プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
高山正之さん
高山正之氏のファンになってしまった。昨夜、コンビで“週刊新潮”を買った。週刊誌を買うのは何年振りであろうか。正直覚えていない。若い頃(10代の頃)はよく“平凡パンチ”を買った。今は廃刊になっているが“平凡パンチ”も“週刊誌”の一つではあろう。その所為か、その後は“週刊誌”を読むこともなく今日まで過してきた。

 しかし、高山正之氏の“変見自在”が“週刊新潮”の連載コラムと知ってはそうもいかない。尚且つ、昨日の“博士の独り言”に「…これが読みたいがために、と開いた櫻井よしこ氏の連載コラム…」等と書かれているのだから“これ”、即ち“週刊新潮”を買わないわけにはいかなくなった。私は櫻井よしこ氏の以前からのファンでもある。

“買おう!”と思い立ったのは昨日帰宅前の深夜。既に本屋は開いていない。しかし“週刊誌”ならコンビでも売っているだろうと、自宅近くのコンビをのぞいてみたら“週刊文春”と並んで“週刊新潮”が山積みに陳列されていた。思わず手に取りレジへと持参した。

 連載は既に274回を数えている。274回目の“11月22日号”のタイトルは“実名報道”。またまた“朝日”批判である。否、“朝日新聞への注進”である。ともかく高山氏の文章は私にとって小気味良い。リズミカルである。対して櫻井氏の文章は正直、少し堅苦しい。読んでいて若干疲れてくる。高山氏の文章は私に赤瀬川原平氏の文章を読んでいるような爽快感を感じさせてくれる。但し、赤瀬川氏の文章はあくまで“感性”が力強く湧き出ていて、対して高山氏の文章には“知識と諦観”が鏤められているような気がする。あくまでも個人的な感慨ではあるけれども。

尚、“高山正之氏”をネットで検索していたら、氏が“産経新聞編集委員”の頃と、“帝京大学教授”として教鞭をとっておられた頃の文章を見つけた。以下に転載することにする。

“新潮社ホームページ”より

高山正之
タカヤマ・マサユキ

1942年生まれ。ジャーナリスト。1965年、東京都立大学卒業後、産経新聞社入社。社会部デスクを経て、テヘラン、ロサンゼルス各支局長。1998年より三年間、産経新聞夕刊一面にて時事コラム「異見自在」を担当し、その辛口ぶりが評判となる。2001年から2007年3月まで帝京大学教授。「週刊新潮」に連載中のコラム「変見自在」は熱狂的ファンも多く、名物辛ロコラムとして高い人気を集めている。著書に『歪曲報道』(PHP研究所)『世界は腹黒い』(高木書房)『日本人が勇気と自信を持つ本』(テーミス)などがある。


そういえば“歪曲(わいきょく)報道 / 高山 正之”があった。何れまた。

“高山正之さん”の続きを読む>>
凡人の独り言 | 【2007-11-16(Fri) 22:35:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
韓国の策謀、に想う
 相変わらずの韓国である。本当にいい加減にしてもらいたい。“竹島”への侵略行為といい、“従軍慰安婦”なる作り話といい、“日本への賠償請求”といい、兎に角この国の人たちは“恥”というものを知らない。何でもがなり立てていれば何とかなると思っている。“韓国”“北朝鮮”“朝鮮民族”には変わりがない。これらの国々は“人の恩を仇で返す日和見主義の嘘つき・偽善・見栄っ張り国家”である。
2007.11.16.snkei.01 このような国々(中共も含め)が日本の隣国として位置していることを悲しまなければならない。と同時に、我が国日本もこれからは本腰を入れてこのような“嘘つき国家”と闘っていかなければ、世界からは仲間はずれにされてしまう。“沈黙”という“日本人の美徳”は少なくともこれらの国々には通用しない。嘘も突き通せばそれは“事実”になり、“真実”にさえもなってしまう。このことは“グローバルスタンダード”である。黙っていて通用するようならば、日本はとっくに国連から表彰されている。
 “沈黙”していたのでは利用されるだけだ。或いは“譲歩”すれば付け込まれるだけだ。“河野談話”及び“村山政権の謝罪外交”で十分に私たちは知らされた筈である。
 そもそも“誠”の観念がないこれらの国々には“日本人の誠意”は伝わらない。このような国々とは断固“対決の姿勢”をとることが、これからの日本には必要である。なぜならば、そのことなくして“国民の生命・財産”を守るすべがないからである。
 “政治家”は現実を見つめて欲しい。“官僚”は志(初心)を思い出してもらいたい。誰一人として“私利私欲”の為に“国家官吏”になったものはいないであろう。そのことを私は信ずる。“政治家”においても然りである。世の為、人の為、“公”に尽くすことをその“本分・使命”として考えていた筈だ。そのことを思い出してもらいたい。さすれば少しは日本の未来も明るくなる。
 「義を見てせざるは勇なきなり」。この“日本人としての心”を思い返し、“誠”の心を呼び戻し、“不義”に対しては“義”を持って答えるという日本人にとって当たり前の行動を実践してもらいたい。“不義(嘘)”に阿ることは“独立国家”として決してしてはならないことだ。“アメリカの傀儡国家・披保護国”であり続けたいのなら別だが、そうでないのならば二十一世紀を向かえ、且つ戦後六十有余年を経過して、今このときからでも“毅然”とした、そして“矜持”を持った対応(行動)をすることが寛容である。兎にも角にも、

いい加減にしろ!韓国!!と言いたい。

尚、掲載記事は“2007年11月16日付産経新聞(Net View)”を参照。

参考;以下は、過去の“いい加減にしろ!韓国!!”関連の“つぶやき”のほんの数例

呆れかえる“韓国”; 「韓国系メディア」の記事; 本日(31日)「NHK NET」に…; 「アジア特定三国」絡みのメール; 「アジア特定三国」絡みのメール②; 「アジア特定三国」絡みのメール③; 「アジア特定三国」絡みのメール④



凡人の独り言 | 【2007-11-16(Fri) 18:38:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
くまック時計
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉