プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
新管理画面
何故だろう。時々“新管理画面”に切り替わってしまう。“新管理画面”は使いにくい。理由は単純。“慣れていない”からである。ただそれだけの理由である。「頑張れ、真央選手!」の投稿は“新管理画面”を使って投稿してみた。確かに慣れればこちらの方が使い易そうではある。しかし“おじさん”にとっては“慣れ”が一番だ。この投稿は“旧管理画面”に切り替えて書いている。矢張り、もう暫くの間は“旧管理画面”を使っていこう。

ブログ奮闘記 | 【2007-11-17(Sat) 21:30:18】
Trackback:(0) | Comments:(0)
頑張れ、真央選手!
今、テレビで“フランス大会”の模様を放映していた。フィギュアースケートである。ショートプログラム。素晴らしかった。真央選手よ、泣くことはない!君の周りに敵はいない。敵は己自身だ。既に君のすべりはスポーツの域を超えている。アーチスト、浅田選手よ。君なら“作品”を完成させられる。与えられた才能と、それを開花させている自らの努力の成果を信じて、頑張れ!

つれづれなるままに | 【2007-11-17(Sat) 21:09:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
金美齢さん
“国を憂い、われとわが身を甘やかすの記”を久しぶりに訪れてみた。そしたら“金美齢さん”のことが書かれていた。私は“金美齢さん”の隠れファンでもある。そしてもう一人の私が隠れファンである古森記者のブログにも金美齢さんが取り上げられているという。早速、訪ねてみた(“ステージ風発”)。11月4日の投稿であったが何故か画像が表示されない。仕方がないのでアマゾンから引っ張り出してきた。

夫婦純愛 夫婦純愛
金 美齢 (2007/10/16)
小学館

この商品の詳細を見る

う~ん、これでは読んでみないわけにはいかない。これから車のガソリンを入れに出かけてくる。序に本屋に寄ってみよう。

参考; “11歳の時まで日本人だった金美齢さんの動画”

つれづれなるままに | 【2007-11-17(Sat) 15:51:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
中国の本性
 自らの主張が通らないと軍事力で脅しをかけて無理やり通そうとする。このような国のことを「軍国主義国」という。そしてそのような対応のことを「軍国主義」という。

2007.11.17.snkei01 しかし、このことが分かっていない日本のマスメディア人(組織・集団)は多い。殊に「アサヒる」でさらに有名になった「朝日新聞」。このような「事実」を報道しないからあなた方は国民からの支持を失っているのだぞ。分かっているのかい、「アサヒる」君。それから、間違った報道をしたら確り謝りなさい。それが人間としての最低限の礼節だ。確かに“報道機関”は“人間”ではないかもしれないが、あなた方も一丁前の“法人”ではないか。しかも“社会的公器”として人々から“尊敬”を得られる立場にいる。そのような「アサヒる君」「嘘」を報道しちゃいかん。しかも意図的に事実を歪曲して記事を捏造するなどとはもっての外だ。分かっているのかい、「アサヒる君」。一体君達は中国や韓国から“いくら”もらっているのかい?「カネなんかもらていない!」と言い張るのだったら「じゃあ何をもらっているの?」と聞き返したい。さもなければ“あのような捏造記事(余りにも多すぎていちいち例をあげていられない)”を垂れ流す意図が分かりにくいではないか。はっきりさせたまえ「アサヒる君」
 そもそも君たちが「大東亜戦争」引き起こしたんだぞ。自らの「既得権益の為」に、新聞の売上を伸ばす為に、「鬼畜米英」と国民を煽り、私腹を肥やしてきたではないか。そのくせ戦況が不利になり、日本が敗戦すると、踵を返して責任を他所に転嫁する。そして知らぬ存ぜぬと頭を下げる。終いには「無理やり報道させられた」と泣き叫ぶ。何時から君たちはそのような「恥知らず」「卑怯者」になったんだね。“報道機関”としての“使命”を思い返し、今からでも決して遅くはない、人の揚げ足取りばかりしていないで事の是々非々で対応しなさい。いくら「権力に対抗する」等と大口を叩いていても「非々非々」ではいかん。そもそもあなたたちも立派な「権力」になってしまっているではないか。あなたたちの権力の下で泣いている人々がどれほどいることか。いい加減「弱いもの虐め」も止めなさい。あなた方も立派な「権力者」なのだから。

 何れにしろ、幸いにして、あなた方が禄を育んでいるこの国の人々は、あなた方が“臣下の礼を捧げている何処かの国々”の人たちとは違って、「過ぎたるは及ばざるが如し」、「和を以て貴しとなす」の心根の持ち主であるから、何時までも“根(“ね”と読む。決して間違って“恨・ハン”とは読んではいけない)”に持つことはしない。自らの間違いを認め懺悔し、悔い改め、報道機関としての使命を全うしさえすれば(最低限“嘘をつかない”ということだけでも)、我が国を代表する報道機関として人々の尊敬の対象となろう。今からでも遅くはない。頑張りたまえ「アサヒる君」

と、少し“変”な“つぶやきになってしまった。これも“変見自在”の影響か。尚、高山氏の“変見自在”は“変見自在”であって、決して“偏見自在”ではない。お間違い無きようご注意の程を。

それにしても“異見自在”にしろ“変見自在”にしろ、素晴らしいタイトルだ。誰がつけたかは知らないが、改めて敬意を表する。矢張り高山氏なのであろうか、命名者は。

凡人の独り言 | 【2007-11-17(Sat) 13:53:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
つれづれ動画館
“つれづれ動画館”を設置してみた。少しうっとうしいか。

追記;矢張り“うっとうしい”ので止めにした。

ブログ奮闘記 | 【2007-11-17(Sat) 00:54:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
高山正之さん2
矢張り高山 正之著の“歪曲報道”について語らないわけにはいかない。前にも一度投稿したことがあった筈だが、改めて投稿することにする。この“名文のまえがき”をご存知の方も多くいることではあろう。

歪曲(わいきょく)報道 歪曲(わいきょく)報道
高山 正之 (2006/10/06)
PHP研究所

この商品の詳細を見る


“高山正之さん2”の続きを読む>>
凡人の独り言 | 【2007-11-17(Sat) 00:02:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉