プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
藤田飛曹長
 ひょんなことが切っ掛けで「藤田飛曹長」のことを調べてみた。この方のお名前をご存知の方も多くあろう。「アメリカ本土を爆撃した」唯一の日本人の方である。
 恥ずかしながら、私は「アメリカ本土への爆撃」に関してその事実を「風船爆弾」と共に知ってはいたがその戦闘員(実行者)のお名前までは知らなかった。それも戦後も85歳までご存命で、後に爆撃地のオレゴン州ブリッキングス市から名誉市民の栄誉を受けておられ、そして1997年に亡くなられた後、その遺灰の一部は爆撃地点の山林に埋葬されていることも。

amerika.bakugeki.fujita-hisoutyou
爆撃経路; “アメリカ大陸爆撃物語”より転載

 日本軍(海軍)による「アメリカ本土への“攻撃”」は都合5回行われたらしい(“は太平洋のかけ橋となった男たち”)。内、8日と29日の爆撃が藤田氏らによる爆撃であった。

全て1942年(昭和17年)
  2月23日 サンタバ-バラ砲撃 伊17号
  6月20日 バンク-バ-島砲撃 伊26号
  6月21日 アストリア砲撃   伊25号
  9月 8日 オレゴン爆撃    伊25号
  9月29日 オレゴン爆撃    伊25号


その他参考サイト; “藤田信雄飛曹長” “アメリカ本土を爆撃した唯ひとりのサムライ-藤田信雄” “アメリカ本土空襲(Wikipedia)”

 また、映画の紹介サイトであるようだが“映画 「1941」 より ”のサイトに写真と共に分りやすく説明されていた。

最初の潜水艦による米本土に対する攻撃が行われたのは、開戦後間もない1942年2月のこと。
潜水艦「伊-17」がハワイ南方から進み、サンタバーバラ海峡に侵入。
日没後に浮上して艦載砲で陸上にある油田施設を砲撃。計17発発射して火災を発生させます。

2回目は6月に実施されます。
「伊-26」がシアトル北方バンクーバー島を「伊-25」がアストリア港をそれぞれ砲撃。しかし潜水艦搭載の小型砲ですから小火災を発生させた程度だったようです。

さらに次の攻撃では、潜水艦搭載の小型水上機でアメリカ本土空襲を実施します。
1942年9月9日朝、「伊-25」より76Kg焼夷弾2個を搭載した零式小型水上偵察機1機がオレゴン州の山林地帯に向けて発進します。 藤田飛曹長他1名が乗り組みました。


しかし、同サイトに記されていることだが、以下の話は知らなかった。記憶に留めておくことにしたい。

…実は1941年12月25日クリスマス当日に、西海岸一帯への12隻もの潜水艦による大規模な攻撃が計画されていました。しかし実施直前になって山本五十六連合艦隊司令長官が
「クリスマスの夜はいけない」 と中止させ、立ち消えになります。


 また、「藤田飛曹長」のことを調べていて偶然“シドニーに響いた海ゆかば”の記事を見つけた。そういえばこのような話もあった。将に“恩讐の彼方に”である。本来、「言葉」が違い「皮膚の色」が違っても「心」は通じ合えるものだ。そのことを信じ続けていきたい。

大東亜戦争 | 【2007-12-04(Tue) 22:58:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
星野監督
2007.12.03.sankei.01 「星野ジャパン」おめでとう!誰もがその快挙を褒め称えるであろう。同じ日本人であるならば。
 決勝戦(台湾戦)でのキャプテン宮元の走塁には驚かされた。そして星野監督のその采配、殊に「スクイズ」には驚かされた。
 日本の「政治家」、及び「官僚」に少しでもこの「心意気」があればと、悔やむばかりである。(“国と国との勝負。表現は悪いけど「戦争」のつもりで戦った。”
hoshinojapan.miyamoto 悲しいことにスポーツの世界だけのことであろう。自らを「犠牲」にしてまでもチーム(組織)のことを思い行動すること。そして、たとえ失敗したとしても「全責任」を一身に背負い自ら腹を切る覚悟で果敢に采配をふるい、決断を下すことは。 あくまでも「個人的な半世紀ほどの人生経験」に基づいてのことではあるが、いわゆる「高学歴(国立大出身者等)や高資格者(弁護士資格取得者等)」の方々には「ろくな奴」がいなかった。
 もちろん、多くの尊敬できる方々もいらっしゃる。しかし、同じぐらい、若しくはそれ以上の「ろくでもない奴ら」がいた。また、今もいる。その代表的な事例が「国家官僚の世界」であろう。
 「国家官僚」と名のつく者の殆どは、現状の教育システムの中で「高学歴」を取得した(勝ち取った)者たちである。そしてその「選民たちの世界」を垣間見れば自ずから真実が見えてくる。
 「責任」を自ら背負うことはせず、ひたすら回避し、自らの「私益」の為にだけ「仕事(公務)」をしているようにどうしても私には見受けられる。とても「国民」のこと想い、「国」のことを考えて仕事をしているとは思えない。
 星野監督には失礼ではあるが、決して「高学歴」の持ち主ではないであろう。「戦後の教育(進学)システム」が人間をダメにしてしまうのか、「ダメな人間である」からこそその進学システムに便乗できたのかは分らないが、いずれにしても今回の「星野ジャパンの活躍」を観て「もし日本のリーダーたちが…」と思いを馳せたのは何も私だけではあるまい。
 正直、私は“星野監督”は余り好きではない。しかし「リーダーとしての素養」は認めざるを得ない。日本の社会には余りにも「素養を欠いたリーダー」たちが多すぎる。リーダー(指導者)とは決して「好かれる人物」のことではない。ましてや「処世術に長けた人物」のことでもない。
 本来、リーダー(指導者)とは「尊敬される人物」のことである。

凡人の独り言 | 【2007-12-04(Tue) 18:41:07】
Trackback:(0) | Comments:(0)
国家資本主義?
2007年12月4日 産経新聞(Net View)より

2007.12.04.sankei.01 やれやれ、困ったもんだ。これでは「北方四島」は何時まで経っても帰ってはこない。これが世界の政治の現実だ。そもそも「国家資本主義」とは何なのであろう。「共産主義・社会主義」とそう大して違わないようにも見える。いくら「表面的に民主化」されたとしても「効率の良い共産主義・全体主義」としか思えない。まぁ、「官僚主導型資本主義」の我が国日本とは似たもの同志かもしれないが、「不満は外に」押し付ける「傲慢さ」だけは見習わなければならないところかもしれない。そして「核保有」を前提とした「軍事力の強化」も。
 現実の世界の大国は全て「核保有国」である。きれいごとだけでは決して生き残ることは出来ない。このことは歴史が全てを物語っている。 国家の使命が「国民の生命と財産」を守るところにあるのだとすれば、タブーを排し、日本も真剣に論議する必要があるのではなかろうか。
 机上の空論はもう聞き飽きた。何時まで経っても「拉致被害者」は帰ってはこないし、不法占拠された「日本の領土」も戻ってはこない。そして、一部の日本人の幇助の下に、「我々日本国民の生命・財産」は奪い取られ続けている。「ODA」という「美名」の下に、また“特定行政法人”という「官僚互恵システム」の下に、そして「誤った贖罪意識」による卑屈な「謝罪外交」の国策の下に。
 日本も先ずは「国家資本主義」を目指してはどうか。現行の「官僚主導型資本主義」は既に瓦解の憂き目を呈しているのだから。

凡人の独り言 | 【2007-12-04(Tue) 12:13:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
中国の月写真
『「本物」と強調』されると逆に疑ってしまう。

2007.12.03.china.tuki

“msn産経ニュース”より

中国、月写真は「本物」と強調
2007.12.3 12:52

 中国の月探索の首席科学者、欧陽自遠氏は2日、中国初の月周回衛星「嫦娥1号」が撮影した月の画像は「米国の写真の盗作」とインターネット上で疑惑が出ていることを受け「絶対に偽物ではない」と強調した。3日付の中国紙、新京報が伝えた。

 欧陽氏は、2005年に米国が撮影した最新の写真と嫦娥の写真を比較。嫦娥の写真には、米国の写真にない新たなクレーターが写っていると指摘し「05年から07年までの間に、月に小惑星が衝突してできたものだ」と述べ、盗作疑惑を否定した。

 嫦娥が初めて撮影した写真は11月26日に公表されたが、直後からネット上で「偽物だ」との指摘が出ていた。(共同)



凡人の独り言 | 【2007-12-04(Tue) 01:25:17】
Trackback:(0) | Comments:(0)
南京大虐殺記念館
2007年12月3日 産経新聞(Net View)より

共産党一党独裁政権の国

2007.12.03.sankei.09 はてさて、どのような「拡張改修工事」が行われたのであろうか。いまだに「歴史的事実について中日両国が共通認識を持たなければならない」と言っているところを見ると、大した「改修」は望めない。
 矢張り「自らが犯した虐殺行為」「日本軍・日本」の所為にしていることであろう。なぜならば「中国共産党自らが行った虐殺行為」を現行の「中国共産党」が認めるわけが無いからである。「真実」が明らかになれば、その時こそ「共産党政権」が瓦解してしまう。
 何れにしろ「白髪三千里」のお国柄である。「共産党一党独裁政権」「中華人民共和国」は。

追記
 中国代表が「ミス・ワールド世界大会」で優勝したらしい。確かにきれいな方のようだ。しかし、開催地は「中国・海南島の三亜市」。
 はたしてどのくらいの「金銭」が飛び交ったのであろうか。或いは「ハニートラップ」。そしてこの優勝者の張さんの「性格」は?まさか「共産党員」ではないと思うが。
疑ってしまうのは私だけであろうか。

凡人の独り言 | 【2007-12-04(Tue) 01:09:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
教育現場の一面
2007年12月3日 産経新聞(Net View)より

「生徒を叱らないで下さい」

2007.12.03.sankei.04 本当に情けなくなってくる。正直このような現状があることは信じ難い。
 教師は生徒を「叱る」為にいる。「叱る」ことによって教育を行う。それがまともな教師だと私は考えているが、どうやら今の教育現場では違うらしい。なぜならば「生徒」のことよりも「保身」を考える教師が多いからで、問題の本質は教師側にあると私は思う。実際のところ「生徒を叱らない」のではなく「叱れない」のが実情であろう。
 もし、真に生徒のことを想うのなら「PTA」に非難されようが何をされようが自らの教育に対しての信念に基づき、必要があるときは確りと生徒を「叱る」。このようなことが出来なくてなんで「教師」といえようか。これでは組織に安住するただの「サラリーマン」と何等変わりがない。もしかしたら「聖職」としての「教師」そのものが既に日本社会からは消えていなくなってしまっているのであろうか。
2007.12.03.sankei.05 「教師は聖職者」であるべきで、決して「労働者」に成り下がってはいけない。
 ある意味「叱れない」ということは「叱る自信がない」ということでもあろう。自らの「保身」の為に「叱れない」よりは、まだこちらの方が「かわいい理由」ではあるように思えるが、そのような「未熟な人間」が教師たる資格があるのか、もう一度自問自答してみる必要があろう。
 よく「教育」とは「共育」だと自信ありげに公言される教師がおられる。私はそのような教師は信用しない。結果、自らの「指導力の欠如」「共に育つ」という「戦後民主主義の平等思想に伴う甘言」で糊塗し、自らの教師としての「責任を回避」しているとしか私には思えない。 
2007.12.03.sankei.06  動物行動学者のコンラード・ローレンツの以下の言葉は将に箴言である。
「幼い頃肉体的な苦痛を味わったことのない者は長じて不幸な人間にしかならない」
 このようなことを言うとおそらく「戦後民主主義教育の毒牙に汚染された人たち」からは「肉体的苦痛などはもっての外だ!」とステレオタイプ的な観念論的反論が直ぐにでも返ってきそうだが、「彼のいう肉体的苦痛とは決して虐待とかいじめなどではない。端的に、暑さ寒さを我慢すること。つらい作業で苦労するといったことでしかない」と石原氏はその本意を分りやすく説明してくれている。
 石原氏ご自身はここで述べられてはおられないが、私は「体罰」「教育現場」では必要であると考えている。なぜならば、人も動物の一種類でしかありえず「痛い目を受けなければ憶えられないこと、学べないこと」が数多くあると考えるからである。要はその「程度」の問題であり「体罰」そのものを否定することは間違っている思う。
 最近のマスメディアの報道を見ていると「親の問題」が多く取り上げられ、まるで「教師を庇っている」ようにコメント、番組構成が多く見受けられるが、「教育現場での様々なトラブル」の問題は、矢張り「教師そのものの指導力不足」が一番の問題であろう。

 「叱るべき相手に好感を持たれようと思う心は、実はその人間の弱さ、卑しさを露呈したものでしかない」
 
 将にその通りだと私も思う。
 「卑しい教師」に子どもたちを「教え育てる」ことなどは出来やしない。そのような教師には「共育」だけがせめてものできる「仕事」であろう。「教育」など到底出来る訳がない。「教育現場での様々なトラブル」を「親」の所為にすること事態が既に「教師」として失格である。そのような教師が教師であること自体が間違っている。子どもの親を諭せないような教師が何故に子どもたちを「教え育てる」ことが出来るのか。
 「国旗掲揚」「国歌斉唱」などの「民主主義のルール」に基づいて取り決められた「規則」さえ守れない「教師」がいること自体が私には信じられないことである。そのような教師が子どもたちに一体何を教えられるというのか。即刻辞職するべきだ。「子どもたちの為」に教育現場を糺さなければならない。

先ずは、
子どもたちを「叱れる教師」の育成を!


凡人の独り言 | 【2007-12-04(Tue) 00:33:20】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉