プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
高山正之さ~ん
 少し心配になってくる。昨夜、高山氏の新刊本(?)を手にした。パラパラと本を紐解き、最初の数ページを読んでみた。

日本人が勇気と自信を持つ本―朝日新聞の報道を正せば明るくなる 日本人が勇気と自信を持つ本―朝日新聞の報道を正せば明るくなる
高山 正之 (2007/04)
テーミス

この商品の詳細を見る

 本日は、先ほどコンビニに寄った序に“週刊新潮”を買ってきた。もちろん高山氏の“変見自在”を読む為である。今週号のコラムのタイトルは「国悪し」。内容を読んでみると「国=日本」とも読み取れるし「国=諸外国」とも読み取れる。おそらく後者の意味なのであろうが、それにしても辛辣だ。とても“まともな日本人”には読みすすめることは出来ない、であろう。幸いに私は“余り、まともではない”ので何とか読み終えることが出来た。

 その中に「慰安婦」に関する事柄も書かれていた。以下の文面である。

…彼は日本の裁判所で嘘つきと認定された吉田清治の嘘と韓国人の嘘つき金一勉の著作をもとに「朝鮮人女性を軍が拉致して性の奴隷にした」とする「Comfort Women」を執筆した。
 この一点の真実もない英文の本が後に国連のクマラスワミ報告のネタ本になり、マイク・ホンダの決議文に化けていくことになる。
 もちろん朝日も韓国人妻をもつ植村隆記者を使って「軍の拉致」という虚構を独自に立ててヒックスを支えた。
 余談になるが、今年の新聞大会でこんな罪深い嘘を並べてきた朝日が「新聞倫理の向上に努めた」という理由で表彰された。笑えない冗談だ。…


 この文面は未だ“ましな方”で高山氏の最近のコラムには“まともではない”私でさえも目を覆いたくなるような文面が数多い。どうやら高山氏は年齢と共にパワーアップされているようだ。日増しに“正直者”になりつつあるように見受けられる。
 “まとも”になるためには先ず“嘘をつく”ことを覚えなければいけない。“正直者”過ぎても困りものだ。その点“朝日”は参考になる。それから“国を愛さない”ことも必要だ。“国を愛し過ぎ”ても困りものになる。しかし“過ぎなくても”困りものだ。要するに“国は愛してはいけない”らしい。“まともな人たち”はそのようにいっている。他にも“責任”は自ら買って出てはいけない。あくまでも他人に転嫁しなければいけない。そうしなければ“まともな人間”にはなれないそうだ。
 だからこそ心配になる。高山氏は「正直過ぎて“まともではない”」。これでは“まともな社会”では生き続けることが大変であろう。せめて高山氏が執筆を続ける限り“週刊新潮”を買い続け、高山氏の著作も買い続けていくことにする。応援するつもりで。

 転記した一部コラムの後半部分は少し「慰安婦」からはみ出してしまっているが、高山氏お得意の“笑えない冗談”が書かれている。是非“高山流の笑えない冗談”で一冊の本にしていただきたい。楽しみである。

 因みに高山氏によれば前掲の「悪し諸外国」とは“オランダ”と“豪州(オーストラリア)”のことのようだ。矢張り“豪州”の決議案も間違いなく可決されることであろう。なぜならば「国悪し」なのだからしかたがない。

凡人の独り言 | 【2007-11-29(Thu) 19:54:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
従軍慰安婦?性的奴隷??
 “博士”には申し訳ないが“つぶやく”つもりが“ほぼ全文コピー”になってしまった。
 恥ずかしながら、微力も微力、今の若者の言葉を借りれば「“超”微力」かもしれないが、ここは声を大にして“博士”を応援したい。“博士の論考”は決して“独断”では有り得ない、と。
 なぜならば、少なくとも“私”も同じような鬱憤なり疑問・懸念を腹一杯に抱えているからである。したがって今後はせめて「独断“的”かもしれないが…」とか「“独断ではない”と思うが…」等といってもらいたい。尚、《 》内は“あすなろおじさん”の追記。

関連投稿; “従軍慰安婦の正体”

“従軍慰安婦?性的奴隷??”の続きを読む>>
凡人の独り言 | 【2007-11-29(Thu) 18:06:42】
Trackback:(1) | Comments:(0)
奥克彦氏と井ノ上正盛氏
 本当に月日の流れるのは速い。あれから4年も経つとは。亡くなられた後、偶然にも週刊誌で見かけたお二人のお姿が忘れられない。
2007.11.29.snkei.05 色々な問題はあるであろう。「アメリカによる侵略戦争の協力者」と短絡的な(バカな)決めつけをされる方々もおられることであろう。
 しかし、何時までも忘れずに記憶にた止めておきたいお二人である。私も追悼の念を捧げることにする。

奥克彦氏(おく かつひこ 享年45歳)と井ノ上正盛氏(いのうえ まさもり 享年30歳)。

 2003年11月29日、イラクにて凶弾に倒れ殉職。

ご冥福をお祈りする。

凡人の独り言 | 【2007-11-29(Thu) 17:49:01】
Trackback:(0) | Comments:(0)
中国の真意
2007.11.28.snkei.12 本日、正確には昨日の28日より中国の軍艦が日本の晴海ふ頭に寄航しているらしい。正直驚きである。何せ最近中国は「軍艦を出す」といって日本を恫喝したばかりである。はたして「相手の真意を見極めよう」などと悠長なことを言っていて大丈夫なのであろうか。
 私は何も“いらぬ不安”を醸し出そうとしているのではない。現実を見ればその“真意”は明らかであろう。中国は“中華思想”に基づく“冊封体制”を築き上げようとしているだけでのことである。その為の“軍事力”であり“政治力”である。ただ、ここで“中国”というと誤解を招きかねないので正確に「中国共産党」とその本性を明らかにしておく必要がある。中国は“易姓革命”の国である。この先、体制が変わればどのように変化するかは正直わからない。しかし現状の「中国共産党一党独裁政権」下の中国に於いては、その表層は“中華思想”から“毛沢東思想”に変わっているにしろ、その根底における“原理主義的独善主義”は何等変化はしていない。
2007.11.28.snkei.13 “中国の本性(真意)”は十二分に分っている筈である。少なくとも私たち日本人は幾多の苦汁を舐めさせられている。未だに覚醒できないでいるのであろうか。そのことが心配なのである。
 “中国(中共)”の真意は真意として目を逸らすことなく確りと見つめ、その上での対応でなければ何の効果も得ることは出来ないであろう。もう一つの隣国の“太陽政策”のような対応がこと中国にたいして有効な政策になるとは私にはどうしても思えない。“暖かな日差し”は確かに必要であろうが、それだけでは“中華”を誇る“大国”には何等効果を及ぼすことにはならないであろう。矢張り“寒風”を吹きつけることも必要だ。結局は「対話と圧力」ということになるのであろうか。
2007.11.28.snkei.14 “友好”は確かに大切なことであろう。しかし、“友好”ばかりでは侮られるだけに過ぎない。既に中国は日本に対して何度も“敵意”を表明している。そのような国とまともに付き合うことなど出来はしないことは冷静に考えれば分る筈だ。
 “中国への効果のある圧力”が何であるのか。そのことを考えることが先ずは必要なことである。それが「日米安保体制の維持・強化」なのか「経済的援助・協力」なのか、或いは「日本独自の軍事力の強化」、さらには「日本の核保有」なのか。“タブー”を取り除き逃げることなくその現実的な選択を急がなければならない。さもなければ何れ日本は中国(中共)の“冊封体制”のなかに組み込まれてしまうことであろう。
 日本はこのまま“アメリカの被保護国”であり続けるのか、それとも“中国の冊封国家”に成り下がるのか、或いは“真の独立国家”として生き残る道を選ぶのか。日本を愛する国民の一人としてこのことが心配でならない。
 少なくとも今のままでは“真の独立国家”に成り上がることだけは出来ないであろう。悲しいことではあるがこれが“日本の現実”であると私は認識している。

凡人の独り言 | 【2007-11-29(Thu) 01:27:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉