたギョーザのトレーに残っていた具から、約1万3200ppmの高濃度の有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出されたと発表した。ニラの残留農薬基準の約4万4000倍に当たり、捜査本部は意図的に混入されたとみている。



“日中外交のあいさつ”の続きを読む>>
アジアの特定三国 | 【2008-08-01(Fri) 18:25:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本は軽量級の対戦相手
「国境問題で統一ベトナムと10年間も戦争をした中国に比べれば、今回の相手は全くの軽量級にすぎない」

 確かにそうだ。“中華な国の親分”に比べれば“日本は軽量級の対戦相手”であろう。

 それにしても…

「歴史認識において、日本は「全くの無知」に近い政府を持つ国だ

 と、いくら“無知な特派員”に言われてもさして気にはならないが、「わずか100年前に領土を奪われた経験があり」とか、「独島は言うまでもなく韓国領土である」などと“決めつけ”でものごとを語るのは、余りにも“無知”過ぎるのではあるまいか。
 しかも、『「独島は韓国領土だ」と伝え続けるという易しい課題』を、『韓国政府がもう少し気を使っていたら…「日本をけん制することなど簡単なことだ」』とは、いくらその後の『第3者に対し独島領有権を説得できないくらいなら、ほかのどの懸案においても「韓国が日本に勝つ」など夢のまた夢だ』という、とりあえずの“主節”を補完するために語られたこととはいえ、少し無謀過ぎるのではなあるまいか。多分、この“お偉い”特派員氏は、文中で「幼稚な例え」という言葉を使われているが、これではその「例え」は勿論のこと、論説そのものが「幼稚過ぎるような気がして仕方がない。
 さらに、「おそらく、現在の韓日間にあるあらゆる問題のうち、現実的・論理的に最も韓国に有利な懸案を挙げるなら、それは独島問題だろう」などと、個人的な推測にすぎない稚拙な論考を、さも真実のように語るその語り口ははっきり言って“無知”も“幼稚”も通り越してしまっている。
 矢張り、この鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員も、多くの韓国人と同様に、“パラノイア(偏執病)”的な“妄想性人格障害(Paranoid personality disorder)”を患っているとしか思えない。
 何故、韓国人にはこのような“精神を患った無知なる人”たちが多いのであろうか。しかも、そのような“おかしな方々”が社会的な地位を保ち、この特派員の方のように臆面もなく仕事をされている。私たち日本人の常識からは信じ難き現実である。

“【コラム】日本は「軽量級」の相手だ” 朝鮮日報
2008/07/31 12:01:37

20080731.cyousennnippou.01 わたしは今、日本に赴任してから、3度目の独島(日本名:竹島)騒動を経験しているところだ。2005年、日本の一地方(島根県)が「竹島の日」を制定した波紋がまだ鎮まっていないころに赴任し、06年に日本の調査船が独島に派遣された騒動、そして今年は中学校の新学習指導要領解説書の問題が起きた。07年は独島でなく、米下院の「旧日本軍による従軍慰安婦強制動員を非難する決議案」問題があったが、これを含め韓日の歴史問題は毎年恒例の行事といえよう。

 歴史認識において、日本は「全くの無知」に近い政府を持つ国だ歴史を研究する学問的な深さは海のようだが、歴史を現実として扱う政治的な深さは小さな川のように幅が狭く、底が見えている。事実、日本が現実の政治において歴史にまで配慮する深さを持っているなら、韓国の隣には今よりももっと恐ろしく、もっと強い日本があるのかもしれない。日本が軽率に振る舞うことは「幸い」といえなくもないのでは―騒動が起きるたび、そう思う

 もちろん、日本に対する韓国の態度は、ため息が出るほど「やぼ」なことこの上ない。しかし、わずか100年前に領土を奪われた経験があり、まだ被害意識をぬぐい切れない国の国民としては仕方ないのではないかと思う。「効果がない」と知りつつも声を張り上げるしかなく、独島は言うまでもなく韓国領土であるのにもかかわらず、米国政府のたった1行の表記に動揺する気持ちが理解できるのは、わたし自身も韓国人だからだろう

 だが、やるせない思いをつかの間晴らしたとしても、正しい答えはやはりこうした方法ではない。「独島は韓国領土である」という事実を、英語を理解しない外国政府や機関に知らしめ、最終的には領土を武器で奪われない国をつくるのが正解だというのは、誰の目にも明らかだ。「強い国づくり」は難しい課題だが、韓国人はこれまでも努力を続けてきた。強国ではないが、武力で支配される弱小国でもない。日本が今、独島の武力侵攻を夢見るほど分別がつかなくなっているわけでもない

 今、わたしたちが当惑しているのは、「独島は韓国領土だ」と伝え続けるという易しい課題を、韓国人自身がなおざりにしてきたことだ。韓国政府がもう少し気を使っていたら、幼稚な例えだが、在外公館の官僚がゴルフに気を使うのと同じくらい独島に関心を注いでいれば、日本をけん制することなど簡単なことだおそらく、現在の韓日間にあるあらゆる問題のうち、現実的・論理的に最も韓国に有利な懸案を挙げるなら、それは独島問題だろう。つまり、第3者に対し独島領有権を説得できないくらいなら、ほかのどの懸案においても「韓国が日本に勝つ」など夢のまた夢だろう。

 しかも、もっと大きな課題は、歴史・領土問題で日本よりも「重量級」の中国が動いているということだ。中国はもっと無礼で、もっと非論理的で、譲歩を強いてくる国だから、遠慮なく経済・軍事的圧力を加えてくる可能性が高い。中国は、今の日本のようにたとえ口先だけだとしても礼儀を持って美辞麗句を並べることはないだろう。そういう時も韓国は中国大使館の前で絶叫し、(中朝国境の)白頭山の上に戦闘機を飛ばすだろうか。その時は在中国韓国大使館の前で脅迫し、逆に白頭山の上に戦闘機を飛ばすような相手に、韓国は立ち向かわなければならないかもしれない

 韓国はこれを機に、徹底的に練習しておくべきだ。日本を相手に問題を落ち着いて、合理的に、だが愛国的に解決する方法を。枝葉のような歴史・領土問題が国の存亡に直結しないよう、政府と国民がうっぷんを鎮め、メンタル面をコントロールする能力を身に付けるべき時期がそろそろやって来る。国境問題で統一ベトナムと10年間も戦争をした中国に比べれば、今回の相手は全くの軽量級にすぎない

東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員

【ニュース特集】独島問題

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


 それにしても、この朝鮮日報の“鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員”という方は、著名、写真入で記事を執筆、掲載されておられるので、相当な自信家と推察するが、その文章を読むととんでもなく無知で目立ちたがり屋の偽善者の方である。
 先ず第一に、ものごとを“決めつけ”でしか話せない。そして、そのことに気付いている様子が皆目見当たらない。
 ある意味、このような特派員の執筆した記事を平然と掲載し続けている朝鮮日報の品位なり資質も疑われるが、そもそもこの程度のレベルなのではあろう。韓国のマスメディアは。
 即ち、これが韓国の、そして韓国人の実態なのである。その意味においては非常に参考になる人物(若者?)だ。この“鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員”という“お偉い”お方は。
 是非一人でも多くの日本人の方々に鮮于鉦(ソンウ・ジョン)氏の執筆した記事を読んでもらいたい。どれだけ韓国の人たちが救いようのない、劣等感に打ちひしがれた“我がまま”“無知な人たち”であるかが理解できる筈である。
 尚、言うまでもないことだが、“劣等感”とは“優越感”の裏返しの言葉である。即ち、ある意味、“優越感”がなければ“劣等感”は感じなくて済む。
 要は、何処にその根拠があるのかは知らないが、韓国人は“優越意識”が極端に強い民族でもあるということだ。おそらく、その原因は、“永年に渡るシナ王朝に対する朝貢国家としての鬱積した思い”と、“建国(1948年)以来一世紀にも満たない短い国家としての歴史”が起因しているのではないかと思われるのだが、だからといって、そのような自らの未熟さ故の身勝手な理由によって他国に迷惑をかけるのだけは止めていただきたい。
 何れにしろ、「練習相手」にされるのも迷惑な話ではあるけれども、今後の「重量級の相手」との対戦を楽しみにしている。是非、健闘していただきたいものだ。
 得意の“火病攻撃”が何処まで通用するものやら。相手も“ファビョる”ことは得意である。否、むしろ“本家”でもある。いっそのこと、“シナ王朝の冊封体制”にもう一度入れてもらってはいかがであろうか。その方が今のような“我がままで独善的な韓国・韓国人”にはお似合いである。

竹島 | 【2008-08-01(Fri) 18:12:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
領土問題の顕在化
 少なくとも、韓国側の“お陰様”で“領土問題”が国際的に知れ渡るようになってきた。

「作業の過程で多くの例外、不正確な点をみつけた。少しずつ対処するのではなく、すべてを一度に調べることにした」

 “未文明国の韓国”が相手では、さぞかし米国も困り果てていることであろう。何せ自分に都合の悪い事柄は何一つ聞かない振りをする国(国民)でもあるので。
 是非、“1952年8月10のアメリカ政府(国務省)の見解”を再度、韓国側へ教えてあげていただきたい。そして、韓国は当事国ではなかったけれど、“サンフランシスコ講和条約”のレクチャーを韓国側の要人と、全ての韓国国民に対して行っていただければ有り難い。
 何せ、アメリカ合衆国は韓国を独立させた責任のある国でもあるので、そのくらいのことは最低限していただきたいものだ。
 韓国は、1948年に“連合国(United Nations)の軍政下から独立”したのであって、決して日本から独立したのではない。

【竹島問題】表記変更理由で苦しい説明 米政府 msn産経ニュース
2008.8.1 10:23

20080801.msnsankei.01〔写真; 14日に撮影された、日韓両国が領有権を主張する日本海の竹島(韓国名・独島)=AP〕

 【ワシントン=有元隆志】マコーマック米国務省報道官は7月31日の記者会見で、米政府機関の地名委員会(BGN)が竹島(韓国名・独島)の帰属先を「主権未指定」から「韓国」に戻した理由について、「作業の過程で多くの例外、不正確な点をみつけた。少しずつ対処するのではなく、すべてを一度に調べることにした」と述べ、竹島の帰属先をいったん元に戻したうえで、データベースの総合的な見直し作業に着手する方針を表明した

 竹島の件を契機に世界各地の係争地に領有権論争が“飛び火”し、収拾がつかなくなることを防ぐため、冷却期間を置くことで、事態の沈静化を図ろうとしているものとみられる

 同報道官の発言は作業結果によっては再び、竹島の帰属先を変える可能性を示唆したともいえるが、変更した場合、韓国から反発が起きることは必至のため、作業がいつ終了するかは明言しなかった。

 記者団から見直し対象として、米政府が表記として使っているビルマからミャンマーに変更することもあるのかとの質問も出たが、同報道官は具体例には言及しなかった。


 尚、韓国では以下のような他国(日本)の尊厳を貶めるような行為が平然と行われている。まさに韓国人の“愚民性”が如実に現れている。
 ただし、これはまだましな方。是非とも他国の国旗を踏みにじったり、焼いたり、噛み千切ったりすることは止めて、文明人としての常識(礼節)を学んでいただきたい。
 先ずは、同じことを韓国(人)がされたらどう思うか。そのくらいの想像力は養っていただきた。文明人としてではなく、人間としての常識であろう。

20080801.msnsankei.02
竹島問題の抗議集会で、卵とトマトが投げられ汚れた日本の地図=16日午前、ソウルの日本大使館前(共同)

竹島 | 【2008-08-01(Fri) 13:03:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
くまック時計
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉