プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
官僚の「埋蔵金」
2007年12月10日 産経新聞(Net View)より

「特別会計」は廃止しろ!

「特別会計」は「一般会計」に組み入れて“国会での審議の対象”にし“承認(決済)”を経なければならない!

2007.12.10.sankei.02 産経新聞の記事によれば 『「埋蔵金騒動でスポットが当たった特別会計は財務省ではなく、各省庁が所管している。一般会計と違い、国会の監視の目が届きにくいため、「無駄遣いの温床」といわれ、政治家と官僚組織は長い暗闘を続けてきた…』『特別会計の歴史は古く明治23年に特定の事業について収支を明確にするために導入された。』『塩川正十郎財務相は「母屋(一般会計)がおかゆで辛抱、節約しておるのに、離れ座敷(特会)ではすきやきを食っておる」(15年2月、衆院財務金融委員会)」痛烈に批判。』『「官僚の抵抗が激しく」そして『特別会計改革には、各省庁と深く結びついた自民党の族議員の根強い抵抗がある』のだそうだ。
 『族議員絡み「埋蔵金(積立金・繰越金)」も確かに問題だが、国会の審議・承認を得ないで多額の国民の資産が各省庁の思惑により配分され支出されている。この「特別会計」そのものが「大問題」である。
 なぜならば「官僚は国民の代表ではない」。ただの「官吏、国民の僕」である。そのような「官僚」が国民の資産を勝手に使ってよいわけがない。これが「諸悪の根源」であり、「官僚腐敗の源泉」である。
 本来ならば国民の代表たる国会議員がその「源泉」を糺さなければならないが、「族議員化」してしまった「悪徳政治家」が「官僚」と手を取り合い国民を欺き続けている。これが今の「日本の実態」である。
 先ずは「特別会計の廃止(一般会計への組み入れ)」が是非とも必要である。このことなくして日本の将来はない。

2007.12.10.sankei.02-1


凡人の独り言 | 【2007-12-10(Mon) 20:44:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
別に…
 “意外(不思議)”だとは思わない。但し、「最も好きな国」で“ロシア”に負けているのだけはいただけない。矢張り中国の方々は「現実(史実)」を確り見つめることが必要であろう。日本も“同じ”ではあるが。

“msn産経ニュースより”

好きではない国トップは?意外にも…中国紙調査2007.12.10 13:22

このニュースのトピックス:中国
 10日付の中国紙、国際先駆導報によると、同紙などがインターネット上で「隣国の印象」についてアンケートした結果「あまり好きではない国」のトップは韓国(40・1%)で、2位は日本(30・2%)だった。

 「最も好きな国」のトップはパキスタン(28・0%)だが、日本(13・2%)もロシアに次いで3位。日本は双方の設問で上位に入り、関心の高い国といえそうだ。

 調査には過去約4カ月間で、約1万2000人が回答したという。(共同)



凡人の独り言 | 【2007-12-10(Mon) 17:46:24】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉