プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
HM殿宛のメール
 久々に「HM殿宛のメール」を転載する。
 日付を見てみたら本年の3月9日であった。
 早いものである。「あっ!」という間に月日は過ぎ去って行く。

 そもそも、このブログを始めた理由の一つが「HM殿宛のメール」であった。あの頃は、相手の迷惑も顧みず“幼友達”でもあるHM殿へ頻繁にメールを送りつけていた。

 HM殿は税理士さんである。お堅いお仕事である。神経をすり減らすお仕事でもあろう。その所為か幼い頃とは違って人格が複雑に絡み合ってしまっているが、それもいたし方がない。人は成長するに伴い人格が絡み合うものである。“税理士”としての人格もあれば“男”としての人格もあろう。社会的人格は数え切れないほど持つようになってくる。そうでなければ生きていけない。だから「パーソナリティー」という。“性格”とは「仮面・ペルソナ」なのである。

 その意味においてHM殿は税理士さんらしからぬ税理士さんである。とても税理士さんとは思えない。

 HM殿の名誉の為に言っておくが、何も税理士失格だといっているのではない。税理士の枠に閉じこまらない人間味に溢れた税理士さんだということである。

 HM殿は「それは俺の仕事ではないから…」と、官僚的な対応は一切しない。「そうかぁ、大変だなぁ…。よっしゃ!俺が何とかしてみる!」といってくれる。結果はともかくとして、その心意気に惚れ惚れする。税理士にしておくのはもったいない!と本気で私は考えている。

 そんな彼を「これ以上困らせてはいけない!」と思い、始めたのがこのブログでもあった。おかげさまで今では殆どメールで愚痴をこぼすことはなくなった。もしかしたら寂しい思いをされているかもしれないが、彼のことであるから今でも「地裁」や「悪徳金融機関」に怒鳴り込みに出かけていることであろう。因みに、普通は税理士さんという者は「地裁」や「悪徳金融機関」に怒鳴り込みには行かない。行かないのが普通である、と思う。だからHM殿は“変な(普通ではない)税理士さん”であると私は思っている。

 それはともかくとして“博士の独り言”に出合ったのもこの頃だった。HM殿への気兼ねだけではブログを始めてはいなかったかもしれない。結構私も鈍感なところがある。相手の迷惑など屁にも掛けないこともある。“博士の独り言”に奮起されなければ今でも「迷惑メール」は続いていたであろう。“被害者”を増やしながら。

 以上のような理由からして、この「2007年3月9日」は私にとって大切な記念日になりそうだ。その文面での憤りは今も変わってはいない。

 “あすなろおじさん”に変身する前の私がそこにはいる。いわばこのメールは私のプロフィールになるかもしれない。「私の想い」のプロフィールの一つとして。若干の誤字脱字は訂正した。恥を曝すつもりで後はそのまま転載する。

“HM殿宛のメール”の続きを読む>>
凡人の独り言 | 【2007-11-30(Fri) 23:48:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ヨコスカ…何?
 そうかそうか、「ヨコスカ平和船団」という“日本の平和団体”があるのか。しかもこれは根っからの「市民団体」であるらしい。
 期待が出来る。早速調べてみよう。

『ヨコスカ平和船団は、
私達の海を軍隊から取り戻すために活動する市民の集まりです。
また、海との共生を求めて海と親しむ楽しい行事をも企画しています。
私達と一緒に船を出しましょう。』

 確かにホームページのトップページに上掲の文言が記されており期待が持てる。が、しかし、

『2007年の定例海上行動は終了。
2008年は3月30日より開始します。』

 どうやら“ヨコスカ平和船団”はお休みらしい。せっかくの好機なのに残念なことだ。当の平和団体の方々はさぞや地団太を踏んで悔しがっておられることであろう。
2007.11.30.yokosukaheiwasenndann ただ、私は「平和団体」に休みがあることを初めて知った。「平和」を名乗る団体にしては何か矛盾を感じないでもないが、「市民団体」でもあるらしいので、いたし方ないか。
 それぞれに仕事をお持ちのことでもあろうから、なかなか思ったような活動は出来ないであろう。一度や二度のチャンスを逃がしたとしても次の機会には頑張ってくれることであろう。 是非「ヨコスカ平和船団の約束」に違うことなく頑張っていただきたい。但し、くれぐれも「公平」に。
 さもないとただの「反日団体」だと勘違いされてしまう。

どうやら“加賀もん”さんの“期待はずれ”で終わってしまいそうだ。

“加賀もんのブログ”で教えてもらった情報でもあるし、とりあえずTBで連絡だけはしておこう。さぞかしがっかりされることであろうが。

追記
 どうやら“加賀もん”さんは既にご存知のようだ。私が見たのが23日の投稿文、今日は30日。“29日のブログ”に詳細が語られている。安心した。
 最後に以下の文言だけコピペさせていただくことにする。オリジナルよりも“少し”拡大して(実際には、今の作業環境での目一杯拡大)。

今からでもまだ間に合う。

「平和団体」は、

晴海に向けて、

或いは中国大使館(に)向けて

デモ行進をしなければならない。


by“加賀もんのブログ”より


関連投稿; “反戦平和団体” “反戦(反日?)平和団体”

凡人の独り言 | 【2007-11-30(Fri) 22:28:05】
Trackback:(2) | Comments:(0)
渡部昇一氏
2007.11.30.snkei.03 まさに「正論」。「異論」はあるまい。あっては困る。「意見」はあるにしても。
 渡部昇一氏は私の恩師である。とはいっても一面識もないが。渡部氏の著作により私は救われた。おんとし77歳。喜寿である。意気軒昂の日々をおくられているようだ。今後も末永いご活躍を期待する。

閑話休題

 「喜寿」という言葉を思い浮かべ、少し気にかかった。日本には古来から数々の“お祝い事”がある。「喜寿」の言葉も「長寿を祝うお祝い言葉・事(ごと)」の一つである。このぐらいのことは知っている。知っているつもりであった。
 その外にも思いつくままに並べてみると「還暦(かんれき/61歳)」「古希(こき/70歳)」「喜寿(きじゅ/77歳)」「米寿(べいじゅ/88歳)」「卒寿(そつじゅ/90歳)」「白寿(はくじゅ/99歳)」と思い浮かぶ。(※今調べたのだから間違いはないと思うが、間違って覚えていたものが二つあった。還暦が60歳で白寿は100歳と、何気なく頭の隅に記憶していた。)
 しかし、どうやらこの他にも色々とあるらしい。たとえば「緑寿(ろくじゅ/66歳)」。以下連記してみると「傘寿(さんじゅ/80歳)」「半寿(はんじゅ/81歳)」「盤寿(ばんじゅ/81歳/将棋界)」「茶寿(ちゃじゅ/108歳)」「川寿(せんじゅ/111歳)」「皇寿(こうじゅ/111歳)」等など色々とある。
 自らの“薄識”を恥じ入るばかりだ(薄識=博識の反語。造語である。読みは“はくしき” 類似後;薄氷)。いやはやびっくりたまげた。
 そもそもこのような「お祝い言葉・事(ごと)」は何であるのか。少し考えてみた。深く考える必要もないであろう。要は「やさしさ」である「おもいやり」である。敢えて“漢字”は使わずに“やまとことば(大和言葉)”にしてみた。何も漢字を知らないわけではない。たとえ憶えてなくともパソコンを使えば「優しさ」「思いやり」と、ほれこの通り“変換”することは出来る。「優しさ」を「易しさ」と間違って“変換・確定”してしまっては困りものだが、そのような間違いは“たまに(偶に)”しかしない。
 これも“日本文化・文明”の賜物であろう。是非、大切にしていきたい。
 
 ところで、問題が残る。今の日本は「長寿社会」と言われるようになってきた。100歳を“越える(※本来は“超える”であろうが“敢えて”)ご老人も5桁を“超える”。そのような中にあって、今調べたところによると「川寿(せんじゅ/111歳)」が最高位ではちと寂しい。
 生物学的な寿命の限界が120歳位だとしても、学問はあてにならない。ここは人間としての心意気を発揮して、せめて180歳ぐらいまでの“お祝い言葉”を“法令”で定めてみたらどうであろうか。“日本国憲法の条文”にでも組み込めたらさらに喜ばしいことだ。
 あくまでも参考までにというところだが、「120歳(色寿)」「130歳(即寿)」「140歳(是寿)」「150歳(空寿)」「160歳(桃寿)」「170歳(源寿)」「180歳(郷寿)」と。
 そう、「色即是空」の「桃源郷」である。別に深い意味はない。上手く字数があてはまっただけである。

 余談だが、嫌なものを見つけてしまった。お陰で一つ歳が増えてしまった。しかし、矢張り「数え年」が本来のあり方であろう。さすれば「親への恩」も一入(ひとしお)であろう。「満」では少し如何わしい。

■数え年とは
生れた時点を一歳と数え、その後正月を迎えるたびに一つ年を加える数え方です。 仏教ではお母さんのおなかの中での一年も「いのち」として数えますので、数え年を用いるのです。 生まれたときは0才ではなく1才で、次の正月が来るたびに年を加算します。 数え方は、満年齢に誕生日前なら2才、後なら1才を足します。


追記
 先ずは「還暦が60歳で白寿は100歳」でも間違いではないらしい。「数え歳」と「満年齢」の違いか?
 それから「あっ!」と驚いた。
 あった!111歳以上の長寿のお祝い言葉が。しかも「250歳」まで!
 さすが「中国文明!」。「白髪三千里」は伊達ではなかった。

ウィキペディア/誕生日
2007.11.30.tyoujyu


凡人の独り言 | 【2007-11-30(Fri) 18:43:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
博士の独り言
 本日の“博士の独り言”の一節を“凡人の独り言”のカテゴリーで紹介させていただく。
 尚、既にカテゴリー“凡人の独り言”のタイトルが“博士の独り言のパクリであることは“カミングアウト”している(“凡人の独り言”)。

タイトルは“「平塚八兵衛」一考”
“落ち”の部分だけ転載。

 …もしも、現今の政界に「八兵衛の交番所」があれば、「おい」と声をかけられ、「お前、支那の手下か」、「泥棒か、お前は」と。厳しい尋問に遭う政治家は数多と出て来るのかもしれない。…


“博士”には是非、“朝日新聞の天声人語”を執筆していただきたい。

凡人の独り言 | 【2007-11-30(Fri) 14:20:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
反戦(反日?)平和団体
2007年11月30日付産経新聞朝刊(Net View)より

2007.11.30.snkei.01 矢張り“旗振り”はいないようだ。“横断幕”も“拡声器”も“シュプレヒコール”も“アジテーション”も見られないようだ。何故なのだろう?不思議である。
 “反戦”を謳うからには“国”に関係なく頑張るべきだ。それが“真の反戦”というものであろう。“日本の反戦団体”ならば気合を入れ直せ!“軍艦”だぞ“軍艦”。しかも“ミサイル駆逐艦!”明らかに“戦争”の為の代物だ。“反戦”を主張するならば好都合のターゲットではないか!“戦争”のない“平和な世の中”を目指すのならば“ミサイル駆逐艦”等は“核兵器”と同様に必要はない!確りしろ確り!
 一体、“誰の為の平和”なのだ!“何の為の反戦”なのか!君ら(彼女ら)には“説明責任”がある!
 このままではまるで“反戦団体”ではなく “反日団体”だったと“誤解(?)”されてしまうぞ!
 しかし、この記事を読むと“軍艦”とは“海難救助艇”のことかと“誤解”してしまう。“海難救助艇”ならば何故に“ミサイル”を装備しているのであろうか?本当に世の中というものは奇奇怪怪である。

2007.11.30.snkei.02 また、「“陸の孤島”強制撤去 反対住民、農薬飲む」という記事が上掲の同紙面に掲載されている。
 私は“オリンピック”とは“平和の祭典”とばかり思っていたが、どうやら中国では違うらしい。少なくとも“平和の祭典”が終了するまでは“民衆の苦難”は続きそうだ。一体“平和の祭典”の為に何人の“尊い命”が失われることか。隣国のことながら心配である。中国には早過ぎた。“平和の祭典”を開催するのが。最早、悔やんでも遅い。本当に慙愧の念に耐えられないことであろう“IOC”は。

 さらに、同紙面に“HIV関連の記事”も載っていた。
 中国に行かれる予定のある方はくれぐれもご用心を。中国は“白髪三千里”の国柄である。“真実”はわからない。もちろん、“白髪”が「85万人」の方で、決して「“白髪”が“三千里”」ではない。誤解なきよう。

関連記事; “反戦平和団体”

凡人の独り言 | 【2007-11-30(Fri) 13:43:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
中国の新たな脅威
2007.11.29.snkei.04 私自身も詳しく知らなかったので少し調べてみることにした。
 兎に角、世界的には中国の人民元の記号は「¥」なのである。
 そう、日本円の 「¥」と同じである。
 日本の通貨名称(コード)は「JPY(Japanese Yen)」で中国(中華人民共和国)は「CNY(Chinese Yuan)」だ。
 おそらく殆どの日本人は「¥」は日本独自(固有)の貨幣単位だと考えているのではないであろうか。
 答えは「No!」なのだが、「うっそ~!信じられない!」という言葉が聞こえてきそうな気がする。

“中国の新たな脅威”の続きを読む>>
凡人の独り言 | 【2007-11-30(Fri) 00:21:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
反戦平和団体
 確かにそうだ。“日本の反戦平和団体”は何をしているんだ!「軍艦」だぞ!しかも「ミサイル駆逐艦」だぞ!「万景峰号」とは違うんだぞぉ!“反戦平和団体”よ、頑張れ!今こそ君たちの存在価値を示す時だ!

頑張れ“日本の反戦平和団体”よ!


“一燈照隅”さんより一部転載

支那のミサイル駆逐艦が東京の晴海埠頭に入港しました。
いつも米国軍艦が入港するときに、入港反対の抗議活動をする反戦平和団体は何処に行ったのだろうか。
米国艦艇の時は艦の周りを船で囲んで、入港を阻止しようとまでしていたのだが。
これらの船も人も何処に行ったのだろうか。
まして佐世保や横須賀といった自衛隊の港ではなく、皇居の近くの東京湾です。
反戦平和団体と言うのがどのような団体か、特定国のための反戦平和団体だと言うことがこの事から理解できるでしょう。
それと、東京湾の奥まで支那のミサイル駆逐艦を入れるような政府では、いざという時に心配です。


関連投稿; “中国の真意”

凡人の独り言 | 【2007-11-30(Fri) 00:16:05】
Trackback:(0) | Comments:(1)
くまック時計
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉