プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
蓮舫く~ん、
衆議院解散総選挙だよ~。

選挙区決まった?



つれづれなるままに | 【2017-10-05(Thu) 06:37:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
波平が一番年下
正直、

磯野波平くんは老け過ぎだ。



つれづれなるままに | 【2017-08-20(Sun) 10:01:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
江戸川区の小松川
う~ん、

どこだろう?

橋が架かる川は、

中川か旧中川だと思うのだけれども・・・。


江戸川区小松川は私の故郷だ。

まだ生まれる前の写真だけれども、

“西小松川町”で産湯につかった。


あっ、

中川大橋・・・。

だとすると、

現在は、

左側に都営新宿線の東大島駅がある。

つれづれなるままに | 【2017-08-18(Fri) 07:56:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
7年ぶり・・・
今年は父の七回忌だ。

震災当日、

父に付き添い大学病院にいた。

「こんな揺れ、生まれて初めてだ・・・」と、

父が担当の医師に話しかけていたことを思い出す。

その年の9月5日、

父は亡くなった。

享年84歳。

あれから七年・・・。


福島の皆様、

おめでとうございます!

つれづれなるままに | 【2017-07-17(Mon) 07:21:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
えっ?・・・


つれづれなるままに | 【2017-07-05(Wed) 06:41:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
一番辛い思いをしているのは、
認知症のおばあちゃんとおじいちゃん・・・。


我が身のこととして考えれば、

すぐ分かることなのだけれども・・・・・・・・・

つれづれなるままに | 【2017-07-05(Wed) 06:34:34】
Trackback:(0) | Comments:(0)
この発想・・・
嫌いではない。


週休六日制!

勤務日は、

日曜日のみ!

ただし、

月曜から土曜日は無料奉仕、

ボランティア活動。

ただしただし、

勤務出来るのは還暦以上の高齢者。

グッドアイデア!・・・???

つれづれなるままに | 【2017-07-05(Wed) 06:21:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
モロコシ飯
何で芯を・・・?


ということかぁ。


ということで、


作ってみた。


食べてみた。


・・・、


騙された。


歳のせいかなぁ・・・?

つれづれなるままに | 【2017-07-04(Tue) 19:31:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
富士山の山開き(山梨県側)


つれづれなるままに | 【2017-07-01(Sat) 08:46:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
神保町 古書店街


つれづれなるままに | 【2017-06-29(Thu) 04:59:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
えっ!
9秒94!

「…追い風参考とはいえ、電気計時で日本の選手が9秒台をマークするのは国内では初。」



つれづれなるままに | 【2017-06-11(Sun) 04:36:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
レクイエムが・・・


つれづれなるままに | 【2017-05-20(Sat) 04:05:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
久し振りに、
泣いた・・・。


生者必滅会者定離・・・。

つれづれなるままに | 【2017-05-14(Sun) 12:50:38】
Trackback:(0) | Comments:(0)
浅田真央選手
浅田真央さん、

私は還暦を過ぎたおじさん(おじいちゃん?)だけれども、

正直、

あなたの頑張りには何度も助けられた。

たとえ一時とはいえ、

浅田真央選手と同じ時代を生きた(生かされた)ことに感謝している。

お疲れ様、

ご苦労様でした。

そして、

ありがとう。



“韓流研究室”さんより

★彼ひとりの夜にとっての浅田真央
 竹田圭吾blog. 2014/02/21


2016年1月10日、膵臓癌のため51歳で亡くなった
ジャーナリスト・竹田圭吾氏の闘病中に遺したエッセイ。

其々が、自分の人生に重ねて共感する。
理屈ではなく、自分に投影する。
そんな稀有なアスリート・浅田真央選手。

一緒に笑って、一緒に泣く・・・
演技が終わるまで祈り続けた選手だった。
順位なんかではなく
「真央ちゃんが
 満足できる演技ができますように!」

20170412asadaC9EOCG4VwAA2RA4.jpg





つれづれなるままに | 【2017-04-12(Wed) 07:13:18】
Trackback:(0) | Comments:(0)
すまん寝


つれづれなるままに | 【2017-04-06(Thu) 05:52:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
高尾山IC
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の高尾山ICの上空写真だそうな。

201702282014-05-08_1606.jpg

月に一、二回利用する。

写真の左上から甲州街道(国道20号線)を下ってきて、

左折してインターに入り中央高速(右中央上部)へ。

途中、石川PAで腹ごしらえをして自宅へ戻る。

石川ラーメン(八王子ラーメン)が旨い。

その先、首都高速代々木PAの生姜焼き定食もお勧めだ。

高尾山ICの安全速度は50km(法定40km?)以下。

写真中央上部のカーブがきつい。

尚、

代々木PAから本線(上り)に合流する時は、

加速距離が無いので基本、一旦停止!

時たま、走行車線をぶっ飛ばしてくるバカ者がいる!

個人的には、

代々木PAを通過する時は右側(追い越し)車線を走るように心掛けている。

たまに、左側(走行)車線へ飛び出してくるバカ者もいるので!

因みに、

首都高を走り慣れていない方は、

“首都中速(一般)道路”だと思って走りましょう!

けして“高速道路”ではありませんよ!

短すぎる代々木PAの合流 (首都高) 車載動画

つれづれなるままに | 【2017-02-28(Tue) 13:14:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
故郷の、
最寄駅・・・。



つれづれなるままに | 【2017-02-28(Tue) 13:13:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
アサヒる新聞
「プロパガンダ 新聞」というよりも、


“赤旗”と同類の、

ただの“機関紙”です。

つれづれなるままに | 【2017-02-22(Wed) 09:04:47】
Trackback:(0) | Comments:(0)
親と子


つれづれなるままに | 【2017-01-25(Wed) 07:27:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
富嶽百景
ふと、

“太宰治の富嶽百景”が読みたくなった。

頁をめくる愉しみはないけれども、

便利な世の中になったものだ。


「富士には、月見草がよく似合ふ」



「…三七七八米の富士の山と、立派に相対峙あひたいぢし、みぢんもゆるがず、なんと言ふのか、金剛力草とでも言ひたいくらゐ、けなげにすつくと立つてゐたあの月見草は、よかつた。富士には、月見草がよく似合ふ。…」

因みに、

今は“三七七六米”だ。

つれづれなるままに | 【2016-06-29(Wed) 20:34:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本の色
“孫向文”さんに教えてもらった。


ありがとう。

因みに、

今のところ、

富士北麓散歩は、

“浅葱色(あさぎいろ)”の作務衣がユニフォーム。

つれづれなるままに | 【2016-05-04(Wed) 04:07:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
古都京都?
見紛う景色、

“新倉山浅間公園(山梨県富士吉田市)”


“21 Places Every Photographer Should Visit Before They Die”

つれづれなるままに | 【2016-04-14(Thu) 06:10:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
パパは強し


つれづれなるままに | 【2016-03-23(Wed) 05:50:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ひなちゃんの日常
“ひなちゃん”には申し訳ないが、

個人的に、


七年前の辛い思い出が甦って来る・・・。

素晴らしいマンガなのに残念だ。


つれづれなるままに | 【2016-03-23(Wed) 03:58:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
三月十日
亡き母の感慨。



2005年3月10日

東京大空襲から60年。
考えたくない、聞きたくない、話したくない。




昭和四年一月二十六日生まれ。

当時は、

山水女学校のうら若き女学生。

場所は浅草の松葉町(現:松が谷)。

深夜の出来事だ。

母は三人弟妹の長女である。

妹は学童疎開で東京には居らず、

祖母と大伯母と弟と母の四人で深夜の浅草の街を“上野の山”目指して逃げ惑った。

たしか、

山伏小学校の校舎に逃げ込み、

“シャッター”が閉じられ、

難を逃れられたと言っていた。

夜が明け、

母が見た地獄絵・・・。

一度だけ、

たった一度だけ話してくれた。

空襲が止み、

避難していた海禅寺に戻る道すがら、

“黒い丸太のようなもの”に足をすくわれ転びそうになったと・・・。

自らは寺に留まり、

母たちには逃げるように勧め、

結果、多くの近隣住民を救ってくれた小山靖節和尚はこの時亡くなられた(“国連”が投下した焼夷弾によって殺された!)。


合掌。

つれづれなるままに | 【2016-03-10(Thu) 04:49:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
二位
山梨県南都留郡鳴沢村字富士山・・・。



さぁ~て、

久しぶりの離荘。

明後日には戻ってくる予定。

つれづれなるままに | 【2016-02-26(Fri) 09:03:26】
Trackback:(0) | Comments:(0)
雨氷(うひょう)と樹氷(じゅひょう)
富士北麓、

標高1000m+ちょっと。

“降水確率0%”でも雪は降る。

それはさておき、

“雨氷”はきれいだが、

倒木被害が甚大だ。

“雨氷”“樹氷(霧氷)”

違いを初めて知った(体験した)。




つれづれなるままに | 【2016-02-26(Fri) 09:00:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
1年更新の人生
百田尚樹氏とは同世代だ。


はてさて、

どちらが長くこの世に留まるか・・・。

つれづれなるままに | 【2016-02-23(Tue) 04:26:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
準備
必要だ。


「付録の人生」・・・、

好い言葉だ。

つれづれなるままに | 【2016-02-22(Mon) 17:35:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
雪…、
我が愛車(96年型ホンダ車、走行距離20万キロ+α)、

昨年の12月上旬、“スタッドレス・タイヤ”に履き替えている。

しかし、

雪が降らない。

どうしちゃったのだろう…。

2013年12月18日21時25分 下書き保存のつぶやき


山梨県南都留郡鳴沢村字富士山…。

鳴沢村カレンダー平成25年度1月


我が愛車(96年型ホンダ車、走行距離16万キロ)、

先週、“スタッドレス・タイヤ”に履き替えている。

辛うじて、助かった。

とはいうものの…、

ここは海抜1000+?メートル。

これでは車が走れない。

というか、

山から下りられない。

おそらく“キャタピラ車”でない限り。

せめて、“四輪駆動車”…。

いやはや、

明日は明日の風(雪)が吹く(降る)…。

ケセラセラ(+_+)。



つれづれなるままに | 【2016-01-07(Thu) 16:59:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
くまック時計
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉